1: SQNY ★
 《 ロシアのアンドレイ・コシュキン博士(政治学)は、インドが米国の要望に逆らってロシアと長距離地対空ミサイル「S400」供与の契約を締結したことに対し、米国はインドへの制裁による圧力を強めていくばかりだろうとの見方を示した。契約の総額は50億ドル(約5667億円)を超える。

 「敵対者に対する制裁措置法」によると、米国の制裁対象国と提携した国は、米国の同盟国でさえ、制裁を課される可能性がある。現在の制裁対象国はロシア、イラン、北朝鮮だ。中国軍はすでに、ロシア製S400ミサイルと戦闘機「Su35」を購入したとして制裁対象になっている。コシュキン教授は、インドにも制裁が発動されると見る。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

4220168
https://sptnkne.ws/jH5c
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1539068994/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!
2: 七つの海の名無しさん
これはない。インドは中国を裏で抑える役目がある。

ロシア製地対空ミサイルって言っても、インドは昔からロシア製武器を
購入している。
ロシア製地対空ミサイルで脅威を感じているのはパキスタンと中国だけ。

6: 七つの海の名無しさん
S-400でF-35Aが無力化されるならS-400買った方が安上がりだなw

11: 七つの海の名無しさん
問題は探知出来るかでは無く、落とせるか
この点、ロシアミサイルでは難しいと見る
レーダーでは照準出来ないと思われるのだ
赤外線式もかなり近づいた状態で無いと作動しないし、フレアで逃げる手も有る
総じて、低RCS機は捉えられるが、超低RCS機(F22と35)には効かないだろう

12: 七つの海の名無しさん
ロシア製は安くてそこそこの性能だから発展途上国は買うよね^^
米国製は高いから金持ち国しか買えないし (笑)

13: 七つの海の名無しさん
インドのS400でF35が落とせるか実験すればいい

14: 七つの海の名無しさん
研究購入だろ~。

21: 七つの海の名無しさん
インドがチャイナ化する可能性はあるのだろうか




このブログの人気記事!

☆特殊な技術を多く持つ狙撃兵、見つけることが困難な画像!

☆南アフリカ国防省が内水哨戒艇3隻を発注、「Sea Axe」船形を使用!

☆米海軍の無人給油機プロジェクト「MQ-25スティングレイ」の写真を公開…ボーイング社!

☆70年以上前にポーランドのピカ川に沈んだ、ドイツ軍のハーフトラックSd Kfz 250装甲車!

☆「手りゅう弾が路上に…」「北九州市は修羅の国」って本当ですか?…市の担当者に聞いてみた!

☆米海軍次世代ミサイル・フリゲイトFFG(X)のプログラムの5つの候補を選出!

☆ゲーム機「Xbox」利用の米攻撃型原子力潜水艦が就役…潜望鏡操作にコントローラーを導入!

☆「日本には空母よりも危険な船が3隻ある」海自の海洋観測船を紹介…中国メディア!

☆イギリス特殊空挺部隊SASのスナイパーが真夜中に距離1.5kmのヘッドショットに成功…IS指揮官を射殺!


美少女たちのシースルー写真集



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!