コルシカ島でつかまえて

自作ソフトウェアの紹介と時々日記のブログです。
※写真の風景はハワイです

RAMG 7th イン ハワイについて(最終日)

 最終日と言っても、帰国するだけの日ですが。

スーツケースの荷物だけ先に運び出されるため、荷詰めだけ終わらしてから朝食へ。
05_01
朝食は、これまでにも来たことがあるチーズバーガー・イン・パラダイスで。いや、チーズバーガーは食べていませんけどねw




ホテルから空港へ向かうバスの出発では、玉木さんのお見送りがありました。
地域で帰国の便もけっこう時間帯が分かれているため、それぞれに見送りしようとしたらこれもほぼ1日掛かりの仕事ですね。
飛行機で帰国し無事終了、家に着くまでがRAMGですw
05_02


 総じて今回はこれまで以上に玉木さんと接する時間が多く取られていたと感じられて、
ファンにとっては優良なイベントだったのではないでしょうか。
玉木さん、そしてスタップの皆さんお疲れ様でした。

そして、今回も読んでくれた方、ありがとうございました。

RAMG 7th イン ハワイについて(5日目)

 いよいよメインのイベントであるディナー&ライブの日へ。

夕方までは自由なんだが、集合時間を確認したところ・・・
今回ロビーの集合時間が14:50~15:10で、なんかディナーにしては早いな~と思ったが、その理由も後で分かる。

 午前中はダイアモンドヘッドに登る。
04_01
今回イベント以外の自由時間は特に何するってあまり考えてなかったが、買い物以外にも何かしておきたいと思い試みた。
ハワイだけはイベントツアーも含めて何回か来ているが登るのは初めて。
眺めも良かったし適度に運動できるから、天気さえ良ければまた登りたい。

昼はテディーズ・ビガー・バーガーへ。
前回ハワイに来たときは、何かタイミングが合わずに食べそびれたが、今回はそれが叶った。
とりあえず一番小さい大きさ(それでも『ビッグ』なのだが)を頼んだが、このサイズ。
04_02

次はビガー、ビゲストと挑戦することにしようw

時間となり、ロビーで集合。
ここからバスに乗って、会場に行くわけだが場所がタートルベイというところ。
地図で見たらオアフ島のほぼ最北端だった。
ホテルからバスで1時間30分くらい掛かるってことだから、結構な距離である。
集合時間が早かったのは、このためか?


バス乗りながら、心配していましたが、今日は雲行きがあやしくて、天気がかなり微妙だった。
現地に付いてもしばらくバスから降りられなかったしね。
04_03

ようやくバスから降りられたものの、これまでハワイに来たなかでは珍しいくらいによく雨が降ったんだが、それでもなんとか持ちこたえたかな。
名物の虹も現れて、雰囲気もよくなってきました。
04_05


最初に玉木さんからシェルレイをかけてもらいながらお出迎えがありましたが、改めてディナー開始時に登場するときは、みんなで玉木くんコール。

どこから来るのかと思いきや、なんと馬に乗って颯爽と登場。
源義朝役で修練した乗馬の腕前を、ファンに披露してくれた。
神サプライズか!?

馬で登場するのは玉木さんの発案だそうで、馬に乗れる場所ということで、このタートルベイが選ばれたとのことです。

なかなかこういうことってファンの前だけとは言え、やってくれないことだと思う。
リスクもあるだろうしね。
それを恐れず、しかもサプライズでサービスしてくれる、マジ玉木△

乾杯時のトークや、ウェルカムランチのトークもそうでしたが、本ツアーは大河ドラマ撮影のクランクアップ直後に行ったためか、源義朝役にかなり強い思い入れを持っていることが伝わってきました。
また、今後の活動の報告もけっこう暴露気味だったようです。
レベル7の放送と被っていますが、ファンならレコーダーに録画予約は当然といったところでしょうw
銅雀台は是非日本でも全国ロードショーしてほしいです。

ディナーとライブの後は握手会があって終了。
04_04
しかしこの握手会も一人ひとりの時間がこれまで以上に長く取られていてサービス精神旺盛でした。


そういや馬はファンの黄色い声援に圧倒されて終始、怯え気味だったのがちょっと気の毒。
調教師さん待っている間ずっとなだめてたしw

RAMG 7th イン ハワイについて(4日目)

この日のイベントは2ショット撮影会ということで、これまた恒例。
各人の時間は短いながらも、玉木さんとスタッフにとっては1日仕事だし、占有時間のギャップが激しいイベントと言えるでしょう。
人によっちゃ、ツアー最大の山場と捉える方もいたでしょう。

 自分のグループの時間は10時台だったので、午前はイベント、午後はフリーとなりました。
今回のツアーは土日を間に入れる日程だったので、土曜の午前が空いていれば、この曜日の朝だけに開催されるというファーマーズマーケットにも行けるかな、
という期待もありましたが、そこはイベント重視なので、次の機会に回すことにした。


 朝ごはんはエッグスン・シングスへ。
03_01
大人気だそうですが、マリオットの比較的近くに別店舗が出来ていたので早起きしていくことに。
しかし7時頃でしたが、すごい行列w
回転はそんなに悪くなかったので、がんばって並びました。
でパンケーキを1つは頼んだのですが、生クリームの量がこれまたとてつもなく半端なし。
何ともアメリカンなメニューでした。

で、いよいよ2ショットの時間となったわけですが・・・
今回良かったのは、前回の天動説(スターの方が動いて撮影)が止めになり、
前々回と同じ地動説(ファンの方が動いて撮影)の形式に戻ったことです。

前回は各個の部屋のソファーに半ば強制的に撮影場所を決められたので、正直ハワイで撮る意味ないな~と思っていましたが、恐らく不評だったことが容易に想像できます。

今回は眺めのいいスイートルームに玉木さんがスタンバっているため、風の影響も無くロケーション的には最もバランスが取れていたと思う。

しかし毎回思うが2ショットの撮影をなぜ◯◯がやるのかw

8人1組で部屋に入り、順番に撮影。
いろいろポーズというか撮り方のリクエストを受け付けて貰えるのは、やはりいいと思います。
撮影のあと、ポラロイドが乾くのを待つアンド、サインして貰うために円卓でくつろげるのですが、何故か決まった人だけうまく撮影できておらず何度も撮り直しになるのはワロタ。
まあ、本人にすれば役得だろうけどねw

その日の午後はアラモアナショッピングセンタで買い物。
03_02

ジャンバ・ジュースはこの時飲んだ。
ストロベリーサーフライダーは美味しかったです。

晩ごはんは・・・iHOPへ1回行ってみようということで行きましたが、
アルコール類は全く置いていない店というのが入ってから分かり、ちょっと失敗。
飲まない人にはノープロブレムなんだけどね。
03_03


RAMG 7th イン ハワイについて(3日目)

 第2のイベントである、ウォークラリーは3日目。
02_01

出発地点に移動した後、出発前に集合写真の撮影でした。
02_02

今回の集合写真は10数人程度の少人数単位で撮影だったので、一人ひとりハッキリ写っているのが分かって非常によかった。

その分撮影回数が増えるため、玉木さんの手間が増えているのはご苦労様です。


ウォークラリーは配られたカードに書かれた地点を数人のグループ単位で巡り、スタンプを貰うかクイズに答える、というものです。

どれも玉木さんにまつわる場所、という訳です。

特に競争という訳ではないので、みんなでワイワイ楽しく散歩しましょう、と言ったところか。

これまでツアーの参加者同士でどんどん仲良くなる人たちもいますが、そういうことが苦手な人でもウォーキングのグループでは自然と親睦を深める機会が得られる良いイベントではないでしょうか。


巡った地点、とその関連とは・・・

02_03

ジャンバジュース
アラモアナショッピングセンター内のジュース屋
ストロベリーサーフライダーというスムージーがオススメとのことです。
当日は混んでて買うのは諦めましたが、後日飲みました。

02_04

ハレコアホテル
前回のハワイでディナーとライブに使った会場です。

02_05

88Tees
RAMGのコラボグッズでもお馴染みです。

02_06

焼肉HIROSHI
名前・・・か?

02_07

マリオットホテル
前回と今回のツアーの定宿です。
ここでは玉木さん自らからスタンプを押してくれました。

02_08

ホノルル動物園
声優をやっている「マダガスカル3」のキャラクタ(の動物)が数種いる、という理由です。
中に入って更に動物毎に対応するシールを貰わなければなりません。

02_09

ウォークの後は動物園の広場で昼食を取ったあと、これまた恒例の抽選会でした。
まあ自分は何も当たらず残念でしたが、特に昨日のプラダのアロハは羨ましかった。
そういえば抽選会の間中、奇声をあげて鳴き続けてたオランウータンは何だったんだろうw

ウォークラリーのクイズの全問正解者は玉木さんから特別にスタンプを貰える、というものでしたが、結局ほぼ全員が該当者だったため、最後は全員ならんでスタンプを貰った順に解散、となりました。
これもこれでご苦労様なことです。


その日の晩はヒルトンホテルの中にある24-7というレストランで取った。02_10
全体的にボリュームは半端なかったw

RAMG 7th イン ハワイについて(1~2日目)

 ついに3回目となった、玉木宏さんのハワイイベント。

毎回これを最後にしようと思いつつw、3回目も行ってしまったタマハワです。

GW後の間もない頃、アンド週の中間から出発、ということで休みとって行けるかどうか調整がかなり苦しい日程でしたが、何はともあれ準備できたので出発。

空港でツアーの人から飛行機のチケットを受け取ると同時に、何故かシャンプーその他諸々のセットを手渡される。
玉木さんがCMをやってた(今もやってる?)あれですが、現物は普通には売っていないのか実物を初めて見た。
まあ向こうのホテルで利用させてもらうことにする。

01_01初日は機中泊でホノルルに着いた後、バスに乗ってハイアットリージェンシーホテルまで移動

そこで最初のイベントであるウェルカムランチがありました。
会場の入り口で玉木さんがお出迎え。
01_02


そこで恒例のオリジナルグッズをプレゼントされました。それがこれ。
01_03

前々回はウォレット、前回はパスポートケース、今回はスーツケースのネームタグ、ということで確実に旅行グッズで固めておりますな。
これも有効活用させていただくことにします。

01_06
ここでツアー参加者の全貌が見渡せるわけだが、320人かそれ以上といった数だった。
どれだけ集まるのやらと思っていましたが、これまでと変わらない規模にちょっと驚きでした。
01_07

ランチ中、玉木さんは、席を一つづつ周りながら、これも恒例のピックのプレゼント。
01_04


そして今回は更にオリジナルデザインのハンドタオルもプレゼントされました。
次の日のウォークラリーで汗拭きとして使って、ということのようです。
01_05

素材はタオルの産地として名高い今治タオルを使用、というのが何とも好感持てます。
因みにエイティエイティズでも発売していました。

しかし、このウェルカムランチの間、玉木さんが来ていたアロハのデザインは非常に特徴的だった。
どうもプラダのらしいが1着しかないとのことで買うのは不可能、残念!


ブリーフィングの後はホテルに移動してその日は解散。
ホテルは前回と同じくマリオットで、部屋から海の見えるロケーションだった。さすがに全開というわけにはいかんがw
01_08
自動割り振りにしてはちょっとお得かな。

相変わらずハワイに着いた日は時差ボケで眠気が半端ない。
でも玉木さんも言ってましたが、寝てしまうと終わりなんで夜までガマンです。

その日の晩ご飯はクヒオ通りのフォー・オールド・サイゴンというベトナム料理の店で取り、
フードパントリーで適当に買い物して終了。
01_09

そういえば、今回はリリコイバターが難なく買えたな。

RAMG 7th in HAWAII

DSC_0059 昨日、ホノルルより帰って来ました。
家に辿り着くと疲れがドッと出てきましたが、非常に充実したイベントでした。
詳細は後に書きます。

序盤のコツを考えてみた #フィッシュオンネクスト #PSVITA

『フィッシュオン ネクスト』買いました。
システムはセガのゲットバスによく似てます。

バスが興味を示すルアーと示さないルアーの差が激しいね、これ。
興味を示さないルアーの場合、本当に見向きもしてくれない。

なんかやたらとアピール度の高いルアーがDLCとして発売されたが、それは置いといて、自分なりに釣り方のコツを挙げていこうと思う。

キャストする前に水面をズームアップして、魚影があることを確認しましょう。
基本ですが、バスの居ないところに投げ込んでも釣れません。
水面の様子しか見れないのでは?と思うけど深さはあまり関係ないみたい。
実際には深いところにバスがいることがよくあります。

キャストのパワーもあまり関係なさそう。
無理にMAXを狙う意味は無さそうです。

キャスト後、(これが重要だが)バスが居たときキャラクタが何か喋れば、望みありと見ていいと思う。
逆に何も喋らなければ、さっさと引き上げてルアーを変えて再チャレンジしたほうがいいかも。
ちなみにバスが近づいてきて喰いつきそうときもキャラクタが喋るので、これも目安になる。
追加されたキャラクタが、実にゲーム性として役に立っていると実感できる部分かもw

ところで喰いついたと思ったらスカされることもよくある。
これってフェイント?

うまくフッキングしたら後は◯押しっぱなしで、ときどき出るロッドアクションに対応すればいいんだけど、時々テンション張りっ放しなのにロッドアクション出ないでラインブレイクすることがある。
何故かよく分からないが、まあとにかく速く釣り上げるのが一番かもね。
ロッドアクション出てないときも右アナログをグリグリしてると、凄く勢い良く巻ける箇所が時々あるので、それを探すのも手だと思う。

コツを掴むかどうかで、このゲームの評価は左右されるかも。

え、それで写真撮ってもらうの?

2012-04-07-150446ソニーストア大阪のPSVITAのイベントに行って来ました。
自分は既にPSVITAも持ってて、MHP3もそれで遊んでたけど、花見にはまだ早かったので様子見ということで。

生トロクロが来るのがある意味目玉だけど、会えるのは12時~17時の00分からというスケジュールらしい。
結構ポーズとったり、写真撮影したりとか、子供もいたので微笑ましかった。

そこで写真撮影してもらった女の子が渡したカメラというのが・・・
まあ、SCEはこの現実を厳粛に受け止めて、シェア拡大に励んで欲しいです。

それはそうと、アンケートに答えたらTシャツが貰えたので、ちょっとお得でした。

大阪は明日もやるそうです。
場所的にフラッと歩いてたら偶然見かけた、というものじゃないけど、
その分、意図的に足を向けた人が集まることになるから、共感性は高いかも。

次週は名古屋らしい。
全国行脚するつもりだろうか。

とにかく、モンハン新作をPSVITAにも出してほしいな~。

最後の衣装で履いてたものは…

20110820_zepp
TAMAKI HIROSHI LIVE TOUR R.G.B 2011でZEPP大阪に行ってきました。

自分は今回400番代ということで割と後ろの方でしたが、盛り上がりは十分堪能できました。
2年ほど前だったか、前回のライブも行きましたがその時に比べて玉木さんも落ち着いているというか、前より遥かにお客さんを楽しませようとして、エンターテインメント性は確実にアップしていたと思います。

今回は、R.G.Bということで、色の3原色がそこかしこにモチーフにされていました。
玉木さんの衣装は最初赤でワイルドかつスポーティなイメージはいいのですが…。
周りのバンドのメンバの人もそれぞれ色のTシャツを着ていて、玉木さんと合わせて5人居たのですが、最初の玉木さんの赤の衣装と合わせると、一体どこの戦隊モノ?
となったのが個人的にはツボでした。

後、最後の青の衣装で履いていたものは、やはりこの夏流行りのアレにしか見えなかったんですが、そう思ったのは自分だけか?
でも欲しいなあ。


タッチパネルで究極の操作性とは #Android

08
アンドロイドマーケットに「ナショナルバーチャン」を公開しました。
国旗合わせパズルゲームです。
(右の画面は英語表記ですが、日本語表記ももちろんあります)

バラバラになった国旗と国名のうち、国旗をスライドさせて入れ替え、正しい組み合わせに戻します。

総当りで必ず解けるのでハードルは低いと思います。
遊んでいるうちに国旗が自然と覚えられる、というのを目指しましたが果たしてどうか…

国旗当てのゲームも既に幾つかあるので他とは違う操作性を考えたり、見た目をちょっと派手にするために壁紙を動かしたりとしていますが、注目されるアプリにするにはどうすればいいのか試行錯誤中です。

まあ、ネタさえあれば国旗以外でもいろいろ出来そうだけど。
livedoor プロフィール
アクセスカウンタ
  • 累計:

  • ライブドアブログ