なんとかなるハズ

自転車・ゲームな雑記。ヲタ成分20%入り

VC Fukuoka

VC Fukuokaの2012年シーズンがスタートしました。
地元密着型のJBCF実業団チームとして九州・福岡を拠点に活動しているVC Fukuoka。
新たな選手を迎え、新体制で望む2012年シーズン。
私も昨年末にお声かけ頂き、今年からVC Fukuokaで企画/広報スタッフとして微力ながらお手伝いさせていただくこととなりました。

チームの情報等は下記webサイトに組み込まれているブログを中心として発信していく予定です。
皆様、VC Fukuokaをよろしくお願いいたします。

web http://www.vc-fukuoka.com/
twitter @VC_FUKUOKA


なお、それに伴いこちらの個人ブログは更新頻度がさらにさらに低くなるものと思われますw

7970Di2 × o'symetric

F1010001
12月18日 "いちげん"ラーメンツーリング道中にて
↑すいませんエロビスさん。楽させていただきました!

☆一番大事なこと☆
7970Di2を導入したのはo'symetricをちゃんと使えるようにしたかったから。

世間が6770 Di2発売に沸く中、S3に7970 Di2装着。
11速デュラうんぬんの色々な噂はキニシナイ!!
そんなの気にしてたらコンポ買えねー。

6600アルテグラから4年ぶりくらい?にコンポ変更。
これでo'symetricの影響で変速しにくいリアが快適になるか?
そもそもo'symetric自体は電動FDで変速できるのか?
昔ウィギンスがドグマDi2にo'symetricでツールに出てたような記憶がある。
ってことは普通に使えちゃうんじゃないか。
いやでもS3のクランクはSRAM REDだし…(7900クランクが買えなかったのでそのまま)
FD変速のキモは7900クランクと中空ギア板らしいしどうなの…。
とか葛藤しながら導入!

S3はワイヤー内装なので、その穴を使いDi2も半内装に。
このへんはRyoさんが頑張ってくれました。ありがとうRyoさん!
いつも面倒なことばっか言ってごめんね☆
もしかしたら2010以降のS3はケーブル内装しづらいかも。
私の2009とはルーティングが違うっぽいです。

ジャンクションAからジャンクションBまで内装、
ジャンクションBからRD・FD・バッテリーまでは外装となりました。
ダウンチューブの裏を這うケーブルがないだけでだいぶスッキリ。
ボトルケージ下にバッテリー付けるのがとてもイヤだったのでチェーンステー下へ移設。

エアロ的なフレームのせいでFDのサポートボルトが届かない!とか色々あったけど完成!
これでやっとS3も盆栽バイクの仲間入りです。

結論から言うと、7970 Di2でo'symetric使えます。
純正クランク+ギアリングの組み合わせには遠く及ばないが、ちゃんと変わる。
たまにガチャガチャいうのは仕様でーす。
リア変速は快適そのもの。
6600の時は使いにくいギアもあった。
50×15・14・13あたりが何回かガチャガチャしないと変速しづらかった。
ワイヤー伸びたらアウタートップなんか変速しなかったからね!
しかし、そんな走りながらワイヤーテンショナーをグリグリする日々よさようなら。
ありがとうシマノ。ありがとうDi2。
386193_190345094392562_100002512178246_393327_2033756400_n


ブラケットも握りやすくて実によろしい。
Di2で速くなることはないけども、快適って素敵。
FDがすんごいパワフルなのでFD台座とその近辺のフレームがちょっと心配ではあるけども。
こんなにいいのならSoloistにも6770Di2入れたいナー(・x・)
CampyのEPSはRyoさんが人柱になってくれ…ないんですか!?


あ、そういやバッテリーチャージャー買ってないや…。

20111127アカデミー

11/27(日) わりと晴れ

今日は久留米競輪場記録会の日。
だったんだけどもアカデミーへ向かう。

なぜならば…
20111127083139

めずらしくS3が2台。
奥の黒いS3は最近飯塚クリテE1・沖縄クリテを勝って来たバイク。

世界のSATOさん、アカデミーにやってくるの巻。
そりゃアカデミー優先するでしょう。

ああ、手前の銀色は特に何も勝ってません、ハイ。


今日は糸島セット。
前のEGさん、SATOさん組はほどほどに走ってても速い。
というかSATOさんが連れて来た九大生もヤバい。速い。
なんなんだこの人たち。

こちらはというと、後ろの組でうろちょろハァハァ。
気合い入れて来た割にはショボい走りを皆に見せつける。
後ろにいるから誰も見てないけど。
カカトが下がらなくなったね、って言われたのが救いでした。

イオンで休憩後、後半戦に気合いを入れなおす。
入れなおしたけど…ビックリするくらいあっさりと西浦の丘で千切れた。
正直、ざうお付近までは行けると思ってた。

ちょうど先頭で丘の手前まで行き、合流すべくソロで走っていたモリコー氏に追いつく。
丘にさしかかったところで迷いながら後ろへ下がる。
「もうちょい俺のヘボいペースで牽いて、集団のスピードを上げないようにして丘を越えよ…ああやっぱキツいからさーがろっと!」
で、後ろにいたのはKISさんとSATOさん。
KISさんで一段上がり、さらに頂上付近でSATOさんが上げたように見えた。
その辺で千切れた。
以上、いいわけでした!


しかし自分の情けなさにビックリです。
もうちょいマシかと思ってたぞ!
冬はもっとちゃんと走らないと…。
ちなみに家の手前500mくらいでパンクしました。
踏んだり蹴ったり。


おまけ:今日のお師匠様
「あの黄色い物体見える?」
(前方を走っていたモリコー氏を発見して)

じっくり固定

11/6(日)

朝から雨。
でも昼あたりに雨があがった。
まあそんなの関係ないやとばかりにフテ寝決め込んでたら。
わかからTEL。これ絶対走りいくぞってやつやろー。

野芥まで来いとな。
しかも固定乗ってこいとな。
すぐ来いとな。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
野芥とかキミんち近いやん…たまにはこっちこいや…
鳥栖筑紫野元有料道路とかあるやんけ…
固定重いやん…
ブツブツ言いながら野芥へ。

そして二見ヶ浦往復。
海沿いだけ少し上げて走る。
風が強い。そして腰がイタイ。
でも低いフォーム叩き込まなきゃとか自分に言い聞かせて走る。
走ってる間、ほぼずっと「ギア上げたい」が頭の中を支配してた。
巡航中はロードだと常用80〜90rpm、トラックだと100rpm〜。
この差が効いてくる。

帰り道の海釣り公園あたりでNYさんとすれ違う。
後から聞いたら新タイヤの試走だったそうな。
なんとなーく追いかけたけど当然追いつくわけもなく、流して帰る。
固定ギアは流し気味でもペダリングの確認になるからよろしい。

福大近辺でわかと別れた後、暗くなりそうだったので急いで家に向かう。
少し前にスポークテンションを上げたホイールはダッシュの時のかかりがいい。
気のせいかと思ってたけど確かに良くなってる。

暗くなる前になんとか家にたどり着く。
なんだかんだでフォーム確認はしっかりできたのでよかったような。
昨日調整したサドル位置もいい感じ。
ステム長さはまだ迷うところ。
次は120mmを試してみよう。

20111103アカデミー

11/3(木)デカルチャーの日


先日の記録会の映像(200ハロンのみ)をKISさんに見て頂いたところ、
やはりというかなんというか、フォームを中心に色々と指摘を受ける。
「上半身が高い」
「駆け出しが遅い」
「ラインが悪い」
ありがとうございます!
…しかしこれほとんどダメってことですよね?

まず、上半身修正の一環としてハンドルをもっと遠くへ。
よく考えたらこれって前から言われてたな><
ステムを100mm/±17°から110mm/±6°へ変更。
もしかしたら120mmでもいいかも。
しかし25.4mmクランプのステムって少ないですね。
競輪鉄ハンドル使う限り、120mm見つけたら買っといたほうがよさそう。

色々と早めに修正したかったため、FUJI TRACKでアカデミーへ。
前回痛い目にあったので今回は曲淵まで!(ここ大事)
前回よりギア比重いしね。

外環状から曲淵までの道中、低いフォームを意識して走る。
しかしそれでも後ろから「もっと低く!」「頭を前に!」「腕を曲げて!」と言葉責
めが。
言うとおりにすると、ロードよりさらにキッツイフォームに。
これがトラックマンのポジションですね、わかります…がとてもしんどいです。
強靭な体幹とケツ筋が必要です。要☆筋トレです。

曲淵への上りも、下ハンでハァハァ。
というか下ハンしか持つとこない。
KISさんとムームーさんが先に行ってしまうのを追いかけようとした…けど加速でき
ない。
MYさんの後ろで筋トレ走に集中。

そういえば最近右カカトが下がらなくなりました。
クリート位置を詰めたかいがあった。
どうも後ろすぎた模様。

糸島峠のふもとでみんなとお別れ。
一人来た道を戻る。
固定ギアであるため、下りも全く余裕ナシ。
上ってくるローディーの皆さまからの挨拶に答える余裕すらナシ。
ブレーキから手離せないので…すまぬ…すまぬ…。

下ったあとは、某モガキスポットでモガキ3本。
選手の方がいたら参考にさせていただこうと思ったが、こんな時に限って誰もいな
い。
一人でのモガキはとても寂しい。
しかもしっくりこなかった。サドル位置を見直してみよう。
なんかモニョっとしながら帰路へ。

帰り道にRyoさんところに寄り、リアホイールの調整。
FUJI TRACKに付いてたホイールは軟すぎるのである。
まあ無銘っぽい安ホイールだから仕方ないが、少しでも改善すべくスポークテンショ
ンを上げることに。
Ryoさんの手を煩わせるのもアレなため、工具を借りてセルフ作業。
アドバイスを受け、ごちゃごちゃやってたらそこそこな張りになったため、良しとす
る(?)
きょ、今日のところは前輪は勘弁してやろう!

帰り、何本かダッシュしてみたけどカカリが良くなった気がする。
たぶんきっと追い風。

しかし80kmくらいしか走ってないのにこの疲労感。
下ハン+固定ギア=修行。

ロードレーサーは練習って感じ。
トラックレーサーだと稽古って感じ。
冬はギア比軽くして固定中心にしてみようかと思ったりした秋の日でした。
Profile
Recent Comments
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ