1: きつねうどん ★
 《 韓国海軍の3000トン級潜水艦1番艦の進水式が来月、南部の慶尚南道・巨済にある造船大手・大宇造船海洋で行われる。政府関係者が20日、明らかにした。詳細な日程などは調整中という。

 艦名は「島山安昌浩」。安昌浩(アン・チャンホ、号は島山、1878~1938)は日本による植民地時代に金九(キム・グ)らと共に中国・上海で韓国独立党を結成した独立運動家。2020~23年の第1期に実戦配備される3000トン級潜水艦3隻には弾道ミサイルを発射できる垂直発射管6門が設置され、弾道ミサイル玄武2B(射程500キロ以上)が搭載される。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。 



イスラエル軍のモンスター兵器、重装甲歩兵戦闘車「ナグマホン」! 第二次世界大戦中のドイツ軍戦車「パンター」…意図的に作られた「弱点」とは! 中国の航空雑誌に未来の戦略爆撃機「轟20(H-20)」の画像が公開…ステルス技術を用いた「全翼機」!
ロシアが超音速爆撃機「Tu-22M」をアップグレード…米空母打撃群にとって大きな脅威に! スバルが23年ぶりに民間ヘリ事業に再参入、米ベル社と共同開発した新型ヘリ「412EPX」を販売…自衛隊機に転用も! 日本の最新型潜水艦「そうりゅう級」は「すごい部分はあるが、恐れることはない」…中国メディア!
3: Ψ
相当メンタルが強くないと乗れないよね
危な過ぎて・・・

5: Ψ
弾道ミサイル潜水艦?
相手国はどこ?
北相手に弾道ミサイル潜水艦が必要か?

9: Ψ
>>5
仮想敵国の日本に決まってるニダ
北の兄弟が開発中の核弾頭付きSLBMを撃ち込むニダ

7: Ψ
海上自衛隊の最大の潜水艦が2950トンだっけ

8: Ψ
潜水艦型弾道ミサイル。

10: Ψ
すげえ
テスト艦も作らずにいきなり実戦艦を建造しやがった(;・∀・)

11: Ψ
しかも弾道ミサイル玄武2って2発に1発は爆発するってアレなミサイルだろ
AからBに変わったがいくらなんでもやばすぎだろ

12: Ψ
韓国は潜水艦造れるんだね
凄いな 潜水出来るんだろうか

13: Ψ
>>12
馬鹿にすんな!
浮上できないだけで、普通に潜れるに決まってるだろ!

15: Ψ
浸水式だからなぁ

16: Ψ
ほー、韓国型の潜水艦か。司令塔がモゲたりしないでね。お願いします。

17: Ψ
潜水能力はかなり優秀だと思う
浮上できるかは別の問題

20: Ψ
浮上出来ず魚雷発射管からくじ引きで一人だけ脱出する映画を思い出す
推直の方が楽みたいだいざというとき

21: Ψ
建造中に沈没しちゃった船もあったよな

22: Ψ
また無用なものに金をかけてるしw

23: Ψ
この国がどこかで作ったダムは計画を前倒しで完成し試運転中に崩壊したよね。
皆様が無事であることを祈ります。

24: Ψ
で、救助はどこにたのむんだw

28: Ψ
ソナーはまた魚群探知機?

30: Ψ
伊-400より大きいの?

36: Ψ
艦型を見ると、独214型の後部を伸ばしたストレッチ艦かな?
214型のソナーシステムを使ってるのなら、日米のような遠距離探知が出来ない。
潜水艦戦をやったら、日米艦に先に探知・攻撃されてしまうと思う。

39: Ψ
>>36
魚群探知機だと思う…

41: Ψ
ミサイル搭載艦って明らかに日本も仮想敵にしてるだろ
頭のおかしい艦長が東京に向けてぶっ放すことはないのか

46: Ψ
潜水艦搭載ミサイルにばっかり目が行っちゃって、いちばん大事な静音性は
無視ですか。それよりも浮かぶのか浸水しないのか乗組員は気が気じゃないですね。
潜水艦としては、使えませんな。

48: Ψ
進水式で物凄い浸水と
沈没能力を発揮するであろう



このブログの人気記事!

☆なぜ経済強国の日本から大型旅客機が生まれない?「作れないのか、それとも作らないだけなのか」…中国メディア!

☆ガトリング砲は世界最初期の機関銃なのに、その活躍についてはあまり知られていませんね!

☆中国の最新鋭ステルス戦闘機J-20は、いずれF-22ラプターを超える?

☆ロシアの戦車支援戦闘車「ターミネーター」は装甲戦車部隊の戦闘方法を大きく変える可能性がある!

☆新型ライフル「HK433」…G36の後継って話だがいまいち情報が耳に入らないね!

☆中国、ウクライナから不良品の空母を売りつけられた…初の空母「遼寧」は欠陥品だ!

☆ロシア特殊部隊向けに設計された戦闘車両「chaborz-6」!

☆インドが韓国から調達したK-9自走榴弾砲が完成、改造し国産版を「Vajra-T」と命名!

☆B-2ステルス爆撃機が10機編隊で飛行中の模様!!!


さかなのらくデイパック



戦艦大和と護衛艦あたごだとどっちが強いの? 日本の防衛産業が空っぽになる、鳴り物入りで始めた輸出は成果ゼロ…FMS増加で国内企業次々撤退! 巨大貨物機LM-100Jが「宙返り」を披露、軍用輸送機C-130J「スーパーハーキュリーズ」の民生版(動画)!