当ブログは(何故か)Windows用アクションゲームのガンダムオンラインを応援しておりマス!筆者もジオン軍「余弦-cosP」で参加中!
〜号外記事・仮想通貨の税金対策をしよう!〜
仮想通貨で得た過度の利益を放置すると大変なことに?
想定外の高額納税の他にもさまざまな弊害が!
FXサービス初期に納税で数々の失敗を経験した筆者が
仮想通貨の税金対策の一案を記事にしました。
まだ間に合います。対策はお早めに。
2017年07月22日

[Weekly]7月22日(土)

このエントリーをはてなブックマークに追加
<先週末時点での週足戦略>
EUR/USD 試し買い 成功
USD/JPY 様子見 -
EUR/JPY 買い保持 成功

<現在のポジション>
EUR/USD 1.147L
USD/JPY noposition
EUR/JPY 126.2L

<来週に向けての週足戦略>
・EUR/USD 買い保持bull2bullish.
20170722edw
押し目買いを狙って買い始めたが、ほとんど押さずに上昇してしまったため思ったよりポジションが出来なかった。もしまた押し目ができるようなら積極的に買っていきたい。方針変更無し、25MAを下限に買い下がり、25MAを割れたらストップで。

 スポンサード リンク
・USD/JPY 様子見bull2bear2neutral.
20170722dyw
大幅続落で25MA下抜け、111円割れ寸前まで来た。上げるイメージが沸かず、25MAでの買いは見送って正解だった。引き続き様子見、更に大きく下落したら買いたい。

・EUR/JPY 買い保持bull2bullish.
20170722eyw
ユーロは強いが円も負けないほど強くユロ円は伸び悩み。投機筋のポジション動向を見るとユロの買いと円の売りが飛んでもない量になっていたので、もし調整が始まったら想定以上に深い押しになるかも。124円台に置いていたストップを建値に移動しておく。


<次週のポイント>
ドイツ/欧州 PMI
民間調査会社のMarkit社が集計、発表。企業購買担当者の購入意欲を数値化したもの。50をニュートラルにそれ以上なら景気拡大、50を下回ったら景気減速。政府指標と方向性の食い違いがある場合は注意。

ドイツ Ifo景況指数
欧州最大規模の業況アンケート調査。調査対象は経済アナリストではなく企業。2000年を100として算出。中長期レベルで参考程度に。

イギリス GDP速報
2QのGDP速報値。利上げに耐え得る数字が出せるか。

アメリカ FOMC政策金利発表
金利コンセンサスは据え置き。資産縮小の行方がメインイベント。

アメリカ 耐久財受注
設備投資関連の先行指標。設備投資を前面に押し出すトランプ政権となり前政権時代よりも注目度は上がっている。

日本 CPI
日銀が物価上昇率目標達成時期をさらに2019年に後ずれさせたため、やや注目度が上昇。

ドイツ CPI
数字が悪いと緩和継続の思惑が持ち上がる可能性も。

アメリカ GDP速報
2QのGDP速報値。コンセンサスは大幅改善。先に発表されるFOMC金利発表の結果により重要度が変わってくる。


・雑感
思っていたより遥かにユーロが強く、特にユロドルの強さには目を見張るものがある。押し目を拾っていくイメージで買い始めたのだが、ほぼ押し目なく続伸で狙った通りのポジション構築ができなかった。
ここまでほぼユーロのターンだったが、来週はアメリカのGDPやFOMCなど重要指標が続くので、次はドルのターンが来るかも。現状どちらかというと下目線で見ている。

<余弦> at 07:44コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
週足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

VALU上場のお知らせ
マイクロトレードサービスのVALUに余弦が上場されました。もしご興味ありましたらご購入お待ちしております。
※VALUの購入にはビットコインが必要となります。
検索などで来て頂いた方へお願いです。記事をご覧頂く前にブログの運営方針をご一読下さい。
また、当ブログは筆者余弦の妄想で出来ています。投資は自己の責任と判断の下で行ってください。
スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
余弦はつぶやいた
FXマーケット情報




為替レートは