1: SQNY ★
 《 ロシアの航空機メーカー「スホイ設計局」の技術者らが、同国の最新型第5世代戦闘機「スホイ57」の主翼について、過負荷がかかった条件下での強度を検証した。

 映像では、戦闘機の主翼が徐々に過負荷にさらされていく様子が分かる。過負荷が許容レベルの104%の値に達した時、主翼が破壊されている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

maxresdefault
https://sptnkne.ws/jXhX
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1541676097/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!

動画:https://youtu.be/P304KiM1KtQ


23: 七つの海の名無しさん
>>1
インテークからエンジンブレード見えちゃう時点で、ステルス機じゃないだろう。

3: 七つの海の名無しさん
su-57の主翼の強度テストを公開するんだな
このへんはインチキチンクさんとは 違うな

4: 七つの海の名無しさん
実機飛んでるのに、今更静強度試験映像という不思議

12: 七つの海の名無しさん
>>4
だね


負荷許容が104%で破壊と言うことは負荷強さ104%と言うことだね
製造安全率が4%だと製作誤差範囲だから運用安全率をあげる必要がある、そうなると出力許容限界を80%とするべきだよな
となればゴミ戦闘機として烙印が押される訳だ
安い訳だ

5: 七つの海の名無しさん
日本も設計局3つぐらい作って争わせろよ

24: 七つの海の名無しさん
>>5
M菱重工とM菱ふそうトラックバスとM菱自動車の事ですか
わかりません

7: 七つの海の名無しさん
これは安全率はどうなってるのだろうか
航空宇宙工学では、安全率が1.15 - 1.25倍らしいが
104%ならば1.04倍にしかならないし

8: 七つの海の名無しさん
どこ製のカーボンつかってるのか気になる。
カーボン繊維は日本の独壇場
ロシアは4200Mpaまで実用化してると聞くが
はっきり言ってザコレベル
それは現在安い自転車に使う程度のもの
高性能カーボンで軽くはできないので、エンジン出力で稼いでるのだろう。

チタン系冶金はロシアは世界レベルだが、カーボン繊維の量産力は
日本がダントツで、アメリカを遙かに上回る。
世界の7割が日本
でもカーボンの民生化はいまいちだな。
総合的な設計力はもちろんロシアに日本は全然勝てないが、
カーボンだけなら全然勝ってるんだよな。

14: 七つの海の名無しさん
>>8
ロシアは安全率の取り方を間違っているよね、限界値スレスレで運転するようにした機体だと技術的に日本に勝っているとは到底言えないよ

10: 七つの海の名無しさん
早く日本に飛んで来いよ
F35でぎゃふんと言わせてやって欲しい

11: 七つの海の名無しさん
この過負荷だとパイロットが生きていない、無人操縦の実装に向けての開発だな

13: 七つの海の名無しさん
第五世代だったのか。ステルスを捨てるっスして4.5世代だと思ってたわ

15: 七つの海の名無しさん
前はT-50とか言ってたけど今はスホイ57か、まったく区別できないな

19: 七つの海の名無しさん
第5世代っていう言い方どこまで続けるのかね?

第28世代とかなったら、訳分からんよな
エジプト第28王朝とかみたいに

20: 七つの海の名無しさん
そんなことより変態軌道がみたいです。

21: 七つの海の名無しさん
ウォッカ片手にバコバコ叩きながら設計してるイメージが崩れ落ちる映像だ。
ようやく俺の中のソ連が崩壊したようだ。

22: 七つの海の名無しさん
INF条約が破棄になったから、
小型核ミサイルが搭載できるステルス戦闘機は大注目

25: 七つの海の名無しさん
F22まんまじゃねーかwww

26: 七つの海の名無しさん
ロシアの戦闘機は機体強度や信頼性がどうだろうと世界一高性能な脱出装置を搭載してるから何も問題は無い

27: 七つの海の名無しさん
動画に置いてある模型のデジタルな洋上迷彩ぽいの好き

29: 七つの海の名無しさん
数値が高すぎると無駄な強度を出すために過度の材料を使っているわけだし、
数値が低すぎると許容範囲に収まらなくなる
数値の設定の仕方が西側と違うといえばそれまでだけど、104%は極めて優秀な数字のような気がするけど…

30: 七つの海の名無しさん
>>29
そのロジックではモノコックボディの強度とエンジンやその他の強度や品質が104%に収まっている必要があると言う訳だね
許容と言うことは通常仕様で整備している限り壊れないレベルである事を指す
実際にそこまで管理することが不可能である
例えば機体寿命が数時間経過した機体は必ず壊れるかと言えば違うだろ、そう言う物造りが出来る国が許容104%を提示するわけだよ

36: 七つの海の名無しさん
安全マージン少ないなぁ戦闘機だとこんなものなのか?

46: 七つの海の名無しさん
こんなギリギリの設計で良いのかね。
ロシアならもっと無駄に余剰有りまくりなイメージだったんだけど。



このブログの人気記事!

☆スターウォーズのXウィングをパロディ…イギリス軍が帝国軍を攻撃!

☆ベル・ヘリコプター社の最新コンセプトモデル「FCX-001」…テールローターを持たず!

☆アメリカ空軍がU-2高高度偵察機から撮影された神秘的な写真を公開!

☆(潜水艦の)ディーゼル充電の音はどのくらい外に漏れるんだろ、原潜より静かってことはないよね?

☆将来、基本的に本州から戦車部隊が無くなるって本当ですか?

☆戦車中隊を廃止し機動戦闘車隊へ移行…陸自第15普通科連隊(香川県)が、即応機動連隊に改編!

☆ロシアで「多砲塔装甲バス」のCG画像を公開、大口径の機関銃も搭載!

☆幹部候補生学校卒業式の海自特殊部隊による見送り、持っている小銃のストックがHK416っぽい!

☆ロシア空母「アドミラル・クズネツォフ」が史上最悪の空母ワースト5に!


永尾まりや「小悪魔ランジェリー」



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!