1: 猪木いっぱい ★
 《 私たちは、古代の部族が彼らの墓の壁に奇妙な角のある人物を描くことにしたのかまだ知りません。しかし今、科学者たちは驚くべき先史時代の芸術がどのように作られたかの謎を解明しました。

 画像はロシアのシベリアのアルタイ共和国のカラコル村の近くで最初に発見され、5000年前の青銅器時代に描かれました。エッチングの奇妙な文字は神であることが示唆されていますが、私たちはそれらが何を表しているのか本当に知りません。 (google翻訳 ) 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。



海上自衛隊の「そうりゅう型潜水艦」に比べると「わが国の通常動力型潜水艦には何ら強みはない、だが・・」…中国メディア! ホンダ「シビックタイプR 」がオーストラリア警察に配備…日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい! 中国のステルス戦闘機J-20、ステルス性はF-22の100分の1しかない(RCS0.1㎡)と判明!
陸上自衛隊武器学校の三式中戦車(チヌ)はなぜ壊されず生き残ったのですか? 防衛大学卒業生の一割以上が任官拒否…学生には学費免除で月給とボーナスを支給! 陸上自衛隊がカワサキ製「汎用軽機動車」を導入…6両で約7700万円!

dba1002b-s

2: 名無しさん@1周年
ナウシカ

4: 名無しさん@1周年
シシガミみたいな

5: 名無しさん@1周年
銀色の黒い物質て

7: 名無しさん@1周年
その絵が異常な高熱をうけたかも

8: 名無しさん@1周年
エジプトと似たような宇宙人で草

14: 名無し
巨神兵?

17: 名無しさん@1周年
もしかしたら
ただ単に子供が描いた絵だったりしてなw

23: 名無しさん@1周年
現代だって
昔の部族みたいな暮らししてる民族はいるし
そういう人達は、羽根飾りやボディーペインティング
普通にしてるし

そういううの描いただけだろ

30: 名無しさん@1周年
神にツノってなんだ?サタン?

33: 名無しさん@1周年
墓の中は、何かの神だろうな。死者を導いていく先導者みたいなもんか。
動物っぽい感じだから、動物と人間の融合の神w

38: 名無しさん@1周年
無関係な彫刻残しておくか
混乱させるために色々な意味つけて

44: 名無しさん@1周年
サヴァン症候群で目に映るものをそのまま描ける人を
TV番組で見たことがあるが、
古代には写実的に描くサヴァンはいなかったのかな。

47: 名無しさん@1周年
インディアンが付けてるみたいな鳥の羽飾りじゃねーの?

49: 名無しさん@1周年
よく古代の壁画に出て来る奇抜な人間は昆虫を擬人化したものでは
昆虫自体が宇宙から来たという説もあるが。

53: 名無しさん@1周年
宇宙人というか俺らが神と思ってるような奴らのことじゃないの?
きっとずっと監視されてる

60: 名無しさん@1周年
未開人の格好は常に奇抜。そんだけ。

61: 名無しさん@1周年
頭飾りだったんか
長髪を表現しようとしたのかもな

64: 名無しさん@1周年
人の文明は元来多神教なんだね。

65: 名無しさん@1周年
ツノがあるなら神ではなく、鬼か悪魔だろ

78: 名無しさん@1周年
古代の絵には宇宙船と宇宙人としか思えない不思議なものが描かれている

81: 名無しさん@1周年
宇宙人に遭遇した人は例外なく絵が下手らしいが、
後世に残る絵を書いた人もたいがい下手だよな。

83: 名無しさん@1周年
もしもこの絵が宇宙人を描いたものならば、古代に宇宙人が地球を訪れていた証拠となるかもしれない

92: 名無しさん@1周年
ネイティブアメリカンの酋長がかぶってる羽飾りみたいなものだと思うね
神だから酋長の何倍も偉い、それを絵で現すと巨大な飾りをつけた姿になる



このブログの人気記事!

☆マルチカム(迷彩)で世界は覆われていくのだろうか、なにがそんなに優れてる?

☆火を噴くJ-10中国軍戦闘機…模擬地上ターゲットにロケット弾を発射!

☆ベル・ヘリコプターがAH-1Zを陸自新戦闘ヘリに提案…さてどうなるか!

☆アメリカ陸軍の車載型100kW級レーザー兵器(HEL TVD)、1000万ドルの予算で新たな段階へ!

☆イタリア海軍の軽空母「カヴール」がタラント軍港入り…改修されF-35B戦闘機搭載へ!

☆中国「我々はJ-20を大量配備を進めている」「日本の第5世代戦闘機開発は見通しが暗い、量産体制には10年はかかる」!

☆高齢化する自衛隊、士(兵士)が減り、曹(下士官)や幹部(将校)が増えて前線兵士がいなくなる?

☆オーストラリアが購入したF-35戦闘機のステルス塗料、乾燥した炎天下では1度飛行するたびに塗り直す必要!

☆日本人は第2次世界大戦後の占領軍(GHQ)に洗脳されたか?


歩兵の戦う技術



大日本帝国陸軍の二式戦闘機「鍾馗」…当初の運用方法を間違っていましたかねえ! 「XF9-1エンジン」解説動画を公開…防衛装備庁! B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

中国の開発した「アンチステルス・レーダー」が日本の主力戦闘機F-35を無力化する? 「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究! 米陸軍の「二つ星」将官(少将)が射撃訓練に参加、奇妙な射撃フォームを披露し大炎上!
F-1戦闘機を改修して復帰させたい…何をどう改修したらいいか教えてください! スウェーデンが誇るスホイキラー、多目的戦闘機「グリペンE」…特徴はステルス性能にあらず! 対テロ訓練にガチすぎる対物ライフルが登場…パトカーどころか装甲車が撃破されかねん!