「ひとつの嘘のためには、30の嘘を用意しなさい。」(by サルバトーレ・ワコン)という言葉に釣られて「約三十の嘘」を観ました。
椎名桔平、中谷美紀さん等出演。昨日「電車男」観たので、中谷さんは2日続けて。当たり前ですが、役柄の性格等が全く違います。
ほぼ電車の中での話。もっと深い、裏の裏をかいた嘘を期待していたのですが・・。
映画で舞台となっている豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」(大阪〜札幌)。こっちの列車の旅に興味惹かれました。客室や食堂車も豪華そうだし、日本海を望みながらの旅行も面白そうだなって。

ひとつの嘘のために30の嘘を用意するより、たくさんの真実の中に一つ嘘を混ぜた方が、嘘はバレナイんじゃないかと思う。30個の嘘を用意するのも大変ですし、人の記憶はあいまいだし、どこかでボロがでるんじゃないかと思う。30もあれば足りるのかな? 私は嘘は吐かないのでわかりませんが。

それから「いま、会いにゆきます」のDVDも観ました。
「電車男」も「いま、会い」も本を読んでいるので、ストーリーは知っていましたが、映像化するにあたり多少の脚色が追加されて、それなりに楽しめました。ケーキ屋のシーンとか短いシーンですが、いいシーンです。
「電車男」は余計な場面も多かった映画でしたが、実話なんですよね、たぶん。「2ちゃんねる」に書き込んだ人々の結晶?!
べノア」の紅茶、飲んでみたくなりました。

「しゃ」とローマ字入力するとき、「SHA」と「SYA」どっちで入力しますか? 「電車男」では「SYA」で入力・変換してました。
私は「SHA」派です。「しゅ」、「しょ」も同じく「H」使います。