1: みつを ★
 《 米国が戦車など、台湾への20億ドル(約2200億円)余りの武器販売を目指す中、トランプ政権内では武器販売が中国との貿易協議に与える影響を巡り、意見が割れている。

 政権関係者3人によると、台湾に武器を販売すれば、月内に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(大阪サミット)で、 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1000x669_q95
https://jp.wsj.com/articles/SB11168026957026933972104585371992720213572 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560853215/



海上自衛隊の「そうりゅう型潜水艦」に比べると「わが国の通常動力型潜水艦には何ら強みはない、だが・・」…中国メディア! ホンダ「シビックタイプR 」がオーストラリア警察に配備…日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい! 中国のステルス戦闘機J-20、ステルス性はF-22の100分の1しかない(RCS0.1㎡)と判明!
陸上自衛隊武器学校の三式中戦車(チヌ)はなぜ壊されず生き残ったのですか? 防衛大学卒業生の一割以上が任官拒否…学生には学費免除で月給とボーナスを支給! 陸上自衛隊がカワサキ製「汎用軽機動車」を導入…6両で約7700万円!
3: 名無しさん@1周年
また国務省寄りと国防省寄りの対立か。

4: 名無しさん@1周年
やっぱり問題になったか
人民解放軍は中国共産党の私軍。中華民国国軍は台湾国民党の私軍で政権交代したら技術が中国へ渡る危険

6: 名無しさん@1周年
台湾を国家承認してもまだ五分五分なんだ

7: 名無しさん@1周年
いっそ台湾に米軍置いたら

8: 名無しさん@1周年
貿易の合意を目指すなら売るべきでは無いでしょうな…
アメリカは本当に正義の使者と
血に飢えたコンバットが同居した様な国ですな…

12: 名無しさん@1周年
トランプは穏健派だからな
トランプが大統領辞めれば状況は良くなると思ってるチンクは馬鹿すぎ

15: 名無しさん@1周年
トランプ自分から中国との仲断ってるのに中国との関係が~気にするんか

21: 名無しさん@1周年
対立しているのでは無く
売却した場合の影響を洗い出しているだけじゃね

24: 名無しさん@1周年
アメリカ国務省は同盟国や友好国の不信を買う政策を立案し、長期的にはアメリカの国益を
損なうことが多い。今の中国の傍若無人ぶりは、国務省のせいと言える。



このブログの人気記事!

☆映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!

☆フルオートって実際のところどんな時に使えって言われるの?

☆海自護衛艦「てるづき」と海上保安大学校練習船「こじま」との洋上交流や射撃訓練の様子!

☆国民を守った自衛官は、殺人や傷害で起訴される可能性が高い!

☆航空自衛隊三沢基地司令の今城空将補、LAST FLIGHT、恒例の水かけで祝福!

☆金正恩が運転する「高級ベンツ」を追い越した北朝鮮軍師団長の悲惨な末路!

☆戦艦大和の完全なレプリカを建造するのにいくらかかるの?


☆帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた!

☆海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!


第3偵察隊折りたたみコンテナ



大日本帝国陸軍の二式戦闘機「鍾馗」…当初の運用方法を間違っていましたかねえ! 「XF9-1エンジン」解説動画を公開…防衛装備庁! B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

中国の開発した「アンチステルス・レーダー」が日本の主力戦闘機F-35を無力化する? 「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究! 米陸軍の「二つ星」将官(少将)が射撃訓練に参加、奇妙な射撃フォームを披露し大炎上!
F-1戦闘機を改修して復帰させたい…何をどう改修したらいいか教えてください! スウェーデンが誇るスホイキラー、多目的戦闘機「グリペンE」…特徴はステルス性能にあらず! 対テロ訓練にガチすぎる対物ライフルが登場…パトカーどころか装甲車が撃破されかねん!