1: しじみ ★
 《 1971年9月27日、北極海にある現ロシア領ノヴァヤゼムリャ島で核実験が行われた。激しい振動は地球の奥深くへ伝播し、内核(内部コア)で跳ね返ると、島から6500キロ離れた米モンタナ州の地震計に達した。さらに3年後、ほぼ同じ場所で2回目の核実験が実施され、やはりモンタナ州の地震計が信号をキャッチした。

 冷戦時代、東西の緊張が高まるなか何度となく繰り返された核実験。それによって生じた地震波の記録は現在、地質学者に極めて有益な情報をもたらしている。地球内核の回転速度が、核実験の記録からわかるというのだ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Operation_Upshot-Knothole_-_Badger_001_8
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/090400514/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567895917/



米空軍がレーザー兵器によるミサイル撃墜試験に成功、小型化し21年にF-15戦闘機に搭載を計画…空中戦の様相は一変! 三菱重工業が海自向けに開発中の多任務フリゲート艦30FFM…円形CICを採用! 「F-22が見たかったんだ」…米軍嘉手納基地を一望できる「道の駅かでな」が中国人観光客に大人気!
「何か秘密兵器が隠されているはず」…堀と石垣に囲まれた福井県庁は、まるで難攻不落な要塞のよう! 世界最大級の重輸送ヘリコプターMi-26が41「歳」に…現在も改良を重ね第一線で活躍中! イスラエルのIWI社が新型突撃銃を発表、非ブルパップでないCarmelシリーズ5.56mmライフル!



7: 名無しさん@1周年
いつかとまるんだろ
そしたら火星みたいな惑星になる

8: 名無しさん@1周年
>内核は鉄の塊で、それを取り巻く外核はドロドロに溶けた液体金属でできている

これは本当のことなのか?
高圧力下の物質の状態が、塊とか液体金属とかの表現でOKなのか?
検証の実験結果はあるのか?
と、突っ込みを入れておくか

9: 名無しさん@1周年
日本の南の太平洋の海水温が2度くらいあがってるらしいな
今年中に南海トラフくるかもしれん

10: 名無しさん@1周年
磁場がなくなったら人類は滅ぶんだな

16: 名無しさん@1周年
こんな設定って誰が考えたんだ
神様も居なくて自然に出来たんなら怖すぎる

18: 名無しさん@1周年
内核と地表では時間の流れ方が違う

19: 名無しさん@1周年
おもしろいね
旧ソ連の核実験データから解明ってのが

21: 名無しさん@1周年
中心にマイクロブラックホールがあるらしいいからな

25: 名無しさん@1周年
実はこの世界の設計者は人間らしいよ
だって24時間でちょうど地球が1周するんだぜ
おまけにちょうど0度で水が凍るんだぜ
どう考えても設計者やろ

27: 名無しさん@1周年
地球内部は石油を生成して地表に送り出してる
地球内部が速度が速いなら、当然その間に摩擦熱が発生する
エネルギーが表面からロストしていけば、当然同じスピードになる
しかし、何億年もそうなっていないってことは、何かしらのエネルギー源があって
地球内部を加速しているってことになる

高温高圧下の核変換エネルギーを疑うべき

28: 名無しさん@1周年
コアは時々回転方向を変える

30: 名無しさん@1周年
月の引力が地球の地殻やマントルを引っ張ってるから、
内核と速度差が生じるんだよ。

31: 名無しさん@1周年
外殻は鉄が溶ける温度でその中に鉄があるって分からん
そんなに熱いんなら内核も溶けるやん?

32: 名無しさん@1周年
無限の材料と無限の時間があるなら適当にかき回してればそれなりのものができるのは理解できる
人間のスケールで考えるからダメなんだよね

35: 名無しさん@1周年
はやく回転してるんじゃなくて、外側が遅れて付いてくんでしょ?

46: 名無しさん@1周年
>>35
多分それ
潮の満ち引きや潮汐発電で奪われたエネルギーがここに来る

39: 名無しさん@1周年
加速してんのか減速してんのか

51: 名無しさん@1周年
まあ重力の分布で考えたらそうだろう
外皮なんてコアに付き合ってるだけだからな
極端に言えば大気と同じ
でもこのデータってプレートの移動とかも考慮してるのか
核実験てそれほど多くの地域で行われた訳ではないだろう

52: 名無しさん@1周年
もっと実験を繰り返さないと

58: 名無しさん@1周年
内核の中に液体の部分があんだろな

61: 名無しさん@1周年
ザ・コア 

ザ・コア(吹替版)
アーロン・エッカート


63: 名無しさん@1周年
コアが地面より早く自転するから、一年後に同じ面が地面の同じ場所にこない
理解しづらい

65: 名無しさん@1周年
当時はGPS無いから正確な時間軸分析できんはず

66: 名無しさん@1周年
地球という天体の正体は矮星なシロモノにぶ厚い天蓋が覆い被さっているようなものだ。

内部コア
球体半径は地下5100~6378kmの位置、体積87億4341万6578立粁、
気圧350万hPa、温度5700~6000℃、鉄の流体、体心立方格子構造BCC

熱交換ヒーポン
スーパーコールドプルームで核融合向き各元素を燃料供給
スーパーホットプルームで太陽のフレアやプロミネンスのように熱排出

重力井戸ポテンシャル
ロシュ高度12756km、カーマンライン高度100km

68: 名無しさん@1周年
地底人はコアのうえに住んでるの?

86: 名無しさん@1周年
>>68
マントルと内核外核はアベの嘘で地底人は地殻の裏に棲んでるって設定

75: 名無しさん@1周年
東富士演習場で自衛隊が富士山山腹に大砲撃つと
富士山反対側の実家で音と振動がある
噴火誘発するぜ

80: 名無しさん@1周年
核の熱がどこから来てるのかよく分からんね
地球が誕生して数億年かけて放射で段々冷えていくはずでしょ

マントルまで穴掘ってエネルギー取り出せたらいいのに

89: 名無しさん@1周年
>>80
熱源はウランとかの崩壊熱と考えられてる
地球が出来た当初は中心まで液体だったけど、冷えて固体の内核が出来たと考えられてる

85: 名無しさん@1周年
ロケットを飛ばし過ぎて地表の回転にブレーキがかかっている

88: 名無しさん@1周年
地下帝国作ったら混雑緩和するかな

93: 名無しさん@1周年
全ての物質は鉄になるために存在してるんだっけ

96: 名無しさん@1周年
だから地磁気は自転によるものだと考えられる
太陽みたいにどろどろしてた頃は違ってたはずだが

97: 名無しさん@1周年
コアが止まったら急に何か影響でるもんなのか、徐々に影響が出始めるのか。そもそも何に影響するんだ?

100: 名無しさん@1周年
液体金属の海との摩擦で回転止まるんじゃないの
重力で凄まじい摩擦が起きると思うんだけど

101: 名無しさん@1周年
映画「ザ・コア」を見れば、この手の内容に詳しくなるよ
気になる人は見てみよう

103: 名無しさん@1周年
永久機関なわけないしいつかは止まるよな



このブログの人気記事!

☆アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦、フライトⅢの建造も控えこのまま半世紀くらい建造が続きそうな勢い!

☆「どうやってJ-20戦闘機に対抗すれば」、F-35トラブルで日本のパイロットが悲嘆…中国メディア!

☆軽巡洋艦と駆逐艦の違いって何だよ…両方とも雷撃できるし軽巡でよくね?

☆中国軍が戦闘ヘリコプターWZ-10による海上からの低高度侵入訓練を実施!

☆ボーイング社が攻撃ヘリ「AH-64E アパッチ ガーディアン」の後継機を発表!

☆B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

☆退役したB-52H爆撃機「ワイズガイ」が米空軍機の墓場から連れ戻され現役復帰…1960年代初頭に建造!

☆中国が開発中の超音速ステルス爆撃機「JH-XX」は迎撃不可能!

☆米空軍のアグレッサー飛行隊がデジタル迷彩塗装したF-16戦闘機を公開…ロシアのSu-57塗装と酷似!


GARMIN 米国防総省MIL規格




アメリカがF-15戦闘機の最終進化形「スーパーイーグル」を購入するかも? 尖閣諸島で日中開戦、「僅か5日間」で自衛隊を壊滅…米国に見捨てられる驚愕のシナリオ! セルビア軍に初導入された装甲兵員輸送車「Lazar 3」…内務省部隊でも使用!

新タイプ電磁砲兵器(レールガン)「SAHI209」のテスト射撃…トルコの防衛企業YET! 米軍の星条旗パッチが反転してつけられている理由とは? 米空軍のA10サンダーボルトII対地攻撃機が未舗装の自由着陸帯に着陸…多様な環境での運用可能!
航空自衛隊の国産練習機「T-4」終了か?ボーイングが次世代超音速ジェット練習機「TX」を日本に売り込み攻勢! 韓国空軍がA330-MRTT空中給油機ての訓練を公開、F-16KとF-15K戦闘機に給油! 中国に輸送中のロシア製長距離対空ミサイル「S-400」、船が嵐に遭いミサイルがすべて廃棄