1: 尊=読子=千秋=リードマン ★
 《 ポーランドとイスラエルの物理学者が新方式の蛍光顕微鏡を開発した。回折限度を4倍上回る前例のないパフォーマンスで生物学的対象を見ることが可能になる。開発の詳細が「Optica」誌に掲載された。

 蛍光顕微鏡方式は現在、生物学的な可視化において積極的に利用されている。ただし制限があるのも否めない。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

895
https://jp.sputniknews.com/science/202010257878912/
引用元: ・https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1603631788/




ノルマンディー上陸作戦で活躍したダミー戦車などの欺瞞兵器! 「防衛費2倍なら中国に屈したほうがよい」…識者! ロシア第5世代戦闘機Su-57の主翼破壊実験の映像が公開、許容レベルの104%で破壊…スホイ設計局!
サムソンが米国防総省向けに開発した、ステルスモード搭載の軍用スマホ「Galaxy S20 TE」を発表! 「3キロ先の標的に銃弾をズバリ命中させる方法」…現役の米軍スナイパーに聞いた! 米企業が海自護衛艦「いずも」に電磁式カタパルトを装備する改造案…F-35CやE-2D運用を提案!



2: Ψ
クオークとか見れるの?

3: Ψ
ひも理論のひもが見える

4: Ψ
解像度の限界がないとは? 意味がよく分からんな。

13: Ψ
>>4 解像度の限界がないとは? 意味がよく分からんな。

恐らく、数学的な意味だよ。
実際は、顕微鏡の解像度を超えて拡大画像をみると、急に像がぼやけ始める。

要するに、「不確定性原理」が目で見えるだろう。

5: Ψ
光学顕微鏡の場合、
光の波長より小さいものは見えないはずなんだけど(笑)

6: Ψ
ニコン・・・大丈夫か?漏れた漏らしたか
頼むぞ最先端テクノロジーを

9: Ψ
理論的には無限でも実装4倍やないけ

10: Ψ
馬鹿だな、顕微鏡に限界がなくても
人間の眼には限界があるのに


このブログの人気記事!

☆これが力技か…軽装甲機動車(LAV)に銃座をロープで固定!

☆ステルス戦闘機の攻撃力が2倍に!レイセオン社の新型中射程空対空ミサイル「ペレグリン」…現行製品の半分サイズ

☆中国軍事パレードに登場した新型小銃…普通やな!

☆チェコスロバキアの軍需企業が、152mm自走榴弾砲の最新型「DANA M2」を開発!

☆米歴史研究家がシミュレーション「統一朝鮮が日本侵略戦争開始も」…政治・経済的混乱から自暴自棄になり!

☆世界最恐の特殊部隊は一体どこ…米軍事ポータルがトップ10を発表!

☆100億円戦闘機を叩き潰す10万円(ヤマダ電機で買えるような安価)ドローンとは!

☆中国軍事パレードに登場した新型ヘリ「直-20」…米UH-60ブラツクホークのコピー!

☆中国の軍事力は世界2位なのに、日本は何故かまったく恐れていない…中国メディア!


タクティカルポーチ



なぜ韓国は次期駆逐艦(KDDX)を自主開発するのか?中国専門家は「日本のイージス艦との距離を縮めるため」! 先祖は「武士」か「庶民」か?名前で判断できる「戸籍読取」! 対地専用攻撃機「AC-130J ゴーストライダー」に搭載した高エネルギーレーザー兵器のテストを実施!

第1次世界大戦時代の最高の兵器ランキングを発表…ロシアメディア! 防衛装備庁、海自救難飛行艇「US-2」の後継機を開発へ…技術検討役務を公示! 世界でもっともダサい航空機…艦上対潜哨戒機「フェアリーガネット」の魅力!
前進翼を装備したあり得ない戦闘機「グラマン X-29」…安定性を犠牲にしてまで機動性を手に入れた形! 
北朝鮮の弾道ミサイルをF-35ステルス戦闘機で撃墜…米防衛構想の勝算! 東京都心の精密3Dマップデータが中国に流出…ミサイルの飛行ルート選定にも利用可能!