1: SQNY ★
 《 米軍はロシアの最新鋭極超音速ミサイルシステム「アバンガルド」から国土を防衛可能な兵器を有していない。米誌ナショナル・インタレストがジョン・ハイテン米戦略軍司令官の話を伝えた。

 (略) アバンガルドは時速3万キロまで加速し、30分以内に地球の赤道を一周できる。標的に向かうアバンガルドは上下左右へと複雑な機動を行う。この速度と機動性から現代の対空システムやミサイル防衛(MD)システムでは迎撃が難しい。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

00406810HDK
https://sptnkne.ws/kxJB
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1546767363/



「日本の空母導入に強烈な不満」「3隻目の空母は4万トン級となり、F-35B搭載数も増加」…中国メディア! 米軍が中国空軍のステルス戦闘機J-20の模型を作り訓練に使用?軍事施設で目撃! 中国の軍事力は日本を越えているのに「なぜ恐れないのか」…中国メディア!
中国で開発中の推力偏向ノズル型WS-10Bエンジンを搭載したJ-10B戦闘機! 海自の新型護衛艦「30FFM」に、国産のRWS(リモート・ウェポン・ステーション)を搭載! こんなの(巨大陸上兵器)作れないの?



12: 七つの海の名無しさん
>>1
>・米戦略軍司令官、米が露最新鋭ミサイルを迎撃不可と語る
これは、「予算が足りない」と訳するのが正しい。

14: 七つの海の名無しさん
>>1
すでにイージスアショアーは化石化した様だ!!
導入やめるべき決断が必要になってきたようだ・・・・・・

役に立つのはガラパゴスまで化石化したシステムなど
解体処分費の無駄遣いになるだけだ!!

2: 七つの海の名無しさん
日本のMD詰んだな
あとは「アバンガルド」同様のミサイルで抑止力を確保するしかない

3: 七つの海の名無しさん
アメリカですら凌ぐロシアの軍事技術って本当やばいな。

6: 七つの海の名無しさん
先に攻撃すれば良くね?

7: 七つの海の名無しさん
先制攻撃しかないよミサイル防衛www

8: 七つの海の名無しさん
そら運用するロシアでも何処に着弾するか制御出来ないのだから迎撃出来るハズが無い

49: 七つの海の名無しさん
>>8
制御して目的地に着弾してるだろ

11: 七つの海の名無しさん
X-20でやろうとしてたことのような

13: 七つの海の名無しさん
いつの時代もそうだが、すぐにそれを超える武器が出てくる、歴史が言ってる。

16: 七つの海の名無しさん
大出力のレーザー光を創りますか?

17: 七つの海の名無しさん
同じミサイルを開発しないとロシアに征服される

19: 七つの海の名無しさん
イージスアショアー要らなくなったね
でも、トランプ激おこされちゃうからゴミでも買わないとイケないのなw

22: 七つの海の名無しさん
まーた核軍拡するのかMD予算削って

27: 七つの海の名無しさん
いや、普通の弾道ミサイルも迎撃困難だろ
多弾頭は迎撃更に困難

ピストルの弾をピストルの弾で迎撃する様な物、防衛側に充分な時間と迎撃装備、システムがあれば1、2発なら防衛出来るかも!?ってレベルだろ

28: 七つの海の名無しさん
別に迎撃なんてできなくても問題ないだろ。
もともとミサイルの打ち合いが始めればどちらも全滅するから戦争を
起こせないという理論で核による戦争抑止論は成り立っているわけだし。

USが発射する核ミサイルを全て確実に迎撃できる技術をロシアが開発し
実戦配備しない限り全く問題ない。

31: 七つの海の名無しさん
点に対して点で迎えようとするから無理。
点を面で捉える発想で行かないと。
細かく軌道を上下左右してるとしても、
ある程度軌道は読めるのだから。

32: 七つの海の名無しさん
発射確認の時点で全核兵器をロシアの主要都市に向けて全弾発射しますってことにしたらええねん

33: 七つの海の名無しさん
ロシアが本気でアメリカに対抗できると思ってんのか
国力違いすぎ

34: 七つの海の名無しさん
ロシアの軍事費では、アメリカのように戦闘機や艦船を大量にそろえることは不可能なんで

コストがかからないミサイル開発に重点を置くって言ってたな。

この核ミサイルもそうだし、超音速の対艦ミサイルもそうだし

日本もロシアのように強力なミサイル攻撃力を持つしかない。

35: 七つの海の名無しさん
アンゴルモアってこれか。
米帝はよ兵糧攻めせなあかん奴や…

36: 七つの海の名無しさん
迎撃不可能となると「MAD」しか対抗策は無いってことだな
小国でも数基持てば対抗できるし、MDよりコストは安いし

そういえばF35は高速移動式核ミサイル発射機になれるから
それを見越しての採用なら慧眼といえるかも

37: 七つの海の名無しさん
そんなモン持ってなんの役に立つと思ってるんだ?

38: 七つの海の名無しさん
超音速で目標手前で上下左右に揺れる飛翔体が目標に到達できるか
素人でもインチキと判る

39: 七つの海の名無しさん
司令官「予算くれ

こうですか?わかりません

41: 七つの海の名無しさん
うん。
超音速ミサイルは割とどうしようもない。
ロシアはともかく中国に渡るのが厄介だが…まぁ渡るか独自開発するわな。

42: 七つの海の名無しさん
PAC3にも同じ操舵系を採用しブースターを取り付け発射すれば命中?
つか 次世代飛行機なら 10秒で宇宙に届く仕様だ

43: 七つの海の名無しさん
仕方ないさ。どう考えても攻撃するより迎撃するほうが困難だし費用もかかる。

だから抑止には、同様に攻撃能力を保持しなければいけないってことだよ。

レーザー開発できても難しいだろうな。

44: 七つの海の名無しさん
発射するまでが大変。
当たるかどうかも大変。
ドイツのV2は比較的簡単に沈黙されたな。

46: 七つの海の名無しさん
アメリカは対テロ戦争用の軍備にかまけて
この手の軍備は後回しになってたのは否定し難い
その間に中ロは、対米戦用の軍備をせっせとやって来た
サイバー戦にしても、核戦力にしても、宇宙軍備でも

47: 七つの海の名無しさん
何にせよ。攻撃用の武器のほうが作りやすい。

防御はそれの数倍の資金も技術もいる。

まだアメリカは既に攻撃用武器は持ってるから、以下にして味方の被害も最小限に

って思考ができるが、日本みたいに攻撃力なし防御だけなんて奇跡みたいなこと

言ってると、いくら金あっても無理だし完全防御なんて不可能なんだよ。

50: 七つの海の名無しさん
レーザーなら可能だろ

51: 七つの海の名無しさん
極超音速域では緩やかな機動しかできないらしいんだけどな

52: 七つの海の名無しさん
いつものパターン

アメリカが研究開始して、研究段階で終了
ロシアが、コンセプト真似して、配備まで行く
ところが、アメリカは、次のステップに入っていて、対抗策を実戦配備

アメリカは、対人コントロールがうますぎw

55: 七つの海の名無しさん
元々MDは対ロシア用ではない、と飽きるほどアナウンスしてきたのに何を今更。
単純にロシアの戦略核の物量を防ぐ手段はアメリカには無い
もちろんアメリカの戦略核の物量を防ぐ手段もロシアには無い

57: 七つの海の名無しさん
ロシアの最新鋭ミサイルは今のところ迎撃不可能しかし、迎撃ミサイル2発飛ばせば
目的地に着けなくなるんじゃない。

58: 七つの海の名無しさん
中朝の核ミサイルがロシアの「アバンガルド」並みに成るのは早くて20年先、地上型
イージスが役立たずになる前に、対策用のアップデート作られるから無用にはならないよ。

59: 七つの海の名無しさん
抑止には相互破壊の攻撃能力を待つしか無い、
ということか

60: 七つの海の名無しさん
バリア開発するしかないよ。

62: 七つの海の名無しさん
ICBM用のロケットを使って発射するんだから打ち上げた段階で核戦争が始まるだろうが。

63: 七つの海の名無しさん
ロケットとミサイルの技術はロシアがアメリカをリードしてる。
追いつくのに30年くらいかかり、その間にさらに先に行かれる。

64: 七つの海の名無しさん
防衛省・関連企業・アカデミーで協議して、高出力レーザー開発が喫緊の課題やな!



このブログの人気記事!

☆中国のJ-10B戦闘機が「プガチョフ・コブラ」機動を披露し航空ショーを沸かせる(動画)!

はじめましてF-104乗りです、今度、F-2とガチでドッグファイトやります…どうやったら勝てますかね?!

☆中国の最新鋭ステルス無人偵察・攻撃機「彩虹7」の実物大モデルが初公開…米X-47B試作機と酷似!

☆海自向け3900t型護衛艦…ポンチ絵はいつもかっこいいけど完成形がダサすぎる毎度!

☆日米艦艇がフォーメーション航行を披露…統合演習「キーンソード19」!

☆「言葉でたとえられない美しさ」…中国空軍の最新鋭ステルス戦闘機J-20に日本のネットユーザーが震撼!

☆US-2の後継も六発大型化しASMを撃てるように武装させよう!

☆低空飛行は漢の浪漫!

☆フラットスピンってこうだったっけ?ロシアSu-57戦闘機の機動が異常な件(動画)!


潜水艦の戦う技術



アメリカ陸軍が外骨格型パワードスーツ「オニキス」開発に合意、2019年にデモ予定…ロッキード・マーティン! エリア88で見た…ソビエト連邦で開発されていた敵の地下施設を攻撃する「戦闘モグラ」! 韓国がF-35Aを初公開、アジアで3番目のステルス戦闘機保有国にネットは「日本のより安い、電子装備は大丈夫?」!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊

韓国陸軍でいまだに前世紀の遺物、パットン戦車M48A3/A5が大規模運用されている理由とは? カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! 期待の「韓国型ハンヴィー」が、大きすぎて前方部隊から後方部隊へ追いやられる…約400億円を投入して計2000台を配備計画!
生産数わずか415両、ドイツ軍の最強駆逐戦車「ヤークトパンター」…前面装甲は戦車砲での貫徹は困難! 模倣脱した?中国海軍の最新鋭大型ミサイル駆逐艦「055型」に世界最強説…戦闘能力は米海軍の艦艇を超 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ!