1: みつを ★
 《 パラオ ペリリュー島西太平洋戦没者の碑での献花  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Peleliu_USMC_Photo_No._2-15_(21332198548)
https://twitter.com/konotarogomame/status/1158821562188881921?s=21
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565119645/



海上自衛隊の「そうりゅう型潜水艦」に比べると「わが国の通常動力型潜水艦には何ら強みはない、だが・・」…中国メディア! ホンダ「シビックタイプR 」がオーストラリア警察に配備…日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい! 中国のステルス戦闘機J-20、ステルス性はF-22の100分の1しかない(RCS0.1㎡)と判明!
陸上自衛隊武器学校の三式中戦車(チヌ)はなぜ壊されず生き残ったのですか? 防衛大学卒業生の一割以上が任官拒否…学生には学費免除で月給とボーナスを支給! 陸上自衛隊がカワサキ製「汎用軽機動車」を導入…6両で約7700万円!





3: 名無しさん@1周年
パラオ島ってアメリカ軍の上陸あったんだっけ??

ペリリュー島の戦いは有名だけど。

4: 名無しさん@1周年
>>3
まぁ先にいた日本侵略兵と
上陸したアメリカ兵の戦闘ってだけだけどな。

6: 名無しさん@1周年
クェゼリン環礁とかも行ってあげて欲しい

10: 名無しさん@1周年
ペリリューばかり多いよな

11: 名無しさん@1周年
>>10
ペリリューの戦いは圧倒的な戦力差がありながら、死傷者数(兵士欠員数)がほぼ同数となって。それから日本の防衛戦略に大きな影響を与えた戦いなんだよね。 水際防衛から縦深防衛への転換が初めて本格的にも図られた戦い。

有名な硫黄島の戦いもペリリューの戦いを模倣し強化した戦略を用いてて、それで今度はアメリカの方が死傷者数が多くなった。

これは真珠湾奇襲によって飛行機の時代になったくらいの大きな影響で。飛行機も戦艦も空母も潜水艦も機関銃も野砲も何もなくても、圧倒的優位なアメリカの方が大きな被害を出させる事ができるからね。

でも戦況を覆すまでには至らなかったけど。

13: 名無しさん@1周年
量産型船坂弘がもう一体配備されてれば司令部急襲が成功して勝ててた。

16: 名無しさん@1周年
激戦地ほど、現在とても美しいよな

18: 名無しさん@1周年
海軍はちゃんと総括して反省しろよ

27: 名無しさん@1周年
アメリカの海兵隊第一師団が壊滅したのは歴史上ここだけ

40: 名無しさん@1周年
ほう・・・ほう・・・ほう・・・
これは狙ってる w
歴史問題、主権性での政府方針、外交方針もあるかも知れんがね。

43: 名無しさん@1周年
開発するのも畏れ多いから綺麗なまま自然が残った

45: 名無しさん@1周年
アマゾンプライムとか配信されてる「ザ・パシフィック」はペリリュー島の戦いや硫黄島の戦いなどを描いたアメリカドラマでオススメ。

49: 名無しさん@1周年
大和民族の存亡のために命をかけて戦った人がいるから今の日本があるわけで英霊や戦争を批判する人は、自分が存在するは、英霊が戦ってくれたから生き残ることが出来たことを感謝すべき

52: 名無しさん@1周年
Nスペのペリリュー島録画したけど怖くてまだ見ていない

62: 名無しさん@1周年
スピルバーグのザ・パシフィックでも多目に割かれてた戦闘
ペリリュー戦 サンゴ礁で出来た島なんだよな 合掌



このブログの人気記事!

☆ボーイングよりアパッチ攻撃ヘリ高速化モデルの提案…スタブウイングの大型化?と推進用テイルローターが特徴!

☆遠隔武器システムを装備したオーストラリア陸軍の「Hawkei」軽装甲車!

☆空自F-15J主力戦闘機でさえ「共食い整備」状況で稼働率が大幅低下…T-4練習機などは、故障すると倉庫に置かれたままに!

☆ロシア海軍最新のステレグシュチイ級(20380型)フリゲートが太平洋艦隊に配備へ!

☆もし日本が核兵器を持ったら米国に報復するのか?「きっとする」…中国メディア!

☆遠隔武器システムを装備したオーストラリア陸軍の「Hawkei」軽装甲車!

☆ボクサーはドイツ・オランダの多目的装甲装甲戦闘用車両で、設置可能なミッションモジュールを使用して多数の操作を行うように設計!

☆航空自衛隊でパイロットの免許とる→速攻辞める→民間。これが最強の出世コースな

☆NATO軍多国籍演習での珍しい一コマ、総重量72トの米陸軍M1150が移動中に側溝はまる!


BUBKA (ブブカ)



大日本帝国陸軍の二式戦闘機「鍾馗」…当初の運用方法を間違っていましたかねえ! 「XF9-1エンジン」解説動画を公開…防衛装備庁! B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

中国の開発した「アンチステルス・レーダー」が日本の主力戦闘機F-35を無力化する? 「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究! 米陸軍の「二つ星」将官(少将)が射撃訓練に参加、奇妙な射撃フォームを披露し大炎上!
F-1戦闘機を改修して復帰させたい…何をどう改修したらいいか教えてください! スウェーデンが誇るスホイキラー、多目的戦闘機「グリペンE」…特徴はステルス性能にあらず! 対テロ訓練にガチすぎる対物ライフルが登場…パトカーどころか装甲車が撃破されかねん!