1: どこさ ★
 《 (略) アジアの海軍力のバランスは大きく変化している。過去10年間、中国海軍は艦隊の規模、総トン数、火力などで海自を追い抜いた。
 中国政府の海軍に対する信頼も、以前には見られなかったほど高まっている。中国は日本の国家意思を自由にできる手段と能力を自国の海軍力が有していると確信していて、北京が暴力を使って脅威(例えば日米同盟)に対抗する可能性を高めている。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。
694d3a60
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62878 
引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605243294/




ノルマンディー上陸作戦で活躍したダミー戦車などの欺瞞兵器! 「防衛費2倍なら中国に屈したほうがよい」…識者! ロシア第5世代戦闘機Su-57の主翼破壊実験の映像が公開、許容レベルの104%で破壊…スホイ設計局!
サムソンが米国防総省向けに開発した、ステルスモード搭載の軍用スマホ「Galaxy S20 TE」を発表! 「3キロ先の標的に銃弾をズバリ命中させる方法」…現役の米軍スナイパーに聞いた! 米企業が海自護衛艦「いずも」に電磁式カタパルトを装備する改造案…F-35CやE-2D運用を提案!





61: ニューノーマルの名無しさん
>>1
コレって統計上のハナシだろ?
ホントのトコロ、中国軍は一人っ子兵士ばかりだから
いざ戦いが始まったら、みんな「お腹が痛いアル!」とか、ウソかまして
逃げちまうから、日本の楽勝じゃね?

77: ニューノーマルの名無しさん
>>61
その為にミサイルだけで数分で日本壊滅できる戦力をととのえたんだろ。

89: ニューノーマルの名無しさん
>>1
かもしれんなぁ
どういうところを指しているのか今一つだけど
海上の飽和戦術ってもう古い戦法だとは思ってる

190: ニューノーマルの名無しさん
>>1
日本は軍備が甘すぎるからな
中国に追い越されてものんきな物だ

2: ニューノーマルの名無しさん
とっくの昔に抜かれてるわ
ロシアも抜いて中国と米国の二強だろ

3: ニューノーマルの名無しさん
中国軍って20世紀まで陸・空・海は8:2:0だった
今さら世界制覇のため海軍増強しても
列強の海軍とは数十年以上の
下手したら百年近い開きがある
この溝は永久に埋まらない

まあ継続して警戒する必要はあるけど

146: ニューノーマルの名無しさん
>>3
ちゃんと今の現実を見ろ
質物量とも圧倒されている
米軍の助けが無いと負ける
そして日本が望まずとも戦争は
避けられない

7: ニューノーマルの名無しさん
中国に機雷処理出来るの?

10: ニューノーマルの名無しさん
数だけはとりあえず抜かれてるよ
中国にすれば、ライバルだと意識をはじめて25年くらいかかったわけだが

11: ニューノーマルの名無しさん
海軍を維持できればな
中国のはったりに大げさに付き合うのは正しい
しかし、中国の野心を国際社会は知っている
香港があれば騙せたのにそのカードを失った

12: ニューノーマルの名無しさん
素人質問だけど
練度はどうなの?
中国海軍って合同演習してくれる国あるの?
日本は世界最高の米国海軍と頻繁に演習してるけど

24: ニューノーマルの名無しさん
>>12
練度抜群の日本海軍は、ミッドウェイで大負けしちゃった。
戦争だけはやらないと解らないねえ・・

50: ニューノーマルの名無しさん
>>12
練度が高くても司令官や指揮系統がダメだと悲惨

65: ニューノーマルの名無しさん
>>12
南シナ海でブイブイ言わせてんだろ

152: ニューノーマルの名無しさん
>>12
中共の単位時間当たりの訓練時間は、既に海自を追い抜いている
ペンタゴンが、台湾守備に米軍を加えても台湾は獲られる、
という結果を数ヶ月前に出している
そのくらい逼迫している



13: ニューノーマルの名無しさん
尖閣のついでに海上自衛隊が壊滅させられなければ日本は何も変わらないだろうなー
再起の機会があればいいな…

15: ニューノーマルの名無しさん
防衛ができるくらいは戦力増やせよ・・・

16: ニューノーマルの名無しさん
勝てると思って負けたのが日中戦争
まぁさすがに今は日本単独では厳しそうだけど
米軍居なければ尖閣取りに行ってるでしょ

19: ニューノーマルの名無しさん
毎月駆逐艦作ってるからな
日本じゃ毎年2隻がやっと これが現実

22: ニューノーマルの名無しさん
大切なのは何をおいても物量と兵器の質。
それ以外のところで勝てば良いと思うのは竹槍でB29に立ち向かう根性論に過ぎない

25: ニューノーマルの名無しさん
もうとっくに追い抜かれてるだろw

30: ニューノーマルの名無しさん
「中国軍は○○出来ない」「××出来ない」
てのは全部希望的観測に過ぎなかったんだな

34: ニューノーマルの名無しさん
サイバーでも完全に負けてるからな
下手したら既に日本側の情報全部筒抜けまである

35: ニューノーマルの名無しさん
質より量だからなあ、、、
数の暴力は抗しがたい

39: ニューノーマルの名無しさん
潜水艦と対戦能力で海自の圧勝だろう

42: ニューノーマルの名無しさん
流石に戦力では中国完全勝利だわな
人数も資源も資産も上だし負けますわ

51: ニューノーマルの名無しさん
予算が違うからな
中国25兆円に対して日本は5兆円

55: ニューノーマルの名無しさん
所謂水兵のレベルが倍違うからまだまだ追い越されてはいない
海自の艦艇数の倍までは中国海軍と互角に戦える
この差は数百年経ないと埋まらない

60: ニューノーマルの名無しさん
>>55
予算が違いすぎる
日本単独の話なら10年もしないうちにはるか上に行かれるわ

67: ニューノーマルの名無しさん
>>55
海戦は一番差が出るからな
沈没含め被弾した奴捨てるか助けるかで一気に戦況変わる
見捨てれば自分が被弾しても見捨てられると言うことで
戦意喪失するしな

57: ニューノーマルの名無しさん
日本がやる気出したら潜水艦と機雷だけで勝てそう

62: ニューノーマルの名無しさん
中国から観ると日本列島はただただ邪魔な蓋でしかない
海軍力増強は当然だろうな
海洋進出のメリットは計り知れないし

76: ニューノーマルの名無しさん
>>62
尖閣取れれば大手振って太平洋出れるしな

69: ニューノーマルの名無しさん
そもそも海軍に限定して議論する意味が無い

91: ニューノーマルの名無しさん
もう軍事だけが外交だと思ってるんだなw
スゴい世界観に感心する

105: ニューノーマルの名無しさん
量では中国には勝てない
質はよくわからない
だとすれば知恵と口先で勝つしかない
中国の歴史が示してきたように…

115: ニューノーマルの名無しさん
元々中国は英国やスペインに先んじて大砲を装備した強力な外洋艦隊を建造し、運用していた歴史があるので、海軍が不得手というわけではない

129: ニューノーマルの名無しさん
中国海軍って千年前からの課題であった陸地が見えてる範囲しかいけないっての解決できたんかな

177: ニューノーマルの名無しさん
背水の陣というのは孫子の兵法に出てくる
つまりそのくらいの状況に追い込まないと彼らは本気で戦わない
戦況が悪くなると逃げちゃう

183: ニューノーマルの名無しさん
かつての北洋艦隊だろう。規模も兵装も日本の上でした。
そしてバルチック艦隊もそうでした。 実戦はどうでした?

もちろん、こちらも粛々と練度を高めるけどな

192: ニューノーマルの名無しさん
自衛隊の装備がどんなに優れていても撃てなきゃ意味がない。
撃てる状態になるまでの間に壊滅しそう。
某政党が牛歩なんてしたら終わりだよ。


このブログの人気記事!

☆日本の新型27DDGイージス艦、中国の052D型をはるかに超える動力…中国メディア!

☆中国空軍の最新鋭戦闘機J-20とJ-16が建軍90周年で記念写真…軍事マニアは「最強部隊」と称賛!

☆米空軍の無人機MQ-9リーパー、胴体と翼を取り外し1つのコンテナケースで輸送可能!

☆砂漠に集められた米陸軍の装備品、その圧倒的物量には驚き!

☆M16自動小銃ってAK47より優れた銃なの?

☆米陸軍が軽戦車導入計画、2案の試作・試験段階の契約?

☆「ロングボウ(長弓)」と「クロスボウ(弩)」では、どちらが優れているのか?

☆米軍F-4艦上戦闘機がソ連Tu-95爆撃機をまたいでバレルロール!

☆WWIIのように見える、WWII以降の写真を貼るスレ…たとえば朝鮮戦争(1950年)!


ワンショルダーバッグ 防水



なぜ韓国は次期駆逐艦(KDDX)を自主開発するのか?中国専門家は「日本のイージス艦との距離を縮めるため」! 先祖は「武士」か「庶民」か?名前で判断できる「戸籍読取」! 対地専用攻撃機「AC-130J ゴーストライダー」に搭載した高エネルギーレーザー兵器のテストを実施!

第1次世界大戦時代の最高の兵器ランキングを発表…ロシアメディア! 防衛装備庁、海自救難飛行艇「US-2」の後継機を開発へ…技術検討役務を公示! 世界でもっともダサい航空機…艦上対潜哨戒機「フェアリーガネット」の魅力!
前進翼を装備したあり得ない戦闘機「グラマン X-29」…安定性を犠牲にしてまで機動性を手に入れた形! 
北朝鮮の弾道ミサイルをF-35ステルス戦闘機で撃墜…米防衛構想の勝算! 東京都心の精密3Dマップデータが中国に流出…ミサイルの飛行ルート選定にも利用可能!