1: SQNY ★
 《 イラクの民兵組織アル・ヌジャバの報道官が、テロ組織ISISのメンバーの一部が、シリアにあるアメリカの軍事拠点に出入りしているとしました。

 アル・ヌジャバのムーサヴィー報道官は16日金曜、イラクの通信社のインタビューで、「拘束されたISISのメンバーの一部は、アメリカの軍事拠点に出入りするためのIDカードを所持していた」と語りました。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1c04bc0c-s
http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i49674
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1542594570/



「どうやって倒したらいいか、教えてください」…中国軍事専門家が日本の最新潜水艦「おうりゅう」を分析! カ韓国名品K11複合型小銃が欠落品だった事が判明、命中率わずか22.5% SAS(英特殊空挺部隊)の入隊試験、難しすぎワロタ!
ロシアの戦車支援戦闘車「ターミネーター」は装甲戦車部隊の戦闘方法を大きく変える可能性がある! ボーイングよりアパッチ攻撃ヘリ高速化モデルの提案…スタブウイングの大型化? 水中でも直進できる新型砲弾「Swimmer」を開発中…スーパーキャビテーション技術を利用!
3: 七つの海の名無しさん
この説明も どうやってするのか ちと見物だなw 

4: 七つの海の名無しさん
ISをイランへ移動させて内戦を起こすCIAの作戦か

5: 七つの海の名無しさん
正規の軍隊もゲリラも敵の遺品漁りはお手の物
ゲリラがアメリカの物持っていてもおかしくない
それを根拠にアメリカがISを支援しているとは 飛躍し過ぎ

6: 七つの海の名無しさん
アメリカと西側、アラブ諸国による自作自演?

7: 七つの海の名無しさん
普通に現地募集の現地人兵士にスパイが紛れ込んでたんだろ
現地人と作戦協力し、段階的に現地人部隊に移管するんだから、現地人の排除は出来ない
アフガニスタンの頃から続いてる珍しくもない問題

こういうスパイの情報を元に現地人兵士は脅されるから、現地人部隊だけでは治安維持が出来ない
残虐性と脅迫と暗殺がISなどジハーディストの売りであり、単純な武力より強力に作用してる。
その報復にジハーディスト達は怒れる現地人兵士に捕まると私刑にされまくってるが

11: 七つの海の名無しさん
ISISの正体がバレたな。

14: 七つの海の名無しさん
混乱がすぎるよ

15: 七つの海の名無しさん
そもそもイスラエルがアサドが邪魔で憎たらしくてシリアをぶっ壊す計画をと
米国とつるんで反アサド派やISをお立ち台にあげたからな
武器屋は儲かるは難民は米国まで遠すぎて来ないわでウハウハだわな
アサドがロシアに泣きつくのは想定内だったろうがここまで巻き返しされるのは
想定外だっtんだろう 米イスラエルは今迷いに入っている

18: 七つの海の名無しさん
友達の友達から入手したんだろ



このブログの人気記事!


☆宇宙空間から鋼鉄の槍を投下し、核兵器並みの威力を持つ「神の杖」…米政府が開発中!

☆戦前・戦中に日本が撮影したカラー写真ってどのくらいあるんだろ?

☆ロシア軍戦車スレ、T-14もいいけど既存戦車の改修型も色々出て面白い!

☆冷戦時代に米国に対抗して製造されたソ連版スペースシャトル「ブラン」…今もカザフスタンの草原に放置!

☆仮想敵部隊の第11装甲騎兵連が旧ソ連軍を模した車両や装備で戦闘模擬訓練を実施…米陸軍フォート・アーウィン!

☆ロシアで極開発中とされるT-60超音速爆撃機…2次元推力ベクタリングノズルを装備!

☆最新戦闘機「F-35ライトニングII B型」の細部にまでこだわりったプラモデルが登場…ハセガワ!

☆北朝鮮崩壊後、米露中韓の4ヵ国で分割統治する案!


b.―小池栄子写真集



中国のJ-10B戦闘機が「プガチョフ・コブラ」機動を披露し航空ショーを沸かせる(動画)! 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ! 米海軍の沿海域戦闘艦「フリーダム」と「インディペンデンス」は「浮かぶごみの山」…軍事作戦にまったく適さず!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊