1: みの ★
 《 〔最近SNS上で、アドルフ・ヒトラー率いるナチ党の政策の是非について論争が巻き起こっている。そんな折に、ドイツ20世紀史研究の大家による著作が翻訳された。1930年代から45年までのドイツの状況を平易に解説しつつ、最新の知見をも盛り込んだ新刊『第三帝国』(小野寺拓也訳)から、悲惨な独ソ戦の実情について紹介しよう。〕 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

aS4T_FjzGIpilojV_QHPZsJGwPoiIwEmiiUp8TLAFoU
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80540
引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614741262/




ノルマンディー上陸作戦で活躍したダミー戦車などの欺瞞兵器! 「防衛費2倍なら中国に屈したほうがよい」…識者! ロシア第5世代戦闘機Su-57の主翼破壊実験の映像が公開、許容レベルの104%で破壊…スホイ設計局!
サムソンが米国防総省向けに開発した、ステルスモード搭載の軍用スマホ「Galaxy S20 TE」を発表! 「3キロ先の標的に銃弾をズバリ命中させる方法」…現役の米軍スナイパーに聞いた! 米企業が海自護衛艦「いずも」に電磁式カタパルトを装備する改造案…F-35CやE-2D運用を提案!



3: ニューノーマルの名無しさん
モスクワ落とせばスターリン降伏するというヒトラーの甘々理論

7: ニューノーマルの名無しさん
>>3
南京落とせば中華は降伏するというの甘い戦略

10: ニューノーマルの名無しさん
>>3
早期にアメリカに大打撃を与えれば講和できるとかいう甘々理論の国が言ってもな

14: ニューノーマルの名無しさん
>>10 実際に大打撃を与えたら、講和など口にできない空気に…(;´・ω・)

27: ニューノーマルの名無しさん
>>10
逆だったな
ミッドウェー負けた時点で降伏してれば、ここまで酷いことにならなかったのに

71: ニューノーマルの名無しさん
>>27
あの時点で負けを認識できていればね…

6: ニューノーマルの名無しさん
ヒトラーはスターリン以前に冬将軍に負けてる

8: ニューノーマルの名無しさん
まあでも命が惜しけりゃ降伏すりゃいいんだよな
ナチスが一般ロシア人を助けたかは知らんが

15: ニューノーマルの名無しさん
>>8
ソ連兵捕虜を虐殺しなければ戦況は変わったと言われているね
降伏しても殺されるなら死ぬまで抵抗するだろ

13: ニューノーマルの名無しさん
二国間の戦いがドクロ戦だからそりゃ死ぬわな

18: ニューノーマルの名無しさん
中国もソ連も
アメリカが後ろで支援してなければ
早い段階で降伏してたんですけどね

25: ニューノーマルの名無しさん
戦争以前にソ連指導部は農業政策の失敗でウクライナ大飢饉を引き起こしてたがな

30: ニューノーマルの名無しさん
ソ連を枢軸国に入れてたらどうなってたろう

47: ニューノーマルの名無しさん
V2と核が完成してたら平気な顔して米国に落としてただろうな

57: ニューノーマルの名無しさん
一度の戦いでソ連は解体できないから再戦に備えて住民は餓死させないと
特に大人口を抱えるヨーロッパ方面は



76: ニューノーマルの名無しさん
バルバロッサが遅れたのもは、
イタリアがアフリカで負けそうになったから。

91: ニューノーマルの名無しさん
イギリスも落ちる寸前だったのにな
詰めが甘い

92: ニューノーマルの名無しさん
>>91
ナチスドイツの貧弱な海軍力ではドーバー海峡
も渡れなかったし、空軍力でもロイヤルエアーフォースに
負けていた。それに、その時は反ドイツ、反日本の
ルーズベルト大統領が何があってもイギリス救援の
覚悟を固めていたので、イギリスの屈服はあり得なかった。

97: ニューノーマルの名無しさん
人類史上最大の陸戦 → 独ソ戦

人類史上最大の海戦 → 太平洋戦争

99: ニューノーマルの名無しさん
ドイツ軍が劣勢になった時期とと真珠湾攻撃を仕掛けた時期がほぼ同じタイミングだと思うけど因果関係はあるの?

104: ニューノーマルの名無しさん
動機が弱いくせに
なんであんな凄絶な殴り合いしたの?


このブログの人気記事!

☆米空軍の新型戦闘機F-15EXについて知っておくべきことのすべて!

☆中国国営テレビCCTVが最新ステルス戦闘機「J-20(殲20)」を宣伝する動画を公開!

☆ギリシャ空軍のミラージュ2000とトルコ空軍のF-16Cがエーゲ海上空で交戦している映像を公開!

☆「90式はブリキ缶だぜ」…セガサターンの名作ゲーム「ガングリフォン」はなぜ未来を予見できたのか!

☆陸上自衛隊が20式5.5mm小銃と9mm拳銃SFP9を公開、31年ぶりに更新…引き金の近くには「ア・タ・レ」の文字が刻印!

☆純国産哨戒機「P-1 」開発者たちの挑戦と軌跡!

☆サムソンが米国防総省向けに開発した、ステルスモード搭載の軍用スマホ「Galaxy S20 TE」!

☆愛知県警の装備、いつの間にかヨーロッパみたいになってた!

☆陸上自衛隊、川崎重工製ATVベースの「汎用軽機動車」…水陸機動団で評価試験を実施!

空母いぶきGREAT GAME 3



なぜ韓国は次期駆逐艦(KDDX)を自主開発するのか?中国専門家は「日本のイージス艦との距離を縮めるため」! 先祖は「武士」か「庶民」か?名前で判断できる「戸籍読取」! 対地専用攻撃機「AC-130J ゴーストライダー」に搭載した高エネルギーレーザー兵器のテストを実施!

第1次世界大戦時代の最高の兵器ランキングを発表…ロシアメディア! 防衛装備庁、海自救難飛行艇「US-2」の後継機を開発へ…技術検討役務を公示! 世界でもっともダサい航空機…艦上対潜哨戒機「フェアリーガネット」の魅力!
前進翼を装備したあり得ない戦闘機「グラマン X-29」…安定性を犠牲にしてまで機動性を手に入れた形! 
北朝鮮の弾道ミサイルをF-35ステルス戦闘機で撃墜…米防衛構想の勝算! 東京都心の精密3Dマップデータが中国に流出…ミサイルの飛行ルート選定にも利用可能!