ペインターのすゝめ

MTG(マジック・ザ・ギャザリング)の記事を中心に更新。 レガシーにおけるコンボ『ペインターグラインドストーン』の魅力について語ります。

今回はGrixis(赤青黒)の秘密を掘り下げるものデッキへのサイドボーディングを解説していく。

デッキリストはこちら


クリーチャー:14
2:《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
2:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
1:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
4:《帝国の徴募兵/Imperial Recruiter》
1:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
4:《絵描きの召使い/Painter's Servant》

呪文:26
4:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《赤霊破/Red Elemental Blast》
4:《血染めの月/Blood Moon》
2:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3:《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4:《丸砥石/Grindstone》
3:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》

土地:20
6:《山/Mountain》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《裏切り者の都/City of Traitors》
2:《Plateau》

サイドボード:15
1:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1:《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1:《躁の蛮人/Manic Vandal》
1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2:《突然のショック/Sudden Shock》
2:《紅蓮操作/Pyrokinesis》
1:《浄化の印章/Seal of Cleansing》
1:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《槌のコス/Koth of the Hammer》


Out

1:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
1:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2:《赤霊破/Red Elemental Blast》
1:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》

In 
1:《躁の蛮人/Manic Vandal》
1:《呪文滑り/Spellskite》
2:《突然のショック/Sudden Shock》
2:《紅蓮操作/Pyrokinesis》
1:《真髄の針/Pithing Needle》

Girixis Delverには基本地形が採用されていない為血染めの月を押し通せる事が出来れば勝てるマッチ。
だが月の大魔術師は稲妻で落ちてしまう為サイドアウトする。
上記理由でファイレクシアの破棄者も真髄の針と入れ替えを行い、基本的に死儀礼のシャーマンや不毛の大地を指定する。

赤霊破をサイドアウトするのは絵描きの召使い前提の除去になってしまい、サイドボードから除去を増やすので枚数を抑える。
紅蓮破を抜かないのは罠の橋との相性を考えているが陰謀団式療法が多めに取られていると感じたら2:2に分ける。

罠の橋は確かに強いカードだが、稲妻や死儀礼のシャーマンでライフを詰められる事も多く、3マナは意外と重いため枚数を抑える。
チャンドラもDelverなどテンポデッキ相手には間に合わない為枚数を減らす。

◎躁の蛮人
主にサイドから入ってくる真髄の針や無のロッドを壊すため採用。
帝国の徴募兵からサーチできるが墓地に陰謀団式療法がある場合は気をつけること。

◎呪文滑り
アーティファクト破壊、本体火力などの対象をこちらへ変えて時間を稼ぎコンボを目指す。

◎突然のショック
◎紅蓮操作
前者は刹那持ちなのでほぼ死儀礼のシャーマンや若き紅蓮術師用。
後者は目くらましをケアしながら盤面を掃除出来る振り分け火力。
どちらもグルマグのアンコウや真の名の宿敵へ効かない事がネック。(アンコウはサイドアウトされることが多いのが救いか)


◎真髄の針
前述の通り。


 

Legacyにおけるコンボ、『ペインターグラインドストーン』

「絵描きの召使い/Painter's Sarvant」と「丸砥石/Grindstone」の2枚を用いたコンボデッキ。

一般的なものは赤単、それにタッチ白をしたもの、青赤がある。


Legacyは禁止されているカードを除き全てのカードが使えるフォーマットである。
つまりデュアルランドを筆頭にデッキの多色化が容易である。
それを戒める「血染めの月/Blood Moon」「月の大魔術師/Magus of the Moon」を早期に着地させる事でゲームのイニシアチブを取りコンボの成立を狙う。

また、『カラデシュ』から獲得した「反逆の先導者、チャンドラ/Chandra,Torch of Difference」の奥義を目指しコントロールデッキとして振る舞う事も出来る。

Legacyでは「渦まく知識/Brainstorm」や「意志の力/Force of Will」など強力な青のカードが使用されている。

「絵描きの召使い」の能力により全ての呪文、パーマネントを青にする事が出来るため上記のカードをカウンター出来る「赤霊破/Red Elemental Blast」「紅蓮破/Pyroblast」をメインボードから採用出来ることも強みである。

このコンボデッキの魅力について拙い文章だが書き連ねて行こうと思う。


このページのトップヘ