【イベント告知】10/14(土) 21:00~ 21鯖真グランゼドーラでAKB総選挙があります。
詳しくは、こちらの記事をご確認ください。

AKB総選挙 第二回神ベルト選手権

先日のDQXTV新情報の中でバトル面での大幅な調整が発表され、
バージョン4から戦士と占い師の弱体が決まり世間はザワザワしていますね。


まっくろけです








今回のバトル調整で僕が注目したのが戦士でも占い師でも無くこちらです!

BlogPaint

とくぎのヘビーチャージと魔法のズッシード調整ですね。
密かにメイン職がパラディンの僕としては、【ヘビーチャージ重さ×2.5倍】になるのは凄く気になります。
もしかしたら常闇の竜レグナードが完封できてしまうかもしれない・・・
そこで、バージョン4になるとパラディンの重さがどう変わるか調べてみました。











いつもお世話になっている。 「DQX重さチェッカー」さんは10月7日時点で重さ×2.5で計算できるように変更されていました。

【ヘビーチャージ重さ×2.5】の何が凄いのかというと、
ステータスと装備の基礎の重さが×2.5+錬金の重さになる事でズッシード時は今まで以上に重くなるのです。






例えばエンドコンテンツの常闇の竜レグナード用のパラディン装備をそろえようとした時の事を考えます。
※以下の画像は 極限攻略データベースさんのDQX重さチェッカーを撮影した画像です。



まず前提として常闇の竜レグナードに必要な重さは以下のようになります。

image
現状のバージョン3ですと、かなり高額な錬金装備をそろえないと『押勝おもさ898』はできません。

普通のプレイヤーはヘビーチャージやズッシード後に『互角のおもさ728』をクリアする装備をそろえる事になります。


今回現在のバージョン3の計算式【ヘビズシ時×2.0】で、レベル99パラディンに
降魔のよろいセット(足おもさ錬金45+不思議のカード8+宝珠:踏んばり魂10)と
おもさの付くアクセサリー基礎値でヘビーチャージ(ズッシード)時のおもさを計測してみました。

2017-10-11-01-55-16
この状態でおもさ795になるので『互角の728』はクリアできるます。
常闇の竜レグナードのパラディンとしては最低限おもさ45足をそろえるだけで必須条件は達成できます。


同じ装備でを、バージョン4の【ヘビーチャージ時×2.5】で計測しなおしてみます。  
2017-10-11-01-55-35
計算式が変わるだけで、同じ装備でもおもさが178重くなります。
これが【ヘビーチャージ時×2.5】の恩恵です!あとおもさ37で『完封の1010』になります!




この数値からだと、食事効果+アクセサリーを充実させると『完封の1010』が現実的に目指せますね。
バージョン4になると本当に常闇の竜レグナードが完封できてしまう!





これからレグナード用にパラディン装備をそろえようとする方は、降魔のグリーブ(錬金おもさ45)の物を購入すればOKという事になります。あとのアクセサリーはコツコツがんばろう!

その他の装備は必要耐性:ブレスガード75%以上、マヒ・封印ガード、(可能なら呪い)

がそろうように、降魔のサークレット・降魔のよろい上・降魔のよろい下・降魔のこてを購入します。

2017年10月10日時のバザー価格だと、

image

2017-10-10-20-11-31

2017-10-10-20-09-45

image

2017-10-10-20-08-34

全部揃えると、1,211万ゴールドになります・・・・(´;ω;`)

あとは、ハンマーとブレスガード盾でおもさとブレスガード値を調整します。

体上・体下・足装備は妥協できませんが、頭と腕は妥協品で安く済ませるのも手ですね。



ちなみに☆2だとこのくらいの価格になります。

image
☆2にするとー250万ゴールド節約できます


2017-10-10-20-38-38
☆2にするとー265万ゴールド節約できます

節約装備にすれば、696万ゴールドでレグナード用装備が揃えられます。

それでもお高いですね・・・しっかり金策を頑張りたいと思います。


PS4やスイッチスタート組の方も早い人だと炎の領界をクリアしてる方も出てきていますね。
ただの強ボスでは物足りない方!エンドコンテンツの中でも比較的参加しやすい常闇の竜レグナードは、ドラクエ10の戦闘テクニックの相撲や壁のいい練習になりますので是非挑戦して見て下さい。


装備をそろえたら、バージョン3と4での対レグナード比較予定して見たいと思います。



ブログランキング参加中!よろしければもみ押しお願いします。↓

ドラゴンクエストXランキング