1: ◆ciadbU3kq9FF
 《 海上保安庁は、日本周辺の北太平洋の海図を10年ぶりに改訂したと発表した。縮尺250万分の1で、東京湾から台湾の南方付近までの範囲を収めている。海洋調査で集めた水深や海底地形の最新データを盛り込んでおり、航海計画などに活用される。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

41691788_1988889291172779_6444618270396907520_o
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35935190Q8A930C1000000/
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538304309/



米空軍がレーザー兵器によるミサイル撃墜試験に成功、小型化し21年にF-15戦闘機に搭載を計画…空中戦の様相は一変! 三菱重工業が海自向けに開発中の多任務フリゲート艦30FFM…円形CICを採用! 「F-22が見たかったんだ」…米軍嘉手納基地を一望できる「道の駅かでな」が中国人観光客に大人気!
「何か秘密兵器が隠されているはず」…堀と石垣に囲まれた福井県庁は、まるで難攻不落な要塞のよう! 世界最大級の重輸送ヘリコプターMi-26が41「歳」に…現在も改良を重ね第一線で活躍中! イスラエルのIWI社が新型突撃銃を発表、非ブルパップでないCarmelシリーズ5.56mmライフル!
2: 名無しさん@おーぷん
西ノ島が広がったからかな

3: 名無しさん@おーぷん
>>2
重要なのは島ではなく海底の地形地図です。
海底の地形は海流などの影響で島が出来るよりも早く常に変化し続けているんです。

6: 名無しさん@おーぷん
船舶航路の決定にも重要な意味があり、万が一にも座礁するようなコースを航海している船舶が有った場合には警告を発する事も目的になっていますね。
海底が砂地ですと1週間もしないうちに高さが数メートルという単位で変化しますので、海底が砂地の個所は航路としては選定されないとか?
他にも国防にも直結しているらしいので、あくまでも海底地図の改訂だと思います。

7: 名無しさん@おーぷん
参考にするアル

8: 名無しさん@おーぷん
>>7
人民解放軍の潜水艦は24時間態勢で行動が把握されているからw
むしろ、キチンと変わった場所に到達できるか賭けの対象かもwww

9: 名無しさん@おーぷん
もう北極海の海図も造っちまおうゼ

7: 名無しさん@1周年
中国潜水艦が購入希望
韓国は無断コピー

10: 名無しさん@1周年
海図取扱所に指定されている書店からも買えるよん。
海図は眺めるだけでも楽しい。

14: 名無しさん@1周年
面白いんだよなこれ

15: 名無しさん@1周年
我が領土ミッドウェーも載ってるのか

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538146689/





このブログの人気記事!

☆なぜ経済強国の日本から大型旅客機が生まれない?「作れないのか、それとも作らないだけなのか」…中国メディア!

☆ガトリング砲は世界最初期の機関銃なのに、その活躍についてはあまり知られていませんね!

☆中国の最新鋭ステルス戦闘機J-20は、いずれF-22ラプターを超える?

☆ロシアの戦車支援戦闘車「ターミネーター」は装甲戦車部隊の戦闘方法を大きく変える可能性がある!

☆新型ライフル「HK433」…G36の後継って話だがいまいち情報が耳に入らないね!

☆中国、ウクライナから不良品の空母を売りつけられた…初の空母「遼寧」は欠陥品だ!

☆ロシア特殊部隊向けに設計された戦闘車両「chaborz-6」!

☆インドが韓国から調達したK-9自走榴弾砲が完成、改造し国産版を「Vajra-T」と命名!

☆B-2ステルス爆撃機が10機編隊で飛行中の模様!!!


藤木由貴ファースト写真集




アメリカがF-15戦闘機の最終進化形「スーパーイーグル」を購入するかも? 尖閣諸島で日中開戦、「僅か5日間」で自衛隊を壊滅…米国に見捨てられる驚愕のシナリオ! セルビア軍に初導入された装甲兵員輸送車「Lazar 3」…内務省部隊でも使用!

新タイプ電磁砲兵器(レールガン)「SAHI209」のテスト射撃…トルコの防衛企業YET! 米軍の星条旗パッチが反転してつけられている理由とは? 米空軍のA10サンダーボルトII対地攻撃機が未舗装の自由着陸帯に着陸…多様な環境での運用可能!
航空自衛隊の国産練習機「T-4」終了か?ボーイングが次世代超音速ジェット練習機「TX」を日本に売り込み攻勢! 韓国空軍がA330-MRTT空中給油機ての訓練を公開、F-16KとF-15K戦闘機に給油! 中国に輸送中のロシア製長距離対空ミサイル「S-400」、船が嵐に遭いミサイルがすべて廃棄