1: ■忍法帖【Lv=10,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 中国新聞網は、オーストラリアが米国から購入したF35ステルス戦闘機が、1度飛行するたびに塗料を塗り直す必要性が指摘されたと報じた。

 10日にオーストラリアで米国から購入したF35A戦闘機の引き渡し式が行われ、同国軍が同機に対して大きな期待を抱く一方で、各界からは「オーストラリアの極度に乾燥した炎天下では、塗料が長くもたない」との指摘が出ているとした。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

150514-F-HT977-189
https://news.nifty.com/article/world/rcdc/12181-670564/
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544758069/



「日本の空母導入に強烈な不満」「3隻目の空母は4万トン級となり、F-35B搭載数も増加」…中国メディア! 米軍が中国空軍のステルス戦闘機J-20の模型を作り訓練に使用?軍事施設で目撃! 中国の軍事力は日本を越えているのに「なぜ恐れないのか」…中国メディア!
中国で開発中の推力偏向ノズル型WS-10Bエンジンを搭載したJ-10B戦闘機! 海自の新型護衛艦「30FFM」に、国産のRWS(リモート・ウェポン・ステーション)を搭載! こんなの(巨大陸上兵器)作れないの?



141218-F-BI157-059141218-F-VY794-1061564156

16: 名無しさん@おーぷん
>オーストラリアが米国から購入したF35ステルス戦闘機が、
>>1度飛行するたびに塗料を塗り直す必要性が指摘されたと報じた。

>「ステルス戦闘機の塗装は非常に精密に設計されており
計画通り ニヤリ

2: ■忍法帖【Lv=8,ゾーマ,tWA】
更にエアーコンディショナー付きの特別ハンガーを用意しなければならない…
(金かかるなぁ)

12: ■忍法帖【Lv=2,バルログ,XWf】
>>2
一方Mig-21は、どんなに過酷な環境でも動いていた。

4: 名無しさん@おーぷん
ラプターたんも、ウェポンベイや降着装置出し入れするだけで、
ハッチ周辺を塗り直しって聞きますた。

6: ツチノコ狩り
クリアー吹いとけば?

7: 名無しさん@おーぷん
塗料の質から見直さないとダメなんじゃないの
漆と混ぜてみるか

8: ■忍法帖【Lv=8,ばくだんいわ,2Dc】
ステルスコーティングなんて元々そんなもんでは?
F117から進歩してない筈もないだろうけど

9: 名無しさん@おーぷん
耐候性に優れた電磁波吸収性塗料開発できれば儲かるんだな
ニッペカンペ頑張って!

10: 名無しさん@おーぷん
昔からそういうものだったと思うけど
逆に言うと中国がステルス機だって言ってるJ-20とかは塗り直さなくていいの?
ほんとにそれでステルス性能維持できるの?

11: 名無しさん@おーぷん
極度乾燥しなさい

13: 名無しさん@おーぷん
あれ?F22が飛ぶ度に塗り直しでF35では改善されたとどこかで読んだ気がするけど、、、夢?

15: ワルキューレ◆iYi...i.lI
米国はいろいろな気象条件が揃っているはずなのに、こういう不具合結構多いですよね

19: 名無しさん@おーぷん
もしかしてステルス戦闘機の表面ってしっとりしてるんじゃないだろうか?

20: 名無しさん@おーぷん
塗り直しって一度剥がして塗るんだろか?
重ね塗りしていったら、機体がちょっとずつ大きくなっていくんじゃなかろうか?

21: 名無しさん@おーぷん
超音速で発生する熱に耐えられるのに、日射でたびたび塗装がダメになるはずがないだろ

22: ■忍法帖【Lv=8,ばくだんいわ,2Dc】
熱の壁はマッハ3辺りからの筈
F35はマッハ2も出ないから関連性薄いのでは
あと、少し古い話ではあるが"酸化しやすい"ってのもステルス塗装の欠点だった気がする

24: 名無しさん@おーぷん
真夏の昼間は一日一回おでかけするのが
やっとかね。

25: 名無しさん@おーぷん
トランプ「毎度あり~」



このブログの人気記事!

☆潜水艦の新しい歴史を切り開く、中国軍が「無人AI潜水艦」を開発中…2020年代初頭に配備予定!

☆海自新型イージス艦「まや」の特徴は、ずば抜けて高い防空能力…陸海空「戦闘ネットワーク」構築へ!

☆「大日本帝国時代は本当にいい時代だった」…パラオの人はなぜ今も親日なのか!

☆対戦車ロケットランチャー付きドローンをウクライナ企業が開発…帰還モードでは10Km先まで攻撃可能!

☆日本の防衛産業が空っぽになる、鳴り物入りで始めた輸出は成果ゼロ…FMS増加で国内企業次々撤退!

☆イランが初の国産戦闘機「コウサル」を公開、第4世代の新型戦闘機で「先進的な航空電子工学」を用いた多目的レーダーを搭載!

☆「カモンベイビーアメリカ」米海兵隊員が「U.S.A.」を踊ってみました!

☆WWⅡ時のイタリア陸軍軽戦車「フィアットL6/40」がロシアで修復!

☆米空軍か核戦争を想定して建設した秘密基地の存在を明らかに!


篠崎愛 台湾限定 写真集



アメリカ陸軍が外骨格型パワードスーツ「オニキス」開発に合意、2019年にデモ予定…ロッキード・マーティン! エリア88で見た…ソビエト連邦で開発されていた敵の地下施設を攻撃する「戦闘モグラ」! 韓国がF-35Aを初公開、アジアで3番目のステルス戦闘機保有国にネットは「日本のより安い、電子装備は大丈夫?」!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊

韓国陸軍でいまだに前世紀の遺物、パットン戦車M48A3/A5が大規模運用されている理由とは? カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! 期待の「韓国型ハンヴィー」が、大きすぎて前方部隊から後方部隊へ追いやられる…約400億円を投入して計2000台を配備計画!
生産数わずか415両、ドイツ軍の最強駆逐戦車「ヤークトパンター」…前面装甲は戦車砲での貫徹は困難! 模倣脱した?中国海軍の最新鋭大型ミサイル駆逐艦「055型」に世界最強説…戦闘能力は米海軍の艦艇を超 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ!