1: ガーディス ★
 《 古代から存在は知られているのに探査が難しく、どうやってできたか、何からできているのかがほとんど分かっていない水星。数多くの謎の解明を目指す日本初の探査機が20日、欧州の探査機とともに南米フランス領ギアナから打ち上げられる。構想21年、到着までは7年の長旅だ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

mmo_main
https://this.kiji.is/423643128128144481?c=39546741839462401
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539407032/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!
27: 名無しさん@1周年
>>4
全ての太陽系探査にはつけてほしいよなwww

12: 名無しさん@1周年
まあ五輪に使うよりはマシだろう
軍事費だと思えば安いもんだ

15: 名無しさん@1周年
EPO

16: 名無しさん@1周年
2機一緒に打ち上げてランデブーで水星まで行くの?

32: 名無しさん@1周年
>>16
水星近辺に到達してから分離するそうな

20: 名無しさん@1周年
金星より先に水星なんか
どうせなら水星と金星が同じ方向の時にやれば良いのに
って同じ方向がいつか知らんが

24: 名無しさん@1周年
>>20
金星はあかつきが現在も探査中

21: 名無しさん@1周年
熱くて壊れちゃうべー

25: 名無しさん@1周年
内惑星と小惑星に重点置く方針だったか。
これは大事な試金石だね。
多くのデータが得られますように。

28: 名無しさん@1周年
太陽に近いほど周回軌道に乗せるが難しいんだっけ?
かなりの出力と燃料無いと無理なんじゃないか

30: 名無しさん@1周年
水星てなんで探査難しいん?

33: 名無しさん@1周年
>>30
太陽に近すぎる。それによって
・熱すぎて壊れる
・太陽の重力に引っ張られてしまうので探査機の軌道投入が難しく軌道維持も難しい

46: 名無しさん@1周年
>>30
内惑星軌道に乗るには、地球出発時に地球から与えられる公転速度秒速30kmを相殺しなければならない。
これは、太陽系を離脱するよりも大きな加速(減速)量になる。

太陽系脱出の加速には木星のスイングバイが利用出来るが、内惑星には使える惑星が金星しか無いため、軌道設計が難しい。

38: 名無しさん@1周年
小さい惑星なのに自転が遅いんだよなぁ

41: 名無しさん@1周年
火星とほぼ重力同じなんだね

56: 名無しさん@1周年
太陽風で動くイカロスがあるじゃないか。あれなら太陽に近づくほどエネルギーを強く受けられるはずだ(焼けなければ)。

72: 名無しさん@1周年
思うに太陽風から受ける力は微弱なんだから、微調整が必要なミッションならもってこいなんじゃないのかな(焼けなければ)

75: 名無しさん@1周年
澪つくし懐かしい

76: 名無しさん@1周年
開発費用 (馴染みのある人工衛星で)

のぞみ・・・・・・・・・約113億円
はやぶさ・・・・・・・約127億円
あかつき・・・・・・・約146億円
はやぶさ2・・・・・約148億円
みお・・・・・・・・・・・約150億円
ひまわり8号・・・約170億円
ひまわり9号・・・約170億円
みちびき・・・・・・・約200億円 (1機あたり)
かぐや・・・・・・・・・約320億円(おきな-おうな含む)

それぞれ
打ち上げ時→H2Aロケット・・・約100億円

打ち上げ後の運用
みちびき以外・・・・・・年間 約16億円
みちびき・・・・・・・・・・年間 約80億円

78: 名無しさん@1周年
月を最新技術で再調査を望む

79: 名無しさん@1周年
ローバーで探査するのは難しい?
やっぱ火星と違って熱すぎるのかな

80: 名無しさん@1周年
>>79
-180℃から400℃超まで表面温度が変化するから
それに耐えるローバーを作らないとな

85: 名無しさん@1周年
水資源が豊富そうだから期待できるな

89: 名無しさん@1周年
宇宙探査は結果だけ見てる分には面白いんだけどね



このブログの人気記事!

☆軍隊の制服スレ、パリ祭の陸自が随分と派手になってた!

☆A-29スーパーツカノvsAT-6Bウルヴァリン!

☆英政府が80年間隠し通した軍の秘密写真が公開、笑劇中にスクランブルのかかった女装兵士の姿!

☆陸上自衛隊の戦車は74式の装甲・パワーパック・センサー強化などの近代化で十分!

☆中国海警局が計画している10,000トン級巡視船…全長165メートル、幅20.6メートル!

☆米空軍にC-5M「スーパーギャラクシー」が全機(52機)納入完了…2040年代まで現役続行可能に!

☆日本がレールガンを秘密裏に開発、「電磁加速システム」実験室が初公開…中国メディア!

☆太平洋戦争中にアメリカ海兵隊が撮影した貴重な写真!

☆ロシアが超音速爆撃機「Tu-22M」をアップグレード…米空母打撃群にとって大きな脅威に!


恋する静香 中村静香



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!