1: チンしたモヤシ ★
 《 2019年6月13日、ホルムズ海峡付近で石油タンカー2隻が攻撃を受けました。そのうちの1隻は日本の海運会社が運航するタンカーでした。まだ情報は少ないものの、このタンカー攻撃についてかなりのことが判明してきました。

 以下では、軍事的な観点をベースに、誰が、なぜこのようなことを行い、何を狙っていたのか、5つの疑問に答える形で考察してみたいと思います。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

image
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56729 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560683669/



海上自衛隊の「そうりゅう型潜水艦」に比べると「わが国の通常動力型潜水艦には何ら強みはない、だが・・」…中国メディア! ホンダ「シビックタイプR 」がオーストラリア警察に配備…日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい! 中国のステルス戦闘機J-20、ステルス性はF-22の100分の1しかない(RCS0.1㎡)と判明!
陸上自衛隊武器学校の三式中戦車(チヌ)はなぜ壊されず生き残ったのですか? 防衛大学卒業生の一割以上が任官拒否…学生には学費免除で月給とボーナスを支給! 陸上自衛隊がカワサキ製「汎用軽機動車」を導入…6両で約7700万円!
109: 名無しさん@1周年
>>1 吸着機雷だとして、どこで付着させたかだよな
いくらなんでも航行中はありえないだろ
ホルムズ海峡っていう一番船同士が衝突しそうな場所で、他船が接近してきて接舷されて離れていって、
それに乗組員が気づかないって、想定に無理ありすぎる。

サウジアラビア停泊中ならありえるけど。
メタノールタンカーって原油タンカーみたいに沖合に停泊するのかな、それともコンテナ船みたいに埠頭に接岸するのかな。
埠頭に接岸してたんなら、喫水の上の方にくっついてたって話は理解しやすいんだが。

114: 名無しさん@1周年
>>109
タグボートでくっつけるのが一番リスクが少なそう&2隻で同じ位置+方側面の説明が付く
と思ったが、日中に気づくよな出港時だもん

6: 名無しさん@1周年
磁石の性能が悪くて波で地雷がはがれちゃったりしてなw

11: 名無しさん@1周年
つまり、自作自演
トンキン湾事件と同じだと?

18: 名無しさん@1周年
>>11
この記事は革命防衛隊が犯人だと言ってるんだが…

24: 名無しさん@1周年
>>18
うーん、その根拠はアメリカ発だからねえ。
それまで自作自演することも可能なわけだし、むしろ「何で不発一つがあってそれを回収しているところを撮っているの?」と
少なくとも疑問に思うのが自然じゃないかなあ。

12: 名無しさん@1周年
実行犯はイギリスのSASで確定だけど、カネを払ったのは誰でしょうねえ?

13: 名無しさん@1周年
正直、よくわかんなくなってきた
それが意図したことなのかも知れないけど

15: 名無しさん@1周年
タンカー乗組員の「何かが飛んできた」と言う証言が無視されてる

16: 名無しさん@1周年
機雷なんて自衛隊程度でも回収できる
地雷レベルの貧者の平気だよ

19: 名無しさん@1周年
船員の飛翔体発言はどういうことだよ

27: 名無しさん@1周年
>>19
始めにロケット弾等で攻撃し船員が脱出艇使ったのを確認した後で
吸着機雷を使って「派手に炎上し続けるタンカー」って演出をした

攻撃に使った武器は船員が確認した2回1種類しかないと決めつけるのが間違い

20: 名無しさん@1周年
日本の会社がチャーターした船の1つは甲板上の配管部分で爆発したらしいが、そこまで投げたんか?(´・ω・`)

32: 名無しさん@1周年
飛来物による攻撃なら、タンカーを調べたら直ぐにわかるよな

44: 名無しさん@1周年
記事の推察が正しければ、トランプが「イランの責任」という言い方をしてるのも妥当性を帯びてくるな。
ここらへんの外交駆け引きは面白いところだね。

54: 名無しさん@1周年
最大積載量の積荷が積載されていなかったのか?

56: 名無しさん@1周年
なかなか良い記事だな。
確かに軍の末端の統制が取れてない可能性は高い。

57: 名無しさん@1周年
国はどこだろうが一般人の推測は私らと同じ。

工作機関が誘導してる事はバレバレ。

67: 名無しさん@1周年
不発弾の回収は、反政府組織では困難ってのがよくわからんな。
こっそり近づいて回収するだけじゃん。
見つからないように回収したのであればまだわかるけど、普通に
見つかって撮影までされてるし。
自爆テロするような連中が、見つかるとか、爆発するとか気にす
るか?

90: 名無しさん@1周年
わざわざ高いコストを払って「謎」だけ残していくことに何かメリットはあるのか
何がどうにもなりゃしないだろ 和解ムードから若干遠くなる程度の話
日本の首相が骨折ったところでたかが知れている

93: 名無しさん@1周年
>使用された4発(2隻に2発づつ)の内の1発が不発となったことから、吸着機雷(リムペットマイン)であったことがほぼ確実です。

どういうこと?
使用されたのが4発ってなんでわかるの?

95: 名無しさん@1周年
●アメリカの陰謀だった場合
黒幕 イスラエル×CIA
実行犯 モサド

●イランの犯行だった場合
ハメネイロウハニの指示の可能性は低い
反政府組織か、軍人の暴走

96: 名無しさん@1周年
自衛手段として大戦時のドイツ軍のようにタンカーの船体にツィンメリット・コーティングを
施工することだなコレで磁気吸着系の武器は使用できなくなる。

97: 名無しさん@1周年
いずれにしても巡視船追跡できてると思うしイランのせいで確定だろ
イランの中で何が起こっているのかだけ

正規軍が強硬派の尻拭いで回収しにきたか
狂犬ハメネイを蹴落としたい穏健派の自演か
なんなのか

103: 名無しさん@1周年
船の船員だって素人なのに飛来物が来たことを確実視してるのはなんなんだろうね

106: 名無しさん@1周年
>>103
対空レーダーもないのに飛翔体による攻撃なんて、貨物船の船員に分かる訳がない
破損部分が喫水より上だから魚雷じゃないと思っただけだろう

108: 名無しさん@1周年
モダンウォーフェア3で潜水艦に貼り付けたやつか

144: 名無しさん@1周年
飛来物などという報告はアメリカの方針と異なるから受け取らないとw

149: 名無しさん@1周年
リムペットマインだとすると、ホルムズ海峡航行中の設置とは考えにくく、サウジアラビア停泊中だと考えやすい
そうすると犯人がイランだとする根拠が薄くなる。
使用された武器が砲弾やミサイルなら、被弾したのが右舷なのでイラン国内からというのも否定される。
船舶による砲撃なら、どうして誰も見ていないのか。本船はもちろん、他の船の証言もない。

156: 名無しさん@1周年
不発弾の危険性はプロなら解っているだろ
いつ爆発するか解らない不発の機雷をわざわざ外しに行くだろうか?

165: 名無しさん@1周年
>イラン海軍の巡視船を捉えたとされる映像

海軍の艦船が船外機2機付けたボートってw

今のタンカーのレーダーならあの程度の船が接近したら余裕で気が付くから
なんらかの回避行動とかを起こすだろうな

167: 名無しさん@1周年
革命防衛隊もいろんな人がいるだろうしな
革命後の国家体制を維持する組織なんだから、別にハメネイ師の部下でもないし忠誠を誓ってるわけでもないだろ
「西側の首脳なんかと会いやがってジジィが」って人もいると思う
最高指導者の後継者争いとか関係あるかも

169: 名無しさん@1周年
航行中のタンカーに吸着機雷取り付けられないと思うんですけどね

176: 名無しさん@1周年
>>169
それ
仕事でタンカーと同じ航路を航行したことがあるけど
外洋のタンカーって凄く速くて船外機や監視船程度のエンジンじゃ追い付けない
追いつけたとして引き並みに翻弄されて近づく所じゃないよ
ジェットスキーでも無理だろうね

170: 名無しさん@1周年
そもそもあれだけの警戒下でボートをあえて見逃す米軍って

173: 名無しさん@1周年
絶対沈めないように爆弾しかけるって、
そうとうな知識がないとできないだろと思ってたけど、

喫水線の上にしかけるって、そんな簡単なことでいいの?

175: 名無しさん@1周年
>>173 タンカーって、容易なことじゃ沈まないんです。浮力材満載だから。
このあたりは、どっちの沿岸からも一時間以内に放水可能なタグが来ますから。
放水開始前に現金払いですけど。

178: 名無しさん@1周年
今回の事件でだれが得をするかで考えると
アメリカもイランも損しかない。

180: 名無しさん@1周年
得をするのは中国、ロシア、イスラエル、サウジ、イラクあたりかね。

183: 名無しさん@1周年
信管の付いた吸着機雷を剥がそうとするなんて命知らずな真似をなんでしたのか、証拠隠滅なら20mmぐらいで撃てばいいだろうに。

185: 名無しさん@1周年
これは海上自衛隊をオマーン湾に引きずり出そうというアメリカの陰謀
自分の国の船は自分で守れってこと

186: 名無しさん@1周年
イエメンの武装勢力のどれかでしょ

191: 名無しさん@1周年
パーレビ時代に取得したアメリカ製兵器を扱えた、アメリカ研修経験もある。
そういう軍隊でも残さざるを得なかったら、もう一個作った。

207: 名無しさん@1周年
賞味期限が切迫してる兵器一掃セール



このブログの人気記事!

☆ロシア軍の近距離対空防御システム「パーンツィリ S-1」が転倒事故…運転手が負傷!

☆「米軍Yナンバー車両は危ない!」という都市伝説は本当か?

☆「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究!

☆米空軍のAC-130J対地専用攻撃機部隊で活躍するカスタム塗装したビックアップトラック!

☆こいつ(高機動車)あと何年使うの?更新の必要ないくらい不満点もないのかね?

☆傑作四輪駆動軍用車が誕生してから76年…「ジープ」の歴史を紐解く!

☆ロシアの「空飛ぶAK-47」計画、銃身が正面から威嚇的ガンドローン…特許申請してバレる!

☆陸自「戦車教導隊」「偵察教導隊」が廃止、約60年の歴史に幕…機甲教導連隊が新編!

☆米空軍のF-22ステルス戦闘機が集結、エレファントウォークを披露…エルメンドルフ基地!


米軍風 サバゲーヘルメット



大日本帝国陸軍の二式戦闘機「鍾馗」…当初の運用方法を間違っていましたかねえ! 「XF9-1エンジン」解説動画を公開…防衛装備庁! B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

中国の開発した「アンチステルス・レーダー」が日本の主力戦闘機F-35を無力化する? 「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究! 米陸軍の「二つ星」将官(少将)が射撃訓練に参加、奇妙な射撃フォームを披露し大炎上!
F-1戦闘機を改修して復帰させたい…何をどう改修したらいいか教えてください! スウェーデンが誇るスホイキラー、多目的戦闘機「グリペンE」…特徴はステルス性能にあらず! 対テロ訓練にガチすぎる対物ライフルが登場…パトカーどころか装甲車が撃破されかねん!