森の中の工場〜ナニック那須工場を見学

国内の木製ブラインドではパイオニア的存在のNanik(ナニック)。

ナニックジャパン株式会社は一昨年(2022年)の5月、生産拠点を戸田工場(埼玉県)から栃木県那須塩原市の新工場に移転しました。「森の中の工場」という、ナニック那須工場を見学してきました。
2023_08_29 (3)
森の中の工場

都心から自動車で約2時間半、東北自動車道「西那須野塩原I.C.」を降りて10分ほど走ると、ナニック那須工場がまさに「森の中」に現れます。
2023_08_29 (16)
事務所棟

2023_08_23 (1)
3棟からなる工場

約50,000屐陛豕ドーム1個分)の森林の中に約3,000屬量畋す場建屋が建設されました。
ナニックのウッドブラインド、ウッドバーチカル、ウッドシャッターについて、素材の選定・加工から塗装、組み立てまでの生産工程を見せていただきました。
2023_08_29 (8)
スラットの切り出し

2023_08_29 (25)
プレミアムシリーズの塗装工程

2023_08_29 (14)_2
ブラインドの組み立て

長年培ってきたノウハウを元にした、ものづくりへのこだわりを肌で感じることができました。
ナニックは地元栃木産の木材の活用を広げていき、地方創生を行うとともに国産木材の有効活用に取り組むことで、持続可能な企業として進化していくことを目指しているそうです。

特に国産木材のウッドブラインドは注目ですし、応援していきたいと思いました。

みなさまに支えられて30年〜創立30周年〜

1993年8月1日が会社設立日となる株式会社コルティナは2023年8月1日、創立30周年を迎えました。

30年やってこられたのも、得意先の皆様はもちろんの事、仕入先メーカーの皆様をはじめ縫製加工の皆様、外注施工の皆様など本当にたくさんの皆様の支えとお力添えがあっての事と、心より感謝申し上げます。

8月4日(土)、立川パレスホテル ローズルームにて創立30周年記念パーティーを開かせていただきました。社員も含め約180名が参加者となるパーティーとなりました。
IMG_9096

IMG_9076
パーティーでは、過去にコルティナを担当した仕入先メーカーの営業担当さん数名より、当時の思い出話をなどをいただきました。また、コルティナ30年のあゆみをまとめたスライドショーを上映し、コルティナと業界の歴史を振り返りました。
さらに、豪華賞品が当たる「くじ引きゲーム」を行い、出席の皆様に楽しんでいただきました。
30th_slide2
1998年当時の店舗外観

30th_slide3
2007年当時の店舗外観

将来を見据えた成長を続け、皆様に信頼いただける企業として貢献できるよう、社員一同、今以上の努力を重ねる所存です。
これからも今以上のお力添えとご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

JAFICA「未来に続くインテリアコンテスト2022」に協賛

日本フリーランスインテリアコーディネーター協会(JAFICA/江口惠津子会長)が主催する「未来に続くインテリアコンテスト 〜withコロナからの新しいくらしのかたち〜」の表彰式が12月14日(水)、東京・千代田区の学士会館で行われました。
IMG_4981_
コルティナはこのコンテストに協賛をさせていただいており、表彰式に出席させていただきました。

フリーランスのインテリアコーディネーターの協会としてJAFIACAは34年前に設立されました。
JAFICAの江口惠津子会長より「全国のフリーランスのインテリアコーディネーターの協会を立ち上げた諸先輩方に敬意を示すとともに、さらなる次の30年につなげるための取り組みとして、このコンテストを企画しました」と、話がありました。

「第2回未来に続くインテリアコンテスト」は、2024年度に実施する予定とのことです。

>>「未来に続くインテリアコンテスト」詳細
>>コンテスト協賛企業(株式会社コルティナ)紹介

ツッパルーバ 旧タイプ330の在庫終了

ツッパルーバは発売開始当初、3つのサイズ(330、570、710)の3タイプからスタートいたしました。
1115
「3サイズでは、小窓の枠内寸法で該当する商品が無い」という声をいただき、その後25僉85僂泙5僂ざみの13サイズのラインナップに切り替えました。

ツッパルーバの初期タイプ330、570、710の3種類について、タイプ25〜85の13種類への販売切り替えにともない、現状在庫限りでの販売とさせていただいておりました。このたび、タイプ330(33〜38兮弍)の在庫が無くなりましたため、タイプ330の販売を終了とさせていただきます。
A003 (2)
タイプ330の代替品としましては、タイプ30(30〜35僉砲泙燭魯織ぅ35(35僉40僉砲任梁弍をお願いいたします。また、同じく初期タイプの570と710につきましては、まだ現状在庫が残り50枚程度ずつございますので、引き続きよろしくお願いいたします。

JAPANTEXをオンラインでご覧いただけます

JAPANTE2022に行けなった、見逃した、という方はぜひご覧ください。
webサイトでオンライン展示会をご覧いただけます。
メタバース型のバーチャル展示会で、自分のアバターが会場内を自由に歩き回ります。

中に入っていくと、コルティナの出展内容もご覧いただけます。

JT-S22_1
JAPANTEX2022 オンライン展示会

入場には登録が必要となりますが、入場したら「ホールA」をクリックしていただき、「Interior Trend Square(インテリア トレンド スクエア)」をクリックしてください。

JT-S22_2

アバターを動かして右奥に歩いて行ってください。コルティナのオンライン展示が出てきます。

JT-S22_3

画面をクリックすると、コルティナがJAPANTEXで展示した内容を動画でご覧いただけます。

オンライン展示会は2022年11月9日(水)から2023年1月31日(火)までご覧いただけます。
リアルでご覧いただいた方も、会場に行けなかった方もぜひご覧ください。

JAPANTEX 2022に出展いたします

10月26日(水)〜28日(金)、東京ビッグサイトにて国際インテリア見本市「JAPANTEX 2022」が開催となります。

コルティナでは、インテリアトレンドスクエアの中で出展いたします。
JT-S22
↑JAPANTEX公式サイトで出展内容をご覧いただけます

コルティナのオリジナルカーテンアイテムとして「麻のカーテン・リナス」、「GOSHIKI」を展示します。
まったく新しいウインドートリートメントのエレメントであります「ツッパルーバ」も展示します。

また、今回はソフトの面でも新しい企画をご紹介させていただきます。

ぜひ、東京ビッグサイト「JAPANTEX 2022」にお越しください。


縫製価格ブック「クチュール 06」発刊

オーダーカーテン、ローマンシェード、スタイルカーテン、上飾り、クッションといったカーテン縫製スタイルの仕様と価格を一冊にまとめた縫製価格ブック「クチュール 06」ができあがりました。
IMG_46472
6年ぶりの刷新で6回目の改訂となります。

新しいスタイルとしては、間仕切りなどで両方が表になるリバーシブルフラットカーテン、シンプルなバックタックヒダのリップルハーフ、ネルの中裏地を入れ三層のカーテンをつくるインターライナーなどが加わりました。

スタイルや使用例の画像を見られるように、QRコードを随所に入れました。

やはり、人件費や物流経費の高騰により縫製価格が一部改定されています。あらかじめご了承ください。

ショールームのレイアウトを変更中です

ショールーム(ファブリックス スタジオ コルティナ)の展示コーナーをただいま変更してります。
コルティナのオリジナル商品を、入口右側のスペースに集めました。

麻のカーテン・リナスはスカーフサンプルでディスプレイ台に全点展示いたしました。
2022_linas
<麻のカーテン・リナスの展示>

また、コルティナ・オリジナルのカーテンファブリックスコレクション「GOSHIKI(ゴシキ)」は縫製サンプルで、こちらも全点展示いたしました。
IMG_4228
<GOSHIKIのカーテン展示>

ブラインド類やシェード、スクリーン商品の展示品も一部変更していく予定です。

このレイアウト変更に伴い、一時的ですが商品をご覧いただくのに、ご不自由をおかけする場合がございます。あらかじめご了承ください。

2021年 仕事納めです

2021年12月28日(火)、仕事納めとなります。

2021年、みなさまにはたいへんお世話になりました。
新年は1月6日(木)から営業いたします。

aaa

2022年も変わらぬご愛顧を、よろしくお願い申し上げます。
みなさま、良い年をお迎えください。

CSR活動について

株式会社コルティナは、日本赤十字社に協賛しております。

カーテンショップのファブリックス スタジオ コルティナの店舗内に募金箱(チャリティーボックス)を設置しています。

IMG_3993-1

集まった募金とともにショップの売り上げの一部を日本赤十字社に協賛しております。
ファブリックス スタジオ コルティナでのお買い物が、お客様の募金活動につながります。

赤十字社への協賛を通じて、株式会社コルティナは今後も、社会や地域の皆様へ貢献してまいります。
株式会社コルティナ

コルティナ

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード