境界性人格障害(ボーダー)の彼女と付き合った体験ブログ

2007年12月25日



人、生きる意味 - livedoor Blog 共通テーマ



前回の最後は、

>>>>>>>>

暴れながら

「この子を傷つけるな、傷つけたら許さん」

と言う様な、交代人格であるかのような発言をし始め、


彼女が“解離性同一性障害”なのではないか?

>>>>>>>>

という思いを持っていたという所まででした。


そして、

"解離性同一性障害”を“境界性人格障害(BPD)”の一種と捉える専門家もいるようで、
分裂が精神の防衛機制として重要な働きをしているからである。

という補足がありました。



今日も境界性人格障害の彼女との付き合いの中で感じた事を

実体験と少ない知識の中で考察し

境界例の人と、どう付き合って行けばよいのか

考えてみたいと思います。 


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



今振り返ってみて、その当時彼女が“解離性同一性障害(多重人格性障害)”

を抱えていたのかと言うと懐疑的です。


自己保全・自己防衛の為の確認作業にのようなもので

交代人格 ではなくて 虚言 であろうと言う事です。


境界性人格障害(BPD)の人と付き合う中で、

振り回される大きな要因の一つはこれではないでしょうか。

以前の記事にある

「境界性人格障害の症例“理想化とこきおろし”」

と、

現実に起こす行動や言動を、断片的に見ると

これらはまったく同じに見えますが、

境界例の人の心模様はその時々に違うのではないかと思います。


“交代人格”ではなく“虚言”である根拠は

彼女の記憶(一般に基本人格は交代人格時の記憶を保有しない)と、

彼女に対して多重人格性を尋ねた後になって

多重人格的表現が増え、別人格的に自己を擁護し始めた、

(多重人格を装って自己表現する方法を覚えて実践した)。

と考えられるからです。


境界性人格障害(境界例・BPD)の人の症例によくある、

「その場を上手く乗り切るために、最適の人格を演じる」

というものに含まれる行動だと思います。


先に言った、「境界性人格障害の症例“理想化とこきおろし”」

と表面上同じな例えとしては

「どうせ私を捨てるんでしょ」

のような言動をする時、

先日の実体験での彼女の言葉のように

・幸せになると、それを失う不安の方が大きくなる


「境界性人格障害の症例“理想化とこきおろし”」

の場合は

・些細なきっかけや相手の欠点、事故
(コンビニのレジや、デパートでぶつかった相手がたまたま異性であるだけで猛烈に切れたり

)を発端にすべてネガティブに考え自分が誰よりも不幸でそれが自分以外のせいであると考え

始め、相手をせめるて感情をぶつける。しかもほぼ一過性。

「今はやさしい事言っても、どうせ私みたいな女捨てられるに決まっている」的な


自己防衛の為の虚言の時は、

・同じ出来事でもいじける様に相手に助けを求めていて

「優しくされると別れる時つらいから、もう優しくしないで」的な


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


・・簡単にまとめ、られるかな。


「境界性人格障害の症例“理想化とこきおろし”」

の時は“息苦しくてとにかく逃げ出したい”ってなっているんですよね。



・見捨てられるのは避けたい
・幸せすぎるのも怖くなる
・そのちょうどいいバランス間で相手と自分の感情を保ちたい(コントロールしたい)

となるのでしょうか。



境界例の人たちにとって、それを維持する事がとても重要で

それを維持するために、

性格や言動の一貫性はかなり損なわれているのは確かだと思います。

ただ、表現のパターンは複雑ではありません。

単純な表現で例えてみれば

“超暴力的な天邪鬼(あまのじゃく)”

とも言えるかもしれません。


掲示板の書き込みなど見ていても

境界例の人たち、特に異性間での付き合いに関しては

ヒドクこき下ろされているコメントは多いです。


実際そのコメントにあるような出来事、

「散々かき回しといて、ボーダー(境界例の人)だけはサクッと新しいのと上手くやってる」

とか

「ボーダーの彼女が不倫して、あげく相手を事故らせた」

みたいなの

正直、まぁあるだろうなぁ、、

って思います。

そんな事実が存在することはまったく否定できないですよ。


全然他人事じゃないし・・、



いやいや、

良い事の方に、ポジティブな方向でいきましょう。





境界性人格障害の人と付き合うにあたって

職場での付き合いでも、家族でも、彼・彼女でも

この点“超暴力的な天邪鬼(あまのじゃく)”的な点

を踏まえるかどうかで、

色々対応の仕方が変わってくるのではないかと思います。


表現が難しいです。。

わかり難いでしょう、すいません。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



現状、境界例の彼女との間では、

彼女の嘘は暗号です。

脅しとも悲鳴とも言えます。


いつもながら

書きながら混乱してきました。



ハッキリ言えるのは、

境界性人格障害の彼・彼女との付き合いは

相手の症例のもっとも強烈な面をモロに受けるうえに

他の人にその部分はほとんどわかりません。



境界例の人は、その他の人たちの前では基本的に社交的で

付き合っている境界例の相手の話を第三者にしても

「あの人にそんな一面があるなんて信じられない」

と思われるのが殆どだし

下手すると、そんな事を言っている自分のほうが

“あの人大丈夫かしら?”

みたいに思われるでしょう。


そして自分が追い詰められます。

境界例の人が自分にする仕打ちに

怒りと混乱はたまり続け、爆発するか心は崩壊するかもしれません。


その怒りや混乱はなぜでしょう?


それは境界性人格障害の彼・彼女との付き合って

“自分が奉仕させられたような感覚を持つ人”や

“裏切られ続けている”“境界例の人だけは自由にやっている”

と感じていたからでしょう。




ハッキリ言うのが遅くなりました。


境界性人格障害を抱える人は、一人の世界で苦しんでいます


こんな書き込みを見ました。

「やっぱり境界例の事はそっとしておいて、うまく付き合ってあげたい」


これはないと思います。


自分はもともと、パーソナリティ障害、や発達心理学やら好きで読んでいました。

それでも、彼女と付き合い始めて、

“アダルトチルドレン(AC)”から始まり

“境界性人格障害(BPD)”について調べ続けているから

彼女が言葉にできない表現を理解できたり、

それによって彼女が受ける安心感から、状態が良い方に変わっていったりしています。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 何も知らないで、障害を“そっとしておいて”付き合うなんて

 無理だし無意味だと思います。





 境界性人格障害を抱える人は、一人の世界で苦しんでいます。



*コメントや質問頂いた方
 知っている限り、実体験からお話します。
 
 ですがただの一般人ですので不勉強な部分もあります。
 ご了承いただき、不明な点などお教えいただけると幸いです。




(14:29)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by タンゴ5    2008年12月06日 10:23
以前交際している彼に、振り回されて悩んでいるうちにこのブログと出会い、思い当たる事や、共感する事が多々ありました。他人に相談するには言い辛いシチュエーションであったり、彼の人格を傷つけるのでは、と躊躇し誰にも話せず、とうとう私の精神状態が参ってしまいました。彼とは感情をぶつけ合う激しい喧嘩を3度繰り返した挙げ句別れました。しかし私も彼の純粋さやひたむきさに愛おしさを感じ、忘れる事が出来ず苦しいです
2. Posted by KANCHI5    2009年02月15日 14:10
初めまして。
07年から、コメント更新されていないようですが…。

私もまさに、BPDでは?と疑わしい方とお付き合いしていました。
僅か2ヶ月で、私の精神状態がおかしくなりした。

『理想とこきおろし』の部分でかなり振り回され、やはり周囲の人達には、社交的ないい人で通っています。

私はへのこきおろしは、生やさしいものではありませんでした。

人格を全否定されました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔