1: KingFisherは魚じゃないよ ★
 《 キューバの首都ハバナに駐在していた米国とカナダの外交官らが原因不明の体調不良を訴えていた問題で、キューバの研究者が殺虫剤が原因だったのかを解明するための調査に協力している。

 この問題に関する学会で明らかになった。当初は超音波兵器による攻撃が疑われていた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

800px-Havana-15_(30896862077)
https://www.afpbb.com/articles/-/3271429
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583341634/




ノルマンディー上陸作戦で活躍したダミー戦車などの欺瞞兵器! 「防衛費2倍なら中国に屈したほうがよい」…識者! ロシア第5世代戦闘機Su-57の主翼破壊実験の映像が公開、許容レベルの104%で破壊…スホイ設計局!
サムソンが米国防総省向けに開発した、ステルスモード搭載の軍用スマホ「Galaxy S20 TE」を発表! 「3キロ先の標的に銃弾をズバリ命中させる方法」…現役の米軍スナイパーに聞いた! 米企業が海自護衛艦「いずも」に電磁式カタパルトを装備する改造案…F-35CやE-2D運用を提案!





15: 名無しさん@1周年
>>1
この神経毒はキューバ人には抵抗力が有るという事か

24: 名無しさん@1周年
>>15
アメリカとカナダの大使館員がジカ熱に怯えてて、アメリカとカナダの大使館に必要以上に撒かせてた

6: 名無しさん@1周年
コオロギの鳴き声じゃないの?

23: 名無しさん@1周年
>>6
音はコオロギの鳴き声
でも脳の一部が萎縮していたから、その原因は何かって調べてた
カナダの研究機関が特定の殺虫剤を慢性的に浴びたときの症状に当てはまることを見つけた
そして、ジカ熱対策で大使館に撒いてたこともわかった

35: 名無しさん@1周年
>>23
あーなるほど!詳しくありがとう。
話はそんな方向に進んでいたのか…

コオロギの出す騒音で精神がやられているのでは?って所で自分の情報が止まってたから助かる

11: 名無しさん@1周年
おれは寝床に着くと耳の周りでセミがじージ、蚊がブンブンとうるさくてしょうがない。

19: 名無しさん@1周年
米兵によく効く!シュッとひと吹き!

30: 名無しさん@1周年
殺虫剤は人体に影響ないんじゃなかったのかよ

34: 名無しさん@1周年
なんで根拠をわざわざエビデンスと言い換えるんだろう(´・ω・`)

37: 名無しさん@1周年
密閉型大使館は危ない
毎日窓を開け空気の入れ替えしないと身体に悪い

38: 名無しさん@1周年
で、アメリカはキューバにごめんなさいするんだよな?

41: 名無しさん@1周年
殺虫剤を用いた攻撃とは考えないのかね?

42: 名無しさん@1周年
あれって寄生虫じゃなかったのか それと薬害が併発したんだったかな

45: 名無しさん@1周年
耳鳴りが始まったのは夏だったなぁ
ワンプッシュ殺虫剤を疑った方がいいのか

47: 名無しさん@1周年
もう、最近はなんでもコロナですよ

54: 名無しさん@1周年
超低周波だと思う
風力発電所の側でも似た被害がある

58: 名無しさん@1周年
キューバ国民や他の人には影響ないのに
米加の大使館関係にだけ発生してるのが殺虫剤じゃ説明つかない

61: 名無しさん@1周年
そんなバナナ症候群



このブログの人気記事!

☆これが力技か…軽装甲機動車(LAV)に銃座をロープで固定!

☆ステルス戦闘機の攻撃力が2倍に!レイセオン社の新型中射程空対空ミサイル「ペレグリン」…現行製品の半分サイズ

☆中国軍事パレードに登場した新型小銃…普通やな!

☆チェコスロバキアの軍需企業が、152mm自走榴弾砲の最新型「DANA M2」を開発!

☆米歴史研究家がシミュレーション「統一朝鮮が日本侵略戦争開始も」…政治・経済的混乱から自暴自棄になり!

☆世界最恐の特殊部隊は一体どこ…米軍事ポータルがトップ10を発表!

☆100億円戦闘機を叩き潰す10万円(ヤマダ電機で買えるような安価)ドローンとは!

☆中国軍事パレードに登場した新型ヘリ「直-20」…米UH-60ブラツクホークのコピー!

☆中国の軍事力は世界2位なのに、日本は何故かまったく恐れていない…中国メディア!


十味1st写真集



なぜ韓国は次期駆逐艦(KDDX)を自主開発するのか?中国専門家は「日本のイージス艦との距離を縮めるため」! 先祖は「武士」か「庶民」か?名前で判断できる「戸籍読取」! 対地専用攻撃機「AC-130J ゴーストライダー」に搭載した高エネルギーレーザー兵器のテストを実施!

第1次世界大戦時代の最高の兵器ランキングを発表…ロシアメディア! 防衛装備庁、海自救難飛行艇「US-2」の後継機を開発へ…技術検討役務を公示! 世界でもっともダサい航空機…艦上対潜哨戒機「フェアリーガネット」の魅力!
前進翼を装備したあり得ない戦闘機「グラマン X-29」…安定性を犠牲にしてまで機動性を手に入れた形! 
北朝鮮の弾道ミサイルをF-35ステルス戦闘機で撃墜…米防衛構想の勝算! 東京都心の精密3Dマップデータが中国に流出…ミサイルの飛行ルート選定にも利用可能!