1: SQNY ★
 《 ロシアの国営宇宙公社「ロスコスモス」が、10月11日に起きた打ち上げロケット「ソユーズFG」の事故の映像を公開した。ロケットに取りつけられたカメラによる映像記録では、1段目と2段目が分離する際に異常が起きた瞬間が映されている。

 ロスコスモスの委員会は先に、分離センサーの誤作動が事故の原因になったと発表。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

4594545
https://sptnkne.ws/jU2e
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1541081404/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!


動画:https://youtu.be/CrzlMTRVt_I


2: ネトサポ(自民党ネットサポーターズ)
ロシアにNSAのスタックスネットが仕掛けられていてもおかしくない。

国際宇宙ステーションの穴といい、
連続して不可解な事が起こっている。

3: 七つの海の名無しさん
トランプ宇宙軍ってこういうことだったのねん

4: 七つの海の名無しさん
ソユーズの安全性がまた証明されたね
みんな無事だ

5: 七つの海の名無しさん
脱出成功だもんなすごい技術の蓄積

6: 七つの海の名無しさん
脱出成功は良しとして、
ブースターは如何なったの?
何処かの村や町に落ちたり?
この場合、
中国だったら楽しい事になるかな?

7: 七つの海の名無しさん
>>6
バイコヌール基地から近い町は、南は40km、西は90km離れてる。
打ち上げ方向の東南東の射線上にあるタイコニルという町は340kmも離れてる。
よほど運が悪くないと町に落ちる大惨事は起きないだろう。

11: 七つの海の名無しさん
>>6
一段目までは問題なく飛んでたから、いつも通りの地域に落ちたんじゃないかなあ

■「ソユーズの1段目ロケットは発射後、こうなるのか…」切り離された後の写真
http://labaq.com/archives/51868980.html

8: 七つの海の名無しさん
左下のブースター切り離したとき跳ね返って二段目にぶつかった?

4: 名無しさん@1周年
旧ソ連時代は有人宇宙船の事故多かったんでしょ

15: 名無しさん@1周年
ああ、ブースターを切り離すときに対称にならなかったんだ。
残念でした...

21: 名無しさん@1周年
最初のが分離した瞬間にぶつかったのか。貴重な映像だのう。

23: 名無しさん@1周年
まあ、飛行士が無事で何より

引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541082104/




このブログの人気記事!

☆韓国の新型輸出用艦対艦ミサイル「海星」、現地テストで命中「ゼロ」の屈辱…南米のある国に輸出!

☆中国空軍の捜索救助連隊、36年間にわたり複葉機Y-5を使用!

☆露タイフーン級原子力潜水艦が巨大すぎて小さく見えるアクラ級!

☆「一撃食らうと確実に死ぬ」…旧日本陸軍「戦車」の魅力!

☆労働基準法が適応されない…海自潜水艦の乗組員は超絶ブラック!

☆三大「ウルトラセブン」神回は…「狙われた街」「ノンマルトの使者」「 第四惑星の悪夢」でよろしいか?

☆高機動ロケット砲システム「HIMARS」っていいよね… 陸自にも必要じゃね?

☆イランが新型長射程空対空ミサイルの量産開始、F-14A戦闘機に搭載される可能性も!

☆生産数わずか415両、ドイツ軍の最強駆逐戦車「ヤークトパンター」…前面装甲は戦車砲での貫徹は困難!


BOMB!(ボム!)



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!