1: SQNY ★
 《 米国防情報局(DIA)長官のロバート・アシュリー中将は、ロシアを米国の短期的脅威、中国を長期的脅威とした。

 アシュリー中将は米コロラド州のアスペンで開催中の安全保障フォーラムに出席し、ロシアと中国のどちらが米国にとってより高い脅威をなしているかとの質問に対し、ロシアを米国の短期的脅威、中国を長期的脅威とした。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

67118143_2391903851052357_1689106982776078336_o
 https://sptnkne.ws/7CgY
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1563633068/




ノルマンディー上陸作戦で活躍したダミー戦車などの欺瞞兵器! 「防衛費2倍なら中国に屈したほうがよい」…識者! ロシア第5世代戦闘機Su-57の主翼破壊実験の映像が公開、許容レベルの104%で破壊…スホイ設計局!
サムソンが米国防総省向けに開発した、ステルスモード搭載の軍用スマホ「Galaxy S20 TE」を発表! 「3キロ先の標的に銃弾をズバリ命中させる方法」…現役の米軍スナイパーに聞いた! 米企業が海自護衛艦「いずも」に電磁式カタパルトを装備する改造案…F-35CやE-2D運用を提案!
2: 七つの海の名無しさん
ロシアは核自爆テロで世界を道連れにするってか

3: 七つの海の名無しさん
なんでソ連崩壊時に核放棄させなかったんだよ。

4: 七つの海の名無しさん
本当は逆だったり

5: 七つの海の名無しさん
>>4
ロシアはもうエネルギーしか売り物がない
兵器も劣化中

7: 七つの海の名無しさん
アメリカは日本を追いこんで真珠湾攻撃されたトラウマがあるからね

9: 七つの海の名無しさん
そりゃあ万全な体制のときに窮地に追い込めば取れる手段ありすぎるから脅威だろ

10: 七つの海の名無しさん
あ···ツァーリボンバか···

11: 七つの海の名無しさん
ぶっちゃけ暴発の可能性のある北朝鮮イランの方がよっぽど危険だと思うんだが
ロシアは腐っても核兵器を民間人に対して使用した唯一の国である米国と核戦争にならない為に
これまでもさまざまな根回しをしてきたけど
正直北なんかがそういう配慮できるとは思えない

15: 七つの海の名無しさん
いまはプーチンが何とか取り繕ってるけど彼が死ねばどうなることやら

25: 七つの海の名無しさん
不確実性が高まっていることはひしひしと感じている
世界大戦が見えて来ていることは情けなく残念な限り

26: 七つの海の名無しさん
どっかで戦争があるよ。それがどこで、誰かって事で。
アメリカはどこでも絡む。21世紀の覇権争いが始まってる。

27: 七つの海の名無しさん
とりあえず中国は萎ませとかないといけない

30: 七つの海の名無しさん
アメリカは戦いやすい国としか戦争しない宣言だよなw

イランの次はトルコで、その次はベネズエラなんだろ?

31: 七つの海の名無しさん
このままだとロシアはシベリアをずるずると中国に奪われ、中央アジアなどの意外な場所から国籍不明の攻撃を受けて、ヨーロッパの小国に落ちるようなことになってしまうのではないか?

32: 七つの海の名無しさん
中国にとって一番簡単に攻略できる漢字使いの国は



このブログの人気記事!

☆日本も本格的な病院船の導入を、自然災害多発で高まる必要性!

☆ロシアの装甲車両プラットフォーム「アルマータ」にトイレを装備…最新鋭戦車T-14は世界で唯一の戦後第3世代戦車!

☆第5世代機にはない第6世代機の必須条件とはなんだろうか?

☆シンガポール海軍が発注したドイツ製218SG型潜水艦「インヴィンシブル」の進水式…X型操舵翼を採用!

☆ロシア軍がシリア内戦で鹵獲した兵器などを満載した特別列車、各地で住民展覧会を実施!

☆「ロンギヌスの槍」か?米軍が密かに開発する超兵器「神の杖」の正体とは!

☆中国のJ-31ステルス戦闘機、開発費回収には100機売却が必要も、自国軍は興味示さず!

☆タイ軍が中国から輸入したVT-4主力戦車部隊の訓練を公開!

☆尖閣諸島で日中開戦、「僅か5日間」で自衛隊を壊滅…米国に見捨てられる驚愕のシナリオ!


大容量防水戦術バックパック



なぜ韓国は次期駆逐艦(KDDX)を自主開発するのか?中国専門家は「日本のイージス艦との距離を縮めるため」! 先祖は「武士」か「庶民」か?名前で判断できる「戸籍読取」! 対地専用攻撃機「AC-130J ゴーストライダー」に搭載した高エネルギーレーザー兵器のテストを実施!

第1次世界大戦時代の最高の兵器ランキングを発表…ロシアメディア! 防衛装備庁、海自救難飛行艇「US-2」の後継機を開発へ…技術検討役務を公示! 世界でもっともダサい航空機…艦上対潜哨戒機「フェアリーガネット」の魅力!
前進翼を装備したあり得ない戦闘機「グラマン X-29」…安定性を犠牲にしてまで機動性を手に入れた形! 
北朝鮮の弾道ミサイルをF-35ステルス戦闘機で撃墜…米防衛構想の勝算! 東京都心の精密3Dマップデータが中国に流出…ミサイルの飛行ルート選定にも利用可能!