1: アッキーの猫 ★
 《 中国でSu-27が全て退役しました。今後はSu-27のポジションをJ-11とJ-16がかわりを務める  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

800px-Chinese_Su-27
https://news.baidu.com/news#/detail/9768327859611602428
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547812911/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/AB:Chinese_Su-27.JPG



「日本の空母導入に強烈な不満」「3隻目の空母は4万トン級となり、F-35B搭載数も増加」…中国メディア! 米軍が中国空軍のステルス戦闘機J-20の模型を作り訓練に使用?軍事施設で目撃! 中国の軍事力は日本を越えているのに「なぜ恐れないのか」…中国メディア!
中国で開発中の推力偏向ノズル型WS-10Bエンジンを搭載したJ-10B戦闘機! 海自の新型護衛艦「30FFM」に、国産のRWS(リモート・ウェポン・ステーション)を搭載! こんなの(巨大陸上兵器)作れないの?
6: 名無しさん@1周年
これちょっとだけ買って分解してロシアが激怒したやつだっけ?

8: 名無しさん@1周年
パチモンだがエンジンだけはロシア製。
とうとうパクれなかった。

27: 名無しさん@1周年
>>8
まだいってるのか
既に国産エンジンどんどん積んでるだろ

41: 名無しさん@1周年
>>27
あんまり評判は良くないと聞くけどねw渦扇-10エンジン
パキスタンも未だにこのエンジンの搭載機を受け取ってない

9: 名無しさん@1周年
フランカーよりJ10とかのほうがいいのか?

14: 名無しさん@1周年
>>9
安くて大量に配備できるからだろう

116: 名無しさん@1周年
>>14
大戦略の工兵かい。

11: 名無しさん@1周年
またエスコン7の宣伝か!

12: 名無しさん@1周年
ロシア製から、コピー品に変わるんか。

17: 名無しさん@1周年
ミグ19はいつ退役するんだよ

20: 名無しさん@1周年
殲99が10機もあれば十分だからな

22: 名無しさん@1周年
スホーイの魔界造劣化版、懺がとって変わります

23: 名無しさん@1周年
尖閣諸島にしょっちゅう飛んでくるお客様だったな
日本のF-15と5年間もやりあってた
だがメンテナンスが大変な分、あっというまに中国のSu-27の方がオシャカに

31: 名無しさん@1周年
こないだガーリーエアフォースにMiG-21が出てたのにもうSu-27が退役か。

32: 名無しさん@1周年
未だに、何故永遠の日陰者スホイ設計局が、
この名機フランカーを出せたのかが謎
で、逆に日向街道ばく進していた巫女やんが何故倒産し、
あろうことかスホイに吸収されるまで落ちぶれたのかが謎

35: 名無しさん@1周年
>>32
Tsagiのデータを基に似たような飛行機作ってしまったからなあ
似たような物なら余力が有る方がよく売れる

81: 名無しさん@1周年
>>32
すべてソ連崩壊が悪いんや

85: 名無しさん@1周年
>>32
スホイが永遠の日陰者ってのは鉄のカーテンの向こう側の時代の発想ではないですか?
ソ連時代の防空戦闘機は外に出して無いから知られていなかっただけで・・・。

33: 名無しさん@1周年
中国が輸入したフランカーは全般的に古いものだったし、整備に手間隙掛かってると言われてたからね
で、中国は他からパクってきた技術で改修して、『新開発』と称してJ11を生産し始めた

34: 名無しさん@1周年
バブルで景気が良かったときに自衛隊も教材として買おうとしてたんだっけか

39: 名無しさん@1周年
>>34
ロシア語を理解出来る隊員がほぼ居ないから
導入はほぼ無理ってTVインタビューで答えてたな

115: 名無しさん@1周年
>>39
航空自衛隊機は国産以外は基本的に米国産だから部品のサイズがインチ・フィート法になるからヨーロッパやロシア機はセンチメートル式で整備で混乱する

121: 名無しさん@1周年
>>115
ネジひとつ取ってもピッチが違うからな
ロシア側から買うんだったらある程度まとまった機数じゃなきゃやだって言われたという話もあるが

36: 名無しさん@1周年
なのに未だにファントム使ってるわが国

45: 名無しさん@1周年
mig-19は現役だったりして

55: 安倍晋三
Su-27が稼働してる国は中国以外でまだ残ってるが
もしも全世界で全部退役したら
結局Su-27とF-15が戦ったらどっちが勝つかの論議に答えが出ずに終わるな

Su-27とF-15が実戦で戦った事例ある?

66: 名無しさん@1周年
>>55
現代の戦闘機は初期から現在まで大幅に性能が向上するから
機体の形式だけでどっちが強いかの比較は無理
どの国どの地域どの時代かで限定すれば可能だけど

77: 安倍晋三
>>66

尖閣付近で米軍介入無し前提で
Su-27vsF-15J

中国軍は
・電子偵察機×1
・Su-27×8
・H-6×3
自衛隊スクランブルは
・F-15J×4

中国軍の作戦目的は与那国島の自衛隊基地への空爆
通常の演習と見せかけて近づき、
スクランブルのF-15Jからの呼びかけに無視してそのまま飛行機
F-15Jは先制攻撃できず、そのまま目視可能距離まで接近する
そこでSu-27からロックオンと同時に先制ミサイル攻撃で空戦スタート

米軍はまだ開戦してないため介入不可とする

67: 名無しさん@1周年
中国独自で近代化ができないのが原因みたい

J-7は388機、J-8は96機残ってる

70: 名無しさん@1周年
フランカーも新しいのが沢山出てるからなぁ
ついに27はお亡くなりか

71: 名無しさん@1周年
新幹線で例えるなら
今回退役したのは、川崎が生産して輸出した正規のあさまベースの新幹線ねw
オリジナルが退役したって話

76: 名無しさん@1周年
やっぱロシア機は耐用年数の短さとハイコストが致命的だね。

83: 名無しさん@1周年
>>76
別の理由だと思う
このSU27は爆弾とロケット弾しか運用できない制空戦闘機仕様
整備キットが数世代前で、尚且オイルからして純ロシア製の物でないと不具合が出る
その整備キットを空港間で動かすのが重くて難しい
展開飛行場が限られる欠点があった

78: 名無しさん@1周年
中国製コピー機で日々の任務にあたるパイロットは実に勇敢だ!

93: 名無しさん@1周年
ミグとスホーイって結構同じ時期に同じような形の戦闘機出してるよね
サイズや用途が少し違うだけで

94: 名無しさん@1周年
中国の第4世代はこんな感じかな

Su-27SK/J-11…172機、内70機超をARH運用可能に近代化改修
J-11A…36機、ARH運用可能
J-11B…100機超、ARH運用可能
J-16(中国版Su-30MKK)…50機超、ARH運用可能
J-11D…開発中
Su-35S…24機調達予定
J-10A/S…290機、全てARH運用可能
J-10B…PESAレーダー、53機、ARH運用可能
J-10C…AESAレーダー、100機超、ARH運用可能 

95: 名無しさん@1周年
Migはまだ持った方だろ
YakとかTuとかLaggとかPoとか
WW2で名を売った設計局が次々と居なくなったし

102: 名無しさん@1周年
え、もうSu-27引退なんだ
エースコンバットじゃラプと並んで最強の機体だったな

103: 名無しさん@1周年
すげーよな。
日本じゃまだF-4が現役だというのに。
日本もロシアも完全に先を越されたな。

105: 名無しさん@1周年
退役したことにして
エンジンを他に使う気だろ
勝手にやるとロシアうるさいし

108: 名無しさん@1周年
Su-27てF15のライバルだったな。日本はまだF15使ってくわけだが

111: 名無しさん@1周年
J-11=Su-27のコピー(一部正規ライセンス)
J-16=Su-30のコピー
要するにロシアオリジナルSu-27が退役ってだけで実態はあんまり変わらない・・
なおSu-30は引き続き運用続行

112: 名無しさん@1周年
北朝鮮「引き取ります。いや、ぜひ!!」

129: 名無しさん@1周年
>Su-27は問題点のひとつとして、機体寿命の短さがあると指摘。
>初期タイプでは2000時間、機体を強化したSu-27SKでも2500時間。
>つまり、年間200時間の飛行を行えば、10-15年で「廃機」になる。


中国のSu-27(ロシア純正)は1992年から計76機が3回に分けて中国へ納入された
最後に引き渡されたのは2002年
特に最後に引き渡されたバッチは、全機が複座の教育訓練モデルだったから
取っ替え引っ替え乗り回されて、年間飛行時間は200時間を軽く超えていたろう
完全に寿命ですな

130: 名無しさん@1周年
北にSu-27はないよ

MiG-29、それもソ連時代の初期型

131: 名無しさん@1周年
本物が引退してパチモン量産型が生き残るの図

137: 名無しさん@1周年
su-24もak47も
コピー品の方が数が多い



このブログの人気記事!

☆Mi-35M、Mi-28N攻撃ヘリなど戦車キラーを製造するロシアン・ヘリコプターズ生産工場!

☆航空自衛隊の空中給油機KC-767、空の守り高める最新鋭、戦闘機をサポート!

☆IDASコンソーシアムが潜水艦発射対空ミサイルによる海中発射試験を実施!

☆伝説の域に達したる大型超音速戦闘機「マクダネル・ダグラスF-4ファントムII」!

☆次世代戦闘機F-3、国内開発のハイパースリムエンジン(HSE)搭載なるか!

☆日米韓のイージス艦がハワイ沖でミサイル追跡訓練を実施…リアルタイムで軌道情報を共有!

☆10式戦車のモジュール装甲はどうなってるのか?隊員「あれは今は物入れですが…」!

☆海上自衛隊の巨大ホーバークラフト「エアクッション艇」、港がなくても上陸可能…巨体にもかかわらず一回転も!

☆「中国軍はヘリコプター急襲で尖閣諸島を奪取する」と米研究機関…東シナ海戦略調査報告!


自衛隊の戦力―各国との比較



アメリカ陸軍が外骨格型パワードスーツ「オニキス」開発に合意、2019年にデモ予定…ロッキード・マーティン! エリア88で見た…ソビエト連邦で開発されていた敵の地下施設を攻撃する「戦闘モグラ」! 韓国がF-35Aを初公開、アジアで3番目のステルス戦闘機保有国にネットは「日本のより安い、電子装備は大丈夫?」!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊

韓国陸軍でいまだに前世紀の遺物、パットン戦車M48A3/A5が大規模運用されている理由とは? カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! 期待の「韓国型ハンヴィー」が、大きすぎて前方部隊から後方部隊へ追いやられる…約400億円を投入して計2000台を配備計画!
生産数わずか415両、ドイツ軍の最強駆逐戦車「ヤークトパンター」…前面装甲は戦車砲での貫徹は困難! 模倣脱した?中国海軍の最新鋭大型ミサイル駆逐艦「055型」に世界最強説…戦闘能力は米海軍の艦艇を超 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ!