1: アルカリ性寝屋川市民 ★
 《 英北部スコットランドにあるネス湖の暗い波間に見え隠れする巨大生物の伝説は、1500年以上もの間、語り継がれてきたが、驚くべき現代科学によってついにその謎が解明されるかもしれないと期待を寄せる研究者がいる。 
 ニュージーランド・オタゴ大学のニール・ジェメル氏は、深い湖に生息するその生物についてさらに多くの発見ができることを期待し、湖水のサンプルを採取するためにやって来た。  》

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

lochnessmonster.0.0
http://www.afpbb.com/articles/-/3179025
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529502077/ 



「どうやって倒したらいいか、教えてください」…中国軍事専門家が日本の最新潜水艦「おうりゅう」を分析! カ韓国名品K11複合型小銃が欠落品だった事が判明、命中率わずか22.5% SAS(英特殊空挺部隊)の入隊試験、難しすぎワロタ!
ロシアの戦車支援戦闘車「ターミネーター」は装甲戦車部隊の戦闘方法を大きく変える可能性がある! ボーイングよりアパッチ攻撃ヘリ高速化モデルの提案…スタブウイングの大型化? 水中でも直進できる新型砲弾「Swimmer」を開発中…スーパーキャビテーション技術を利用!
23: 名無しさん@1周年
>>1
少し前に、「ネッシーは作りものでした」って、あの写真撮影したやつらが名乗り出てなかった?

24: 名無しさん@1周年
>>23
あれは見つからなかったから、最終的にねつ造したんだろ
何かしらの巨大な生物の話は、昔からあるみたいだし

26: 名無しさん@1周年
>>1
楽しみだ!
NessieのDNA採取を頑張って!

4: 名無しさん@1周年
湖の水を全部抜きゃええじゃねーかよ

5: 名無しさん@1周年
遥か彼方の惑星の大気成分が分析できるのに
限られた範囲の湖に恐竜みたいなデカイ生き物がいたらとっくに解明してるわ

14: 名無しさん@1周年
いてもいなくても楽しみな調査
早く結果わかんないかな

15: 名無しさん@1周年
日本も経済発展最優先をやめて、こんな粋な国になれないものか。

16: 名無しさん@1周年
ネッシーかどうか別にして変なDNAで出来たら怖い

18: 名無しさん@1周年
芦ノ湖にはアッシーがいるとか何とか。
河口湖にはカワグッシーがいるとか。
山中湖にはヤマナカッシー。

22: 名無しさん@1周年
バブル時代のこの国にはアッシーとかメッシーとかが実在してたけどな。

25: 名無しさん@1周年
ネス湖の水全部抜いてみた

28: 名無しさん@1周年
なんだかんだとネッシーは息が長いな
ライブカメラもまだ撤去されてないようだし

37: 名無しさん@1周年
イギリス人暇なんやね

44: 名無しさん@1周年
湖や生態調査などの研究者が予算欲しさに口実にしてるだけだろ
信じてるわけないやん
全く別の研究調査が目的でしょ

45: 名無しさん@1周年
そもそも怪物なんていないわけだから
この「調査」は困難を極めるだろうね

46: 名無しさん@1周年
クジラの「調査」と同じで、別に目的がありそうだね

50: 名無しさん@1周年
いるなんて思ってないくせにまだ海で新種探しの方が可能性がある

55: 名無しさん@1周年
>それらはバクテリアである可能性が高い

何かしょぼいけどかっこいいな

58: 名無しさん@1周年
昔はいたと思うがここ30年は確かな目撃もないし
3~40年前に絶滅してるよ

64: 名無しさん@1周年
湖みたいに閉鎖された環境で種を維持するならあまり大きいのは無理だし生存してるなら複数見つかるだろ
陸生のやつが水浴びに来てるならワンチャンあるかもしれんが

68: 名無しさん@1周年
よく考えればネス湖にネッシーがいようがいなかろうがどうでも良い話だよな。
よくまあ50年以上もひっぱったものだ。

72: 名無しさん@1周年
存在しない物の調査をすんのは大変だなおい

73: 名無しさん@1周年
大昔から発見談があるのに
なんで死骸が一度もあがらないの?

そんなデカいなら見つかってるはずだろ。

74: 名無しさん@1周年
全長36km
深さ200m
更には海へと繋がる湖底洞窟
調べたら想像してた湖と違った…

76: 名無しさん@1周年
有りそう

・流木を怪物と勘違い
・巨大なウミウシだった

無さそう

・プレシオサウルスの生き残り
・アパトサウルスの生き残り



このブログの人気記事!

☆ドイツ海軍の新型フリゲート「バーデン・ヴュルテンベルク級」1番艦が就役拒否でメーカー送りに!

☆中国の002型空母建設費は約5100億円、航海1回の燃料費は10億円にネット「これだけの費用を払える国があるのか」!

☆米海軍次世代ミサイル・フリゲイトFFG(X)のプランを公開、フリーダム級をベースに火力を強化…ロッキード社!

☆イタリア軍版GATEにありがちな事!

☆自衛隊の新部隊「即応機動連隊」の中核装備「16式機動戦闘車」…時速100キロで走行、戦車並みの攻撃力を装備!

☆イスラエル国防軍の主力戦車「メルカバ」…語れることは多そうだが、語られることは少ない!

☆ブラジルの造船所、スコルペヌ型潜水艦を3つのパーツに分けて出荷!

☆トルコが新型の4x4装甲車「H?z?r」をテスト…7.62mm弾や大口径弾丸の直撃に耐えることが可能!

☆世界各国海軍艦艇の今後について!


朝長美桜 ファースト写真集



中国のJ-10B戦闘機が「プガチョフ・コブラ」機動を披露し航空ショーを沸かせる(動画)! 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ! 米海軍の沿海域戦闘艦「フリーダム」と「インディペンデンス」は「浮かぶごみの山」…軍事作戦にまったく適さず!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊