1: きつねうどん ★
 《 中国紙・環球時報は18日、中国海軍で3隻目となる空母が今年末までに進水し、2025年頃に就役する可能性があると報じた。中国には、共産党創設100年を迎える今年に空母の建造で成果を上げ、海軍力増強を誇示する思惑があるようだ。

 3隻目の空母は上海の江南造船所で建造中で、米軍などが状況を注視している 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1610947654091
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210118-OYT1T50256/
引用元: ・https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1611006594/




ノルマンディー上陸作戦で活躍したダミー戦車などの欺瞞兵器! 「防衛費2倍なら中国に屈したほうがよい」…識者! ロシア第5世代戦闘機Su-57の主翼破壊実験の映像が公開、許容レベルの104%で破壊…スホイ設計局!
サムソンが米国防総省向けに開発した、ステルスモード搭載の軍用スマホ「Galaxy S20 TE」を発表! 「3キロ先の標的に銃弾をズバリ命中させる方法」…現役の米軍スナイパーに聞いた! 米企業が海自護衛艦「いずも」に電磁式カタパルトを装備する改造案…F-35CやE-2D運用を提案!





14: Ψ
>>1
>中国海軍で3隻目となる空母が今年末までに進水し、2025年頃に就役する可能性があると報じた。

おいおい!まずいじゃん!3隻空母持ってる国ってどんだけあるんだ?中国は世界の脅威だ!

15: Ψ
>>14
これの同型艦があと3隻、そのあと2隻の原子力空母が出来て6隻体制で終わりらしい。
最初に造った2隻の練習空母は数にも入ってない。

2: Ψ
コストパフォーマンスを考えれば、日本は超音速の空母キラーミサイルを放つ潜水艦を多数配備したほうが安上がりだな。

4: Ψ
電磁カタパルトなんてそう簡単にできるもんかね?

設計図パクったんだろうけど
それだけでマネ出来るとも思えんが

第一原子力空母じゃないと電力が足りなそうなんだが

7: Ψ
>>4
ようはリニアモーターカーの原理だから。
すでに上海ー空港 間で実用化されてるからなんの問題も無い

13: Ψ
>>7
いやいやいやww
その程度の考えなら死体の山ができるぞ

5: Ψ
不沈空母日本列島だけあれば他はいらない

6: Ψ
機動部隊作られたらまた古代の冊封体制に戻りそう 

9: Ψ
艦名は 「福建」或いは 「江蘇」
他に候補アルカ?

10: Ψ
米国中枢がゴタゴタ中に習中国は着々と対米戦力を構築しているようだな。

11: Ψ
その空母をオワコンにしていってるのが他ならぬ中国だというね

12: Ψ
バイデンが中国と戦争はじめてスマホ割くれるから大丈夫でしょ
現在は空母一隻しかないから、沈没させるなら今

バイデン政権VS中国楽しみだな



2: 名無しさん@お腹いっぱい。 [US]
順調だなあ。
やっぱお金あると違うねえ。

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 [US]
次々と作っていきますなあ

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 [FR]
どうか浸水しますように・・・

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 [US]
とうとう カタパルトがついたかぁwwww

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 [US]
上に載せる飛行機はあるのかなw

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 [EU]
電磁式カタパルトは米海軍でも不評で
次回から蒸気式に戻るらしいが


このブログの人気記事!

☆中国のテレビで開発中のFC-31ステルス戦闘機の細部が初公開!

☆スターウォーズのXウィング戦闘機を世界各国の空軍塗装バージョンに!

☆開発中の陸上自衛隊向け「高機動パワードスーツ」…50kgの荷物を背負って時速13.5kmで走行が可能!


☆次期戦闘機「F-3」のイメージ図を防衛省が公開!

☆たった1両で精強ドイツ軍を足止めし続けた異形の重戦車KV-2の伝説!

☆どうしてこうなった?ロシアのトリマラン(双胴船)フリゲート案!

☆空自次期戦闘機は名称は「NGF」へ…日本独特の大型戦闘航空機になりそう!

☆スタートレックって、攻撃を受けるとブリッジの操作パネルが大爆発するじゃん…どういう理屈なわけ?


戦闘機タンブラー 零戦



なぜ韓国は次期駆逐艦(KDDX)を自主開発するのか?中国専門家は「日本のイージス艦との距離を縮めるため」! 先祖は「武士」か「庶民」か?名前で判断できる「戸籍読取」! 対地専用攻撃機「AC-130J ゴーストライダー」に搭載した高エネルギーレーザー兵器のテストを実施!

第1次世界大戦時代の最高の兵器ランキングを発表…ロシアメディア! 防衛装備庁、海自救難飛行艇「US-2」の後継機を開発へ…技術検討役務を公示! 世界でもっともダサい航空機…艦上対潜哨戒機「フェアリーガネット」の魅力!
前進翼を装備したあり得ない戦闘機「グラマン X-29」…安定性を犠牲にしてまで機動性を手に入れた形! 
北朝鮮の弾道ミサイルをF-35ステルス戦闘機で撃墜…米防衛構想の勝算! 東京都心の精密3Dマップデータが中国に流出…ミサイルの飛行ルート選定にも利用可能!