1: SQNY ★
 《 英国防省はロシアによる「侵攻」に備え、英国における電力供給の断絶を狙いとした大規模なサイバー攻撃の用意を検討していることを明らかにした。英紙「サンデー・タイムズ」が報じた。

 同紙によると、英国防省において、同国がロシアとの軍事衝突に対応可能な十分な兵器庫を有していないとの懸念の声がささやかれている。英政府はこれを受け、大規模なサイバー攻撃こそが核弾頭の使用に代わる、ロシアによる侵攻に対応可能な唯一の手段との結論に至った。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

20170426_170426-Locked-Shields-2017_rdax_775x440
https://sptnkne.ws/jGHz
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1538890774/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!
4: 七つの海の名無しさん
>>1
カスペルスキーの防御網は突破できないだろう

13: 七つの海の名無しさん
>>1
エシュロンで全世界盗聴やらかしてんのは

米英加豪新

2: 七つの海の名無しさん
オーストラリアも参加するってね

3: 七つの海の名無しさん
衰退したとはいえ英国はえらいものだ。
日本は薄汚いチョン如きの宣伝戦にすら
対応できず、国内の反日分子の大掃除すら
できる見込みがない。

5: 七つの海の名無しさん
いざというときに、ロシア政府の全PCで日本製のAVの上映が始まって
どんな操作をしても止まらないという攻撃はどうだろう?

6: 七つの海の名無しさん
積極的防衛か 日本がこれ言ったら洗脳左派と
中国あたりから徹底的に叩かれるなw 

7: 七つの海の名無しさん
お、始まるのか?

8: 七つの海の名無しさん
英連邦+アメリカVSロシア
楽しそうだな

9: 七つの海の名無しさん
>>8
不確定要素はロシアと仲良くしたいトランプの存在

10: 七つの海の名無しさん
大惨事世界大戦は
日米英連邦印VS中露韓朝独

11: 七つの海の名無しさん
インドは中立決め込むだろう
パキスタンが加わらない限り動くことはないと思われ

第三次があるとすれば、火薬庫は中東(核武装)でしょう
トルコ、パキスタン、サウジも登場国になる



このブログの人気記事!

☆シリア軍が「絶対に敵にやられない」T-72A戦車を公開…爆発反応装甲などを装備!


☆米陸軍が新型ヘルメットを発注、ポリエチレン製で25%の軽量化…米企業「リビジョン・ミリタリー」!

☆T-72(戦車)君なんで直ぐ燃えてしまうん?

☆米海軍が最新鋭の電磁加速砲(レールガン)「ゲームチェンジャー」の試射の様子を公開…マッハ6で弾体を発射!

☆なぜ「ジープ」はアメ車で唯一売れているのか!

☆ロシア航空宇宙軍にA-50早期警戒管制機の最新バージョンが到着!

☆対潜水艦戦を有利に進める支援艦、海上自衛隊の敷設艦「むろと」の仕事とは!

☆仮想敵国による本土および局所防衛を考えれば、速度・調達費・攻撃力等々を考慮してハリアーがベスト?

☆航空自衛隊の新型輸送機「C-2」の開発完了、航続距離は約4500キロ…機動戦闘車も空輸可能!


太陽の牙ダグラム ソルティック



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!