1: みつを ★
 《 ブラックホールを調べる新たな手法を、日本とスウェーデンの共同研究グループが開発した。宇宙のちりなどがブラックホールに吸い寄せられた際に高温になって輝く「コロナ」を分析する。今回の手法と、重力波による観測とを組み合わせれば、ブラックホールをめぐるナゾの解明が進むと期待される。

 コロナの大きさや構造はブラックホールの性質を強く反映するとされるが、直接観測するのは難しい。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1280px-Black_hole_Cygnus_X-1
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6T51BCL6TPLBJ002.html?ref=tw_asahi 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531082230/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!
2: 名無しさん@1周年
ブラックホールは光すら吸い込むから
ブラックホールそのものを観測する事はできないはずだがな

10: 名無しさん@1周年
>>2
いつの時代の人間だよ

13: 名無しさん@1周年
>>2
望遠鏡でみる手段しかないのかよw

32: 名無しさん@1周年
>>2
ブラックホール自体は光すら吸い込むとしても、その周りでは激しい天文現象が起こっている
その活動によってブラックホールは吸い込むと同時に多量の物質やエネルギーを周囲に撒き散らしてもいる
それを観測すればブラックホール自身の知見も得られる

巨大ブラックホールに星が飲み込まれると何が見えるか
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9944_tde
ま、一例だけどね

43: 名無しさん@1周年
>>32
星が飲み込まれたらブラックホールの質量とか大きさは、飲み込まれた星の分増えるの?

34: 名無しさん@1周年
>>2
そもそも、重力レンズの影響が
ブラックホール発見の始まりじゃなかったか
直接は見えないけど、周囲が大きく歪む

4: 名無しさん@1周年
そういやブラックホールの撮影プロジェクトはどうなったん?

5: 名無しさん@1周年
無限に広がる宇宙を調べても意味なんてないんだよ

7: 名無しさん@1周年
実は宇宙そのものがブラックホールのような気がする

8: 名無しさん@1周年
予算獲得の為おとぎ話しまで出してくる滑稽さ
次はゴジラかメトロン星人にでもするのかな

11: 名無しさん@1周年
まだすげー科学が発展してからでもいいと思うんだよね

16: 名無しさん@1周年
>>11
発展するためにやってるんよ

17: 名無しさん@1周年
宇宙とか太陽の影響で人類が滅びそうになっても逃げ場所なんか無くて
タイヤチューブくわえるとかアホなことしかできないんだからさ

22: 名無しさん@1周年
>>17
地球上の生物のDNA情報と文化的な記録とメッセージを、異星人が発見してくれるのを
期待して人工衛星に載せて宇宙にばら撒くくらいかなぁ。

18: 名無しさん@1周年
こういうブレークスルーは胸が暑くなるな

24: 名無しさん@1周年
実は神の領域

27: 名無しさん@1周年
宇宙自体が1つの生き物なのでは?

28: 名無しさん@1周年
ブラックホールは見えないから、吸い込まれる物質の動きを観測するってことだろ
猛烈な潮汐力で素粒子レベルまで物体がすり潰されるときに発生するエネルギーの流れの観測だな

29: 名無しさん@1周年
重力と磁力ってのは俺的にかなり謎のエネルギーなんだがどの程度解明されてんだろう

31: 名無しさん@1周年
重力波を自在に発生させられるならブラックホールの内部からでも外に情報を送信できるな

35: 名無しさん@1周年
ブラックホールの向こう側はパラレルワールドだよ

44: 名無しさん@1周年
ブラックホールの最深部は通常と同じ時間の流れと空間なので
光輝いてると思う

45: 名無しさん@1周年
ホイーラーの遅延選択実験でほぼ宇宙はシミュレーションだと
証明された
物質は人間が知覚しないと存在しない
ブラックホールも宇宙も人が意識してない時は存在してない



このブログの人気記事!

☆なぜ経済強国の日本から大型旅客機が生まれない?「作れないのか、それとも作らないだけなのか」…中国メディア!

☆ガトリング砲は世界最初期の機関銃なのに、その活躍についてはあまり知られていませんね!

☆中国の最新鋭ステルス戦闘機J-20は、いずれF-22ラプターを超える?

☆ロシアの戦車支援戦闘車「ターミネーター」は装甲戦車部隊の戦闘方法を大きく変える可能性がある!

☆新型ライフル「HK433」…G36の後継って話だがいまいち情報が耳に入らないね!

☆中国、ウクライナから不良品の空母を売りつけられた…初の空母「遼寧」は欠陥品だ!

☆ロシア特殊部隊向けに設計された戦闘車両「chaborz-6」!

☆インドが韓国から調達したK-9自走榴弾砲が完成、改造し国産版を「Vajra-T」と命名!

☆B-2ステルス爆撃機が10機編隊で飛行中の模様!!!


サバゲー タクティカルキャップ



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!