1: @くコ:彡 ★
 《 新華社電によると、中国の宇宙実験室「天宮2号」は19日午後9時(日本時間同10時)すぎ、大気圏へ再突入し、燃え残った残骸が南太平洋の予定海域に落下した。

 ただ同日夕には、共産党機関紙が「任務完成」を伝えた直後に、当局が「(まだ地球を回る)軌道上にある」と報道を否定するなど、情報が錯綜(さくそう)。昨年の「天宮1号」落下時に続く混乱となった。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

462bc33d00000578-5065253-image-a-107_1510244804902
https://sp.m.jiji.com/generalnews/article/genre/intl/id/2237389
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563552644/



海上自衛隊の「そうりゅう型潜水艦」に比べると「わが国の通常動力型潜水艦には何ら強みはない、だが・・」…中国メディア! ホンダ「シビックタイプR 」がオーストラリア警察に配備…日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい! 中国のステルス戦闘機J-20、ステルス性はF-22の100分の1しかない(RCS0.1㎡)と判明!
陸上自衛隊武器学校の三式中戦車(チヌ)はなぜ壊されず生き残ったのですか? 防衛大学卒業生の一割以上が任官拒否…学生には学費免除で月給とボーナスを支給! 陸上自衛隊がカワサキ製「汎用軽機動車」を導入…6両で約7700万円!



11: 名無しさん@1周年
え?
海に落下したんじゃないの?

13: 名無しさん@1周年
アンコントローラブル

15: 名無しさん@1周年
ぐるぐる回ってるから通信もできない(ドッキング実験に失敗して、ぶつけた;)
そもそも正確な軌道が把握できていない

どこに落ちるかは、運次第

18: 名無しさん@1周年
落ちた所が狙った所?

19: 名無しさん@1周年
天宮2号でなにか実験とかやったか?記憶にない。
打ちあげて落下ではなんのためにやってるのか分からんな。

20: 名無しさん@1周年
こんなんで有人で月に行こうとしているの・・?

21: 名無しさん@1周年
なんやそれ?
もしかしてアホなのか

22: 名無しさん@1周年
落下中に盛り返して元の軌道に戻ったのか

59: 名無しさん@1周年
>>22
大気圏で跳ね返ったとか。
それだと、ダメージ大きすぎて制御出来ないような気がする。

23: 名無しさん@1周年
え?また落下してくるの?
ちょっと制御どうなってるのさ

25: 名無しさん@1周年
他の優秀な国が監視してるでしょ

26: 名無しさん@1周年
地球軌道上でさえこれだよ。
38万キロ離れた月軌道上の宇宙船を月面の狙った地点に軟着陸させるなんて無理。
中国の月着陸も特撮だつたんだろ

27: 名無しさん@1周年
また1号のときと同様回転しちゃってるから方向が定まらず燃料噴射できないんだろ

28: 名無しさん@1周年
中国は一点豪華主義で派手な事もやるが、その代償として基礎がおざなりになってるな

34: 名無しさん@1周年
どうせ、打ち上げてもいないエアロケットだろ

39: 名無しさん@1周年
成功したときのためのリハーサルです

43: 名無しさん@1周年
少佐あああああぁぁぁぁぁぁああ!

44: 名無しさん@1周年
簡単に言うとうまく制御できないアル

46: 名無しさん@1周年
今回はかろうじて制御下で落下させられたんだな、
それでも汚染はありそうだが

48: 名無しさん@1周年
ミールやISSでも火災や減圧とか
トラブルだらけなのに
中国とかそのうち爆発するだろ
軌道上でw

49: 名無しさん@1周年
人類は恐怖した

51: 名無しさん@1周年
突入角度が浅いと飛び石みたいに大気でバウンドするんだっけ

56: 名無しさん@1周年
中国の宇宙施設って使い捨てるにしても毎回捨てるの早すぎない?

57: 名無しさん@1周年
大陸間弾道ミサイルの素材実験

60: 名無しさん@1周年
この天宮2号の落下事故が第三次世界大戦の引き金になろうとはこの時点では誰も気が付いていなかった

63: 名無しさん@1周年
結局自然落下だったわけだ



このブログの人気記事!

☆前進翼はロマン!

☆タイコンデロガ級から空母まで…米フィラデルフィア退役軍艦メンテナンス基地に多くの米艦艇が保管!

☆ロシア軍の装輪装甲車「タイフーン」…国防省が動画で様々なアビリティをアピール!

☆ドイツ戦車軍団に立ち向かった、旧ソ連の傑作中戦車「T-34」!

☆両腕からM240B機関銃の重量感を完全排除…米陸軍研究所の耐荷重外骨格「サードアーム」!

☆中国開発中の無人機「暗剣(DARK SWORD)」…世界初の第6世代戦闘機となる可能性!

☆サバイバルゲームに本物の戦車や攻撃ヘリが登場…ロシア軍が全面的サポート!

☆戦争映画「ランボー2 怒りの脱出」の魅力!

☆中国海軍、たった10年でめちゃくちゃ強大化していた!!!

☆ロシアの女性騎馬警官が日本人の心をつかむ…制服を着た女性の美しさとエレガントさ!


西野七瀬1stフォトブック



大日本帝国陸軍の二式戦闘機「鍾馗」…当初の運用方法を間違っていましたかねえ! 「XF9-1エンジン」解説動画を公開…防衛装備庁! B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

中国の開発した「アンチステルス・レーダー」が日本の主力戦闘機F-35を無力化する? 「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究! 米陸軍の「二つ星」将官(少将)が射撃訓練に参加、奇妙な射撃フォームを披露し大炎上!
F-1戦闘機を改修して復帰させたい…何をどう改修したらいいか教えてください! スウェーデンが誇るスホイキラー、多目的戦闘機「グリペンE」…特徴はステルス性能にあらず! 対テロ訓練にガチすぎる対物ライフルが登場…パトカーどころか装甲車が撃破されかねん!