1: しじみ ★
 《 はるかな昔、地球から遠く離れた銀河で、謎の天体が宇宙に向けて爆発的な電波(電波バースト)を放射した。そのパルスを2018年9月、オーストラリア西部にある電波望遠鏡アレイがとらえた。電波バーストの持続時間はほんの数ミリ秒だったが、科学者たちはそれを遡った。そうして発生源をつる座の方向に約36億光年離れた銀河と特定、6月27日付けで学術誌「サイエンス」に発表した。

 天文学者たちは10年ほど前からこうした電波バーストを数多く観測してきたが、単発の電波バーストの発生源を特定することに成功したのは今回が初めて。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。
 
CSIRO_ScienceImage_2720_Parkes_Radio_Telescope
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/070800396/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562618292/



海上自衛隊の「そうりゅう型潜水艦」に比べると「わが国の通常動力型潜水艦には何ら強みはない、だが・・」…中国メディア! ホンダ「シビックタイプR 」がオーストラリア警察に配備…日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい! 中国のステルス戦闘機J-20、ステルス性はF-22の100分の1しかない(RCS0.1㎡)と判明!
陸上自衛隊武器学校の三式中戦車(チヌ)はなぜ壊されず生き残ったのですか? 防衛大学卒業生の一割以上が任官拒否…学生には学費免除で月給とボーナスを支給! 陸上自衛隊がカワサキ製「汎用軽機動車」を導入…6両で約7700万円!
34: 名無しさん@1周年
>>1
とうとう来たな

8: 名無しさん@1周年
高速って何が高速なの? 光速は一定なのに。

12: 名無しさん@1周年
>>8
発生してる時間が短い=はやい

11: 名無しさん@1周年
実は北の暗号通信だったりして

18: 名無しさん@1周年
この方向から来たぞとわかってもその先を見たところで
発信元があるわけじゃねえからな

22: 名無しさん@1周年
またまた、電子レンジからの発生源じゃないだろうな?

26: 名無しさん@1周年
デス・スターがそこにあるよ

27: 名無しさん@1周年
ワープの痕跡だろ

29: 名無しさん@1周年
あれは超新星を兵器にしたものさ

30: 名無しさん@1周年
生物がいる星に比べたら大した話じゃないだろう

40: 名無しさん@1周年
この宇宙はまさに瓶の中の蟻の巣でしかない。その瓶の持ち主が神と呼ばれ、その神の無意識な行動でいろんな現象が起きてるだけ
今回の事も神がライターで火を点けた程度の事だろ

45: 名無しさん@1周年
遠すぎて現実と違うのが観測されてる

47: 名無しさん@1周年
電波は反射とかしないの?
光は反射して場所わからないんでしょ?

48: 名無しさん@1周年
36億年前の電波やで

52: 名無しさん@1周年
新しい宇宙が生まれたんだよ
拡大して既に100光年の距離迄来ている。
恐らく人類は10光年の距離になるまで気付かない
しかもその時点から3年で地球は飲み込まれる

56: 名無しさん@1周年
“奴ら”からのメッセージだ

63: 名無しさん@1周年
電子機器の無い世界を見てみたい。

65: 名無しさん@1周年
スタートレック風に言うと
スキャンされてるんじゃね?

67: 名無しさん@1周年
異星人の兵器だよね
たまたま地球に向かって撃ったやつが検出される

68: 名無しさん@1周年
高速電波バースト‥似たような超小型電波バーストは脳の神経伝達回路にも一部関わり持っている

‥かも知れない、今思い付いた



このブログの人気記事!

☆イスラム国陣地に砲撃する米陸軍第1騎兵師団のM109A6「パラディン」自走砲…登場するのは全て女性砲兵!

☆ロシアのカラシニコフ社が、人工知能搭載の20トン級ロボット戦車を発表!

☆中国海軍が軽空母クラス(4万トン級)の強襲揚陸艦の建造を開始…米海軍「ワスプ級」に匹敵!

☆米連邦捜査局(FBI)が9・11当日の国防総省を写した壮絶な現場を初公開!


☆高性能偵察軽飛行機を武装化した偵察/軽攻撃機「MWARI」量産開始…Paramount Group!

☆アイアンフィスト2017訓練で無反動砲(B)初お披露目?西部方面普通科連隊って書いてるから借り物じゃないよね?

☆自衛隊って大規模紛争時の国民保護、例えば疎開のための移動とか、食料の供給とかのための備えはしてるの?

☆キモブサカッコいい電子戦機・電子情報収集機・電子戦訓練支援機に萌える方は居ませんか?


草野綾/恋しちゃったんやもん



大日本帝国陸軍の二式戦闘機「鍾馗」…当初の運用方法を間違っていましたかねえ! 「XF9-1エンジン」解説動画を公開…防衛装備庁! B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

中国の開発した「アンチステルス・レーダー」が日本の主力戦闘機F-35を無力化する? 「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究! 米陸軍の「二つ星」将官(少将)が射撃訓練に参加、奇妙な射撃フォームを披露し大炎上!
F-1戦闘機を改修して復帰させたい…何をどう改修したらいいか教えてください! スウェーデンが誇るスホイキラー、多目的戦闘機「グリペンE」…特徴はステルス性能にあらず! 対テロ訓練にガチすぎる対物ライフルが登場…パトカーどころか装甲車が撃破されかねん!