1: SQNY ★
 《 米空軍に配備中の戦闘機の半数を占めるF15C「イーグル」は、大規模な改良なしには、ロシアの第5世代戦闘機スホイ57に対抗できない。米誌ナショナル・インタレストが伝えた。

 同誌に掲載の記事によると、スホイ57は現在、機動性と装備で世界の多くの戦闘機を上回る。F15Cは一方、スホイ57に対抗する性能を持つためには大規模な改良と新型兵器の搭載が必要だ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Sukhoi-Su-57
https://sptnkne.ws/mEVV
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1560743487/



海上自衛隊の「そうりゅう型潜水艦」に比べると「わが国の通常動力型潜水艦には何ら強みはない、だが・・」…中国メディア! ホンダ「シビックタイプR 」がオーストラリア警察に配備…日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい! 中国のステルス戦闘機J-20、ステルス性はF-22の100分の1しかない(RCS0.1㎡)と判明!
陸上自衛隊武器学校の三式中戦車(チヌ)はなぜ壊されず生き残ったのですか? 防衛大学卒業生の一割以上が任官拒否…学生には学費免除で月給とボーナスを支給! 陸上自衛隊がカワサキ製「汎用軽機動車」を導入…6両で約7700万円!

https://youtu.be/_22afMJDhyw


3: 七つの海の名無しさん
まともな車も作れない国が、どうして高性能な戦闘機作れるんだろ?

8: 七つの海の名無しさん
>>3
それが計画経済ってやつ
>>5
遠まわしにF15の改良版と大差ないってdisってるんだろう

26: 七つの海の名無しさん
>>3
力を入れてる分野が国ごとに違うから。
ロシア昔から航空宇宙と材料工学分野に秀でている。

4: 七つの海の名無しさん
F-22は余裕なんだろじゃF-22を販売すればいいだろう。

5: 七つの海の名無しさん
F-15Cみたいなオンボロでなく
無敵の戦闘攻撃機F-35Aを使えよ

6: 七つの海の名無しさん
F 15Eと比べて欲しかった

7: 七つの海の名無しさん
ロシア戦闘機のデザインは別格

27: 七つの海の名無しさん
>>7
あれを機能美だと思って無いよな?
マスの集中化が突き詰められていない

9: 七つの海の名無しさん
さすがにF-15Cは酷だろう

12: 七つの海の名無しさん
今更、F-15C未満の機体だったら産廃だろ
実際、Su-57はインドに受け取り拒否されてるがな
Su-57がミサイル躱すこと前提なのは辛い

13: 七つの海の名無しさん
空戦ってのは戦闘機だけで戦うわけじゃないから
単純な比較論は無意味じゃないかね
想定で全然変わってくるのが空戦だろう

低空での接近空中戦で「ミサイルはそれまで使わないのだ」という(ありえないw)想定での話なら
世界最強戦闘機はT38タロン練習機だ 
そのシチュエーションなら、運動性の悪い第5世代機なんかT38練習機に勝てやしない

電子妨害にIRSTも使っていい、さらに相手がIRST無い想定なら、
世界最強戦闘機(?)はEA18Gグラウラーだ

第5世代のステルス機でもIRSTには簡単に探知されるのに、ステルス機のレーダー探知は攪乱される
空戦に入るまでのアプローチで絶対有利なポジションを取られて負けてしまうわな

15: 七つの海の名無しさん
ロシアの軍事予算って、10兆円もないだろ。
兵器開発、生産、配備までのコスパは見習おう。

16: 七つの海の名無しさん
ロシアの最新式の戦闘機と70年代設計の戦闘機を比べられましても・・・
韓国の最新式の戦闘機だったらF15Cでもキルレシオ100対0だろ

17: 七つの海の名無しさん
垂直尾翼ちっちゃいね
双発エンジンだから旋回時は
左右の出力調整するのかもね?
しろーと判断ですいません^^

24: 七つの海の名無しさん
F-15CとSu-57が出会って戦闘状態に陥る可能性のある戦場ってどこにあるの?

28: 七つの海の名無しさん
第6世代機は
・現在の特定の周波数を対象にしたステルスではなく、もっと広範囲なステルス性能
・赤外線ステルス 背景熱放射と同期する技術(超難関)
・量子迷彩、いわゆる光学迷彩
が決め手っぽい

でも、それが第6世代の資格ってのなら、有人である必要性もないんだよな
無人機で電波・赤外線・光学ステルスを付与すればいいのだから

30: 七つの海の名無しさん
40年も前の機体と比べる方がおかしい
F35には到底勝てないと言っているのと同じだ
所謂、語るに落ちたと言う奴だ
纏まった数の配備出来るか分からん程度の機体だぞ

35: 七つの海の名無しさん
F15cだろ。
40年近く前の戦闘機を、後方支援の爆撃機として何とか再利用しようとしているだけでしょう。
それをロシアの最新の戦闘機と戦わせるのだから、むちゃくちゃな設定ですよ

37: 七つの海の名無しさん
F-22のステルスもSu-35のレーダーで無効化されるのが分かったから、
純粋な機動性と兵装、パイロットの腕で勝敗は決まる‥

43: 七つの海の名無しさん
ファントムじゃ、いかんのかい?

45: 七つの海の名無しさん
F-15は、
ジャマー強化すれば、スクランブル機としてまだまだいける
接敵しないといけないので

46: 七つの海の名無しさん
まぁ、1970年代にロールアウトしたF-15に負けるようじゃ、存在意義疑われても仕方ない。

49: 七つの海の名無しさん
Su-57に対峙するのはF-15じゃなくF-22/35だろ。
東側の自称第五世代機はRCS0.1~1ていどのエセステルスばかり。
真のステルス機であるF-22/35には対抗不能。
一方的に攻撃されて全滅するのが関の山のゴミだわw

50: 七つの海の名無しさん
>>49
個体の性能もさることながら、AWACSや地上のレーダー等とも連携した
ネットワーク機能が重要なのだが、

まともな戦争したこと無い中韓の連中はスパロボみたいに1vs1の対戦で強い弱いとか言ってる。

52: 七つの海の名無しさん
ドッグファイトなんて事実上やらないだろ
もはや機動性は意味ないんじゃね?

59: 七つの海の名無しさん
もうこんな戦闘機一機に金かけるより、ドローンの編隊作った方が強いんじゃないの?

61: 七つの海の名無しさん
ロシアの最新と旧態なF-15Cと比較するところがなんともw

62: 七つの海の名無しさん
これって予算回せって意味の記事かもな

66: 七つの海の名無しさん
ロシアも負けずにミグ21とF22で比較記事を書くんだ
予算増えるかもよ

68: 七つの海の名無しさん
スホイ57が何機あるんだよ
一台で20台も戦車を葬れるタイガー戦車が一握りいたとしても
T34-85が大量にあれば勝てるって、お前らが証明したことだろ




このブログの人気記事!

☆日本の最新鋭潜水艦「おうりゅう」が世界に先駆けリチウムイオン電池を搭載…事実上の次世代艦!

☆超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ!

☆SEALs(米海軍特殊部隊)訓練教官「不眠不休で訓練などさせない、怪我する。96時間後に4時間の睡眠時間を与える」!

☆超音速爆撃機からパイロットが安全に脱出、新し射出座席「ACES 5」の驚くべき仕掛け!

☆ロシアの最新鋭第5世代戦闘機Su-57の超低空飛行シーンを公開(動画)!

☆中国の軍事力は日本を越えているのに「なぜ恐れないのか」…中国メディア!

☆新型護衛艦を毎年2隻ずつ建造し、32年頃に22隻体制に…「尖閣」警戒監視を念頭!

☆海自の新型護衛艦「30FFM」に、国産のRWS(リモート・ウェポン・ステーション)を搭載!

☆住友重工がライセンス生産する軽機関銃「MINIMI」の価格、日本は327万円で米国(46万円)の約7倍!


長濱ねる1st写真集 ここから



大日本帝国陸軍の二式戦闘機「鍾馗」…当初の運用方法を間違っていましたかねえ! 「XF9-1エンジン」解説動画を公開…防衛装備庁! B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

中国の開発した「アンチステルス・レーダー」が日本の主力戦闘機F-35を無力化する? 「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究! 米陸軍の「二つ星」将官(少将)が射撃訓練に参加、奇妙な射撃フォームを披露し大炎上!
F-1戦闘機を改修して復帰させたい…何をどう改修したらいいか教えてください! スウェーデンが誇るスホイキラー、多目的戦闘機「グリペンE」…特徴はステルス性能にあらず! 対テロ訓練にガチすぎる対物ライフルが登場…パトカーどころか装甲車が撃破されかねん!