広報強化のガイドブログ「経済記者OBの目」

——あなたの会社の危機管理は大丈夫?
——正しいメディア対応についてアドバイスします。

 企業のグローバル経営が進む中で、企業広報の重要性は一段と高まっています。マスメディア向け情報伝達手段はインターネット社会の進展とともに大きな変化を見せています。雇用のトラブル、食品メーカーの異物混入、データの偽装等々、企業をめぐる不祥事も後を絶ちません。とりわけ、個人情報の流出、不正アクセスなど、ネット社会に根ざした事件が目立ちます。
このブログは、広報ソリューション懇話会を運営する経済記者OBが交替で毎週月曜日に発信しているもので、企業の広報担当者に役立つマスメディア対策について、最近の報道内容や過去の経験などを取り上げながら、分かりやすくアドバイスしています。
 当懇話会では、企業の不祥事や緊急事態の発生を想定した「模擬記者会見」の実施や、広報業務に関する悩み・困りごとを解決するための「広報よろず相談室」を設けています。
【協賛】
株式会社ファンケル戸田建設株式会社株式会社ニシウオマーケティングセコム株式会社
株式会社ぐるなびYKK AP株式会社アットホーム株式会社キッコーマン株式会社
積水ハウス株式会社鹿島建設株式会社

ミャンマー国軍の弾圧過激化と現地日本人の安全を心配する

山田 功  年が明けてまだ2カ月しか経っていないが、予想だにしない事件が相次いで発生した。一つは1月6日のトランプ支持者らによる米連邦議会議事堂の襲撃・占拠事件。5人の死者が出た。それ以上に驚いたのがミャンマーで2月1日に起きた軍事クーデターである。政権トップのアウン・サン・スーチー国家顧問らを拘束し、国軍が全権を掌握した。2013年春に取材でヤンゴンを訪れたが、民政移管後2年経った時で街は活気に満ちていた。市民らの軍政反対抗議に対する国軍の弾圧が過激化することを心配している。

 首都ネピドーや最大都市ヤンゴン、第2都市のマンダレーでの抗議デモ参加者の数は増えている。市内を警護する国軍やデモ排除の警官隊も放水やゴム弾発射から威嚇発射など対応を厳しくしている。ネピドーでは女性がデモ参加中に重体となった。ロイター通信は、彼女を手当した医師の「X線検査で頭部内に実弾がある」との地元報道を伝えていたが19日死亡した。

 国軍の軍事クーデターの狙いは何か。昨年11月に総選挙が行われて、民主化推進のスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が大勝した。軍政を取り戻したい国軍のミン・アウン・フライン総司令官は、国民のNLDに対する支持の高さに危機感を募らせると同時に、「総選挙に不正があり無効である。改めて公正な選挙を行う」としてクーデターを実行した。1年間の非常事態宣言中にNLD組織の関係者を拘束し弱体化させ、国軍系USDP の議席を増やす政策を展開していく、と欧米メディアは見ている。

 このクーデターには東南アジアで覇権を拡大する中国共産党独裁政権の国軍支援が見えてくる。中国はミャンマーの軍事クーデターを一言も非難していない。習近平国家主席は1月25日に世界経済フーラムの「ダボス・アジェンダ」でオンライン講演。「他者を脅かし制裁することは世界の分断と対立を招く」と述べ、トランプ前政権の対中政策を引き継いだバイデン米政権を牽制した。この後にミャンマーで軍事クーデターが起きた。中国は国軍のクーデターを予知していたのではなかろうか。

 バイデン政権はミャンマー国軍系企業の米国内にある資産凍結などの制裁を打ち出した。日本の対応はどうなのか。軍事クーデターを非難したものの、制裁は何一つ行っていない。NLD、国軍ともに協力関係を築いているため動けないという。万が一にも国軍と抗議デモ参加者らが武力行使に発展し最悪の状態に陥った時、現地の日本人の身の安全をどのように守るのだろうか。

 ヤンゴン訪問当時の日本企業の進出数は約80社だった。今は進出企業約400社、現地日本人は3500人に達している。最悪状態に備えて菅政権は日本人を安全な場所に避難させるための輸送手段を用意しているのだろうか。現地で携帯電話、ネットワークは自由に使えないようだ。情報伝達手段をどうするのか。首相官邸に設けられた危機管理センターを通じて情報収集に努めることは無論のこと、関係各国との連携を密にして日本人の安全確保に万全を期して欲しい。


pr-konwakai02
経済記者OBの目を配信する
「広報ソリューション懇話会」
ホームページはこちらから≫

立憲民主党のOBの活躍に期待する

阿部 和義 元気な時には気にならない健康状態が舌がんが昨年(20年10月)に再発して、健康状態が良いことに感謝している。

 およそ10年前に初めて舌がんという診断が東京医科歯科病院で出た。当時は定年になって10年たたないで「体を使い過ぎて病気になっちゃった」と「舌癌何するものぞ」 と意気けんこうなところがあった。家族が病院に呼ばれて主治医からいろいろな説明を受けたが、「何とかなるだろう」という受け止め方だった。幸いなことに娘二人は医者なので安心していた。

 最初の時は「手術して患部を取りましょう」ということになった。13時間かかった手術も何とかなった。その時に「取りそこなったところがあるのがちょっと心配だ」という話もそれほど気にならなかった。ところが昨年10月に左のリンパの部分にがんが見つかった。78歳になり「人生半ばすぎておりどうするか」ということになった。私としては「今さら13時間もかけての手術はかなわないー」という気持ちだった。家族と話し合って様子を見ようということにした。

手術を進める医者たち
 東京医科歯科大の先生は道先生をはじめ全員が手術を勧める。最初の時と同じで手術をしてもしなくても口から飲み込むのは大変である。この間にいろいろな人(先生といわれる人も含む)が、どんな方法がよいのかわからない間に日だけが立ってゆく。日がたつのがはやいなーという気持ちだった。「今やなるようにしかならない」という心境になっている。

 テレビや新聞、雑誌を読むことが多くなっている時にあるテレビ局で立憲民主党の岡田克也議員が「COP26」の質問をしていた。地球温暖化阻止のためのパリ協定を岡田議員は「日本としてこの協定をどうするかがこれからの日本の進む方向を示唆するものであり、まじめに取り組まなければ世界中から笑われてしまう」と表を示しながら若手の有力な環境省の小泉大臣などを追及していた。

 日本の将来のために岡田議員のようなまじめな議員が増えてくれば、日本も明るいものになるのではないか。岡田議員の父親を知っているだけに活躍を期待したい。

 (病床のベッドからテレビを見ての感想である)



pr-konwakai02
経済記者OBの目を配信する
「広報ソリューション懇話会」
ホームページはこちらから≫
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

corporate_pr

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ