1: ニライカナイφ ★
 《 (略) 最近、中国企業によるドイツの精密機械メーカー、ライフェルト・メタル・スピニングの買収を、ドイツ政府が却下するであろうと報道された。2017年にドイツ政府は、外国企業による国内企業の買収に関する規制を強化していたが、それ以来、初の事例になる。

 以前にも、ドイツでは、防衛関連や情報セキュリティーなど限られた分野の企業買収について議決権の25%以上を取得する場合は経済省の審査が必要だった。この背景にあるのが、2016年の美的集団のクーカ買収であったと言われれている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1280px-BMW_Leipzig_MEDIA_050719_Download_Karosseriebau_max
https://maonline.jp/articles/midea2019
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539555631/




イラン空軍で今も活躍するF-14戦闘機「トムキャット」、飛行を支えるメンテナンス工場へ潜入! 国民的英雄…山本五十六、ロンメル評価の変遷! 空自C-2輸送機が不整地運用の試験し始めた?…路外の草地走らせてる!
陸上自衛隊が20式5.5mm小銃と9mm拳銃SFP9を公開、31年ぶりに更新 なんだこれ…96式120㎜自走迫撃砲の後継モデル(候補)かな? 先進技術実証機「心神」ってどうなった?
3: 名無しさん@1周年
からっぽの星 時代をゼロから始めよう

7: 名無しさん@1周年
>>3
伝説は塗り替えるもの

11: 名無しさん@1周年
遠隔保守の名のもとに加工データぶっこ抜き

13: 名無しさん@1周年
深い入りしすぎたドイツの末路はすべて中国企業になってしまうんだろうな

14: 名無しさん@1周年
日本からのパクリ

15: 名無しさん@1周年
クーカ喰われるか

16: 名無しさん@1周年
これは戦争の道具に、ロボットを今度は船か、

17: 名無しさん@1周年
あれ、買収阻止するとか言ってなかったっけ?

20: 名無しさん@1周年
中国に進出する際は合弁強要するくせに
自分たちは自由に外資を買収してる

23: 名無しさん@1周年
クーカオワタ( ・∇・)
FANUC、安川、ABB 三強の時代だな

24: 名無しさん@1周年
安川と組むとはセンスあるな
要チェックだね
インバータ技術など高度技術持った企業が多すぎる日本は
海外を舞台にする企業があっても良い

27: 名無しさん@1周年
ドイツは中華企業の宝庫

32: 名無しさん@1周年
将来は人革連かな

33: 名無しさん@1周年
中国に食われるドイツ  ただ、じっとそれを見つめているだけ

34: 名無しさん@1周年
クーカ食われる

38: 名無しさん@1周年
いまやロボットはインドだからな

40: 名無しさん@1周年
ドイツ人はなぜか昔からチャイナ好きだよな



このブログの人気記事!

☆韓国の新型輸出用艦対艦ミサイル「海星」、現地テストで命中「ゼロ」の屈辱…南米のある国に輸出!

☆中国空軍の捜索救助連隊、36年間にわたり複葉機Y-5を使用!

☆露タイフーン級原子力潜水艦が巨大すぎて小さく見えるアクラ級!

☆「一撃食らうと確実に死ぬ」…旧日本陸軍「戦車」の魅力!

☆労働基準法が適応されない…海自潜水艦の乗組員は超絶ブラック!

☆三大「ウルトラセブン」神回は…「狙われた街」「ノンマルトの使者」「 第四惑星の悪夢」でよろしいか?

☆高機動ロケット砲システム「HIMARS」っていいよね… 陸自にも必要じゃね?

☆イランが新型長射程空対空ミサイルの量産開始、F-14A戦闘機に搭載される可能性も!

☆生産数わずか415両、ドイツ軍の最強駆逐戦車「ヤークトパンター」…前面装甲は戦車砲での貫徹は困難!


カモフラ ジャケット



たった1両で精強ドイツ軍を足止めし続けた異形の重戦車KV-2の伝説! 中国のJ-31ステルス戦闘機、開発費回収には100機売却が必要も、自国軍は興味示さず! 元米海軍特殊部隊(ネイビー・シールズ)出身、眼帯の政治家に日本のネットが騒然「メタルギアのビッグボスじゃん」!

中国が潜水艦キラーと呼ばれる日本の音響測定艦「あき」を非難…「ヒツジ(平和)の皮を被った狼だ」! ギリシャ空軍のミラージュ2000とトルコ空軍のF-16Cがエーゲ海上空で交戦している映像を公開! 米軍人、CoCo壱番屋を外国及び国内の全敵から守る事を厳粛に誓います!
F-2戦闘機とマクロスVF-1Sバルキリーが編隊飛行…航空自衛隊の啓発ポスターで夢のコラボが実現! 米特殊作戦軍が新分隊支援火器に「SIG MG338」軽機関銃を採用…M249と交代! なぜ進まぬ迎撃魚雷の実用化…背景に敵魚雷探知の困難など3つの問題!