1: SQNY ★
 《 銃で撃ち殺した獲物を前に笑顔で自撮りするトロフィーハンターについては、世間で多くの物議を醸している。このほど美しい大自然が溢れるスコットランドの島で、アメリカから訪れたトロフィーハンターらが狩猟。野生のヤギやシカなどを狩った後の自撮り写真がソーシャルメディアに投稿されると、たちまち炎上した。『Daily Record』『The Independent』などが伝えている。

 米フロリダ州に住み、釣りとハンティングのアドベンチャー番組『Larysa Unleashed』で女性司会者として活躍する自称“プロのハンター”ラリーサ・スウィトリックさん(Larysa Switlyk)は、ハンター仲間を引き連れて英スコットランドのアイラ島でハンティングを行った。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Bildschirmfoto-2018-10-25-um-09
http://japan.techinsight.jp/2018/10/ellis09201025.html 
https://twitter.com/LSwitlyk/status/1054798585940926466 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1540657177/



「日本の空母導入に強烈な不満」「3隻目の空母は4万トン級となり、F-35B搭載数も増加」…中国メディア! 米軍が中国空軍のステルス戦闘機J-20の模型を作り訓練に使用?軍事施設で目撃! 中国の軍事力は日本を越えているのに「なぜ恐れないのか」…中国メディア!
中国で開発中の推力偏向ノズル型WS-10Bエンジンを搭載したJ-10B戦闘機! 海自の新型護衛艦「30FFM」に、国産のRWS(リモート・ウェポン・ステーション)を搭載! こんなの(巨大陸上兵器)作れないの?



14: 七つの海の名無しさん
>>1
機械伯爵やな

17: 七つの海の名無しさん
>>1
でもこいつも捕鯨しは反対なんだろな

4: 七つの海の名無しさん
インスタにあげて自慢するために、罪なき、そして地元民が愛している野生動物を殺す。純粋な邪悪さがここにある。

5: 七つの海の名無しさん
獣に襲われて死ねばいいのに
猛獣いないのかここは

6: 七つの海の名無しさん
遊びで動物を殺すな
命を軽く扱うな

7: 七つの海の名無しさん
世界の海を巡って魚釣り
釣った魚を手にして自撮り

これはなぜ非難されないのか?

9: 七つの海の名無しさん
別にいいじゃない。

10: 七つの海の名無しさん
どぶねずみやゴキブリ狩ってくれないかな
狩りというスポーツとして難易度は高いだろうし、世のためになる

11: 七つの海の名無しさん
侵略癖は今も昔も変わらないな

12: 七つの海の名無しさん
素手で倒したならトロフィーやってもいいけど、ライフルで仕留めて何を評価するんだ?

15: 七つの海の名無しさん
美しい→殺そうってのも理解できないなw
狩りの動機は色々だろうが、獲物の美しさは狩りたいって思う一因なんだなw

20: 七つの海の名無しさん
日本に来て、農地で害獣駆除してくれよ。
猟友会が高齢化してハンターが不足しているんだよ。

22: 七つの海の名無しさん
トロフィーハンターハントは合法とかにすりゃいい



このブログの人気記事!

☆韓国の新型輸出用艦対艦ミサイル「海星」、現地テストで命中「ゼロ」の屈辱…南米のある国に輸出!

☆中国空軍の捜索救助連隊、36年間にわたり複葉機Y-5を使用!

☆露タイフーン級原子力潜水艦が巨大すぎて小さく見えるアクラ級!

☆「一撃食らうと確実に死ぬ」…旧日本陸軍「戦車」の魅力!

☆労働基準法が適応されない…海自潜水艦の乗組員は超絶ブラック!

☆三大「ウルトラセブン」神回は…「狙われた街」「ノンマルトの使者」「 第四惑星の悪夢」でよろしいか?

☆高機動ロケット砲システム「HIMARS」っていいよね… 陸自にも必要じゃね?

☆イランが新型長射程空対空ミサイルの量産開始、F-14A戦闘機に搭載される可能性も!

☆生産数わずか415両、ドイツ軍の最強駆逐戦車「ヤークトパンター」…前面装甲は戦車砲での貫徹は困難!


カモフラ ジャケット



アメリカ陸軍が外骨格型パワードスーツ「オニキス」開発に合意、2019年にデモ予定…ロッキード・マーティン! エリア88で見た…ソビエト連邦で開発されていた敵の地下施設を攻撃する「戦闘モグラ」! 韓国がF-35Aを初公開、アジアで3番目のステルス戦闘機保有国にネットは「日本のより安い、電子装備は大丈夫?」!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊

韓国陸軍でいまだに前世紀の遺物、パットン戦車M48A3/A5が大規模運用されている理由とは? カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! 期待の「韓国型ハンヴィー」が、大きすぎて前方部隊から後方部隊へ追いやられる…約400億円を投入して計2000台を配備計画!
生産数わずか415両、ドイツ軍の最強駆逐戦車「ヤークトパンター」…前面装甲は戦車砲での貫徹は困難! 模倣脱した?中国海軍の最新鋭大型ミサイル駆逐艦「055型」に世界最強説…戦闘能力は米海軍の艦艇を超 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ!