1: 次郎丸 ★
 《 中国初の3Dプリンター技術を使い1度に成形された橋が11日、上海市の桃浦中央緑地に設置された。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

DwzodtYU0AEigyj
http://japanese.china.org.cn/photos/2019-01/14/content_74370492.htm
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547437706/



「日本の空母導入に強烈な不満」「3隻目の空母は4万トン級となり、F-35B搭載数も増加」…中国メディア! 米軍が中国空軍のステルス戦闘機J-20の模型を作り訓練に使用?軍事施設で目撃! 中国の軍事力は日本を越えているのに「なぜ恐れないのか」…中国メディア!
中国で開発中の推力偏向ノズル型WS-10Bエンジンを搭載したJ-10B戦闘機! 海自の新型護衛艦「30FFM」に、国産のRWS(リモート・ウェポン・ステーション)を搭載! こんなの(巨大陸上兵器)作れないの?
93: 名無しさん@1周年
>>1

わずか35日で作られた???

15mの橋なら、普通にコンクリート製でもそれぐらいで済むだろよwww

138: 名無しさん@1周年
>>93
違う違う、今は35日だけど、将来的にはこれの10倍の橋を35分にとかそういう話。

何に使うのかって、戦争時の架橋。
橋を破壊されてもその場で短時間で修復なり新しい橋を建てられるなら戦争もかわる。

159: 名無しさん@1周年
>>138
その場って言ったって大量の資材が必要だからw
作るのが早いだけで無理

184: 名無しさん@1周年
>>159
でも中国も韓国もその方向で今動いてるよ
今回の橋に限らず、兵器全般の修理(小銃に至っては現地製造も視野で)も

その場限りでいいから、耐久性とかは度外視なんだろうな(後、兵器の部品のライセンスとかも)

250: 名無しさん@1周年
>>184
でも書いたけど、中国と韓国は本気で戦争の際の修理の部品とか含めて
将来的には前線は3Dプリンター活用を考えてるみたい

アメリカはまだ一部の部品だけを実験でやってるけど耐久性(とライセンス問題)
で当面先にはなりそうだけど

284: 名無しさん@1周年
>>250
量産品生産についてはそうなると思う
というかまだミリタリー用精度出せてなかったのか

369: 名無しさん@1周年
>>284
韓国は軍用銃の部品(ライセンス料どうしてんだろ……)とかは既にやってる
中国はその手の情報は西側に流れてこないけど、実際やってると思う

アメリカも空母とかには3Dプリンターのせて、耐久性と安全性に問題がない物(後ライセンス)
については活用はしてるらしい まあ兵器自体の補修はほぼしてないとは思うが

175: 名無しさん@1周年
>>138
専用プラントで作って移送するなら、汎用品の鉄骨持ち込んで現地で作る方が早くない?

215: 名無しさん@1周年
>>138
戦場に携行できるくらいのプリンタの大きさでやるくらいなら、木や鉄骨コンクリのが良さそう

425: 名無しさん@1周年
>>138
かなり前に兵舎を3Dプリンターで作ってたのもあったな
現地に短期間で建設でき、資材や機材も少なくて済むらしい

160: 名無しさん@1周年
>>1
高分子材料の素材は何なのだろうか??
セメント系なら30年は無理かもしれない??

肉厚が薄過ぎる=中性化により風化しやすくなるらしい??

3: 名無しさん@1周年
もっとデカイ橋かと思ったじゃないか

7: 名無しさん@1周年
技術を見せたいが為にやったんだろうが逆効果だろ

12: 名無しさん@1周年
耐水・排水加工を施した段ボール製の橋の方が強度がありそう…

17: 名無しさん@1周年
30年の屋外耐候性のある構造用プラスチック?
1年持つかな

22: 名無しさん@1周年
紫外線で表面がぼろぼろになる気がするが。まあいいか。

23: 名無しさん@1周年
軍事的にいろいろ使っていけそうだな

28: 名無しさん@1周年
中国国内では3Dプリンタメーカーの競争が激しいから発展も早いよね
この分野において中国と比較したら日本は牛歩状態になりつつある雰囲気

30: 名無しさん@1周年
構造計算とかはやってないんだろうな
流されたりしても大した被害はなさそうだけど

37: 名無しさん@1周年
面白いけどもうちょいデザインどうにかならんかったんか?

42: 名無しさん@1周年
これなら行けそうだ
トラック走れるような橋かと思った

45: 名無しさん@1周年
まぁミサイルの外装作りたいんでしょう

61: 名無しさん@1周年
人専用の橋なら、崩壊しても影響はなさそう
この幅と高さなら死人は出ないだろうし

67: 名無しさん@1周年
金属の3Dプリンターで作ればよかったのに

70: 名無しさん@1周年
こういう思い切ったことをポンとやれちゃう所がこいつ等の強み
蓄積は確実にあるからな

85: 名無しさん@1周年
>>70
即断即決できる代わりに失敗したときの被害も大きいけどな

76: 名無しさん@1周年
軽いってのがミソなんだろうな
道路拡張のときに発泡スチロール板詰めるようなもんだろ

78: 名無しさん@1周年
工場で作って現地での工期を短くできる事と
品質が一定な事に意味があるんだよ

83: 名無しさん@1周年
そんなでっかいプリンターあるのか

107: 名無しさん@1周年
橋が作れるんなら家も作れそう

111: 名無しさん@1周年
ずいぶん軽そうだけど風で飛ばされないか?
浮力が発生しそうだけど増水の時に大丈夫か?

118: 名無しさん@1周年
中国は凄いよね、人間を実験台にしていろんなことが検証できるんだから。
先進国では倫理的に不可能な事に取り組めるんだから研究者にはたまらんだろ。

121: 名無しさん@1周年
3Dプリンターならもっと複雑で強度があって軽量化されたものを作れると思うのに、
見た感じがっかりだな。

122: 名無しさん@1周年
3Dプリンタを使えば今までの鋳造や溶接、機械加工で作り出すことができない
理想的な構造の造形物を作り出す事が出来るメリットあるよね

131: 名無しさん@1周年
China's first 3D-printed pedestrian bridge to be put into use in Shanghai
https://www.youtube.com/watch?v=c7l5RPz-dSE


132: 名無しさん@1周年
紫外線ですぐボロボロになりそう

142: 名無しさん@1周年
面白い発想やね、コスト的にはどうか知らんけど

147: 名無しさん@1周年
新技術にどんどん挑戦してるのが凄いよ

161: 名無しさん@1周年
この大きさなら色々作れそうだな

171: 名無しさん@1周年
発想はすごい
橋が30年使えるかは別として

186: 名無しさん@1周年
まあ橋はあくまで技術検証だろう。このくらいの大きさのものは
作れるよ、という。このサイズで樹脂製で作る価値のあるものって
あとは何だろうな。

218: 名無しさん@1周年
>>186
航空用途。
最終的には主翼や胴体を作成したいはず。
もちろん軍事用途。

192: 名無しさん@1周年
耐久性なんか考えてないだろ
発想がすごい

204: 名無しさん@1周年
このはし渡るべからず



このブログの人気記事!

☆韓国海軍駆逐艦のコンピューター指揮システム、1日1回以上作動停止…有事の際の戦闘任務遂行に致命的な打撃!

☆自衛隊で取った資格は外ではつかえない?パイロットも船も…米軍では有効なのに!

☆かつては東ドイツ空軍で活躍したMiG-23戦闘機「フロッガー」、現在はラガー空軍基地で保管!

☆中国、2020年に街灯の代わりとなる「巨大人工月」を打ち上げると発表…明るさは本物の8倍!

☆秋葉原の街を、ド迫力の90式戦車がさっそうと通り過ぎる!

☆ソ連の超音速爆撃機を迎撃するため、カナダが開発していた幻の戦闘機「CF-105 アロー」…発射台よりゼロ距離離着!

☆洋上で戦う女性自衛官たち、ヘリコプター空母「かが」の男女構成比は10対1!

☆ロシア製自動小銃「AK-74M」は世界最高峰の1つ…「地球上で最も危険な戦闘用ライフル」5選!

☆模倣脱した?中国海軍の最新鋭大型ミサイル駆逐艦「055型」に世界最強説…戦闘能力は米海軍の艦艇を超すとの指摘も!


GIRLS-PEDIA



アメリカ陸軍が外骨格型パワードスーツ「オニキス」開発に合意、2019年にデモ予定…ロッキード・マーティン! エリア88で見た…ソビエト連邦で開発されていた敵の地下施設を攻撃する「戦闘モグラ」! 韓国がF-35Aを初公開、アジアで3番目のステルス戦闘機保有国にネットは「日本のより安い、電子装備は大丈夫?」!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊

韓国陸軍でいまだに前世紀の遺物、パットン戦車M48A3/A5が大規模運用されている理由とは? カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! 期待の「韓国型ハンヴィー」が、大きすぎて前方部隊から後方部隊へ追いやられる…約400億円を投入して計2000台を配備計画!
生産数わずか415両、ドイツ軍の最強駆逐戦車「ヤークトパンター」…前面装甲は戦車砲での貫徹は困難! 模倣脱した?中国海軍の最新鋭大型ミサイル駆逐艦「055型」に世界最強説…戦闘能力は米海軍の艦艇を超 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ!