当ブログは(何故か)Windows用アクションゲームのガンダムオンラインを応援しておりマス!筆者もジオン軍「余弦-cosP」で参加中!
2017年12月02日

[Weekly]12月2日(土)

このエントリーをはてなブックマークに追加
<先週末時点での週足戦略>
EUR/USD 様子見 -
USD/JPY 売り保持 失敗?
EUR/JPY 売り保持 失敗?

<現在のポジション>
EUR/USD noposition
USD/JPY 113.4S
EUR/JPY 133.9S134.1S

<来週に向けての週足戦略>
・EUR/USD 様子見bull2bear2neutral.
20171202edw
下髭付きで小幅陰線引け。相変わらず今一つ方向感も見えず、1.2が重いとも1.18が固いとも取れる値動き。方針変更無し、9月高値の1.209辺りを目処に戻り売り、上抜けたらドテンロングを指しておく。

 スポンサード リンク
・USD/JPY 売り保持bear2bearish.
20171202dyw
髭部分を除けば25MAに支えられたと見えなくもない展開で陽線引け。ひとまずは前回の25MA半分利食いは正しい判断だったということになる。方針変更無し、残ったショートは建値ストップでホールド。

・EUR/JPY 売り保持bear2bearish.
20171202eyw
続伸で引け。なかなかレンジを抜けられずにずっとヨコヨコが続いている。抜けたら動きが速くなりそう。方針変更無し、ストップ134円台後半で売り保持。25MA接触で半分利食い、最終目標は75MA


<次週のポイント>
豪州 RBAキャッシュターゲット
暫く監視から外していたが利上げが近いとの見方も強いので一応見ておく。

アメリカ 貿易収支
かつては雇用統計を上回る影響力を持った指標だった貿易収支。財政赤字と並べて「双子の赤字」と呼ばれていたこともあり。赤字額は2006年をピークに現状回復基調。トランプ氏が大統領当選につき影響力増。

アメリカ ISM景況指数
全米供給管理協会によって発表される指数。50を中立として高ければ景気良好、低ければ景気後退とされる。強みは発表が他の指標よりも早いこと。株、為替共に影響力大。

アメリカ ADP全国雇用者数
人事関連業務の大手代行会社のAutomatic Data Processing社が発表する雇用調査レポート。政府発表のものが公務職雇用も含めたデータなのに対し、ADPは民間事業者のデータのみのため場合によっては乖離が生じることも。

日本 GDP二次速報
第三四半期のGDP改定値。コンセンサスは小幅上方。

アメリカ 雇用統計
説明不要、月例イベント。2015年頃まではNFPの数字が重要視されていたが、ほぼ完全雇用となっている現在は平均時給の方に注目が集まっている。雇用者数が少なくても時給が上がればドル高になるケース、またその逆も多くある。

アメリカ ミシガン大消費者信頼感指数
ミシガン大学によって実施されるアンケートの結果を集計して数値化したもの。コンファレンスボード発表の同指標より調査の対象人数が少ないため予想値の精度が低いのが特徴。2015年頃から徐々に影響力が低下。


・雑感
金曜のNY時間にロシアゲートが蒸し返されて一時ドルは対円で111.4まで下落、税制改革期待で112円台までリバウンドしている。なおダウの方はもっとひどく、高値から400下げて300リバウンドというジェットコースター状態。週足レベルで見るとまあまだ誤差の範囲なので方針変更には至らないが、今後の延焼には注意が必要だろう。来週は今年最後の雇用統計。悪いことは一つ出ると立て続けに出てくるケースが多い。さてどうなるか。


<余弦> at 07:20コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
週足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

再掲:暗号通貨の課税
暗号通貨課税の要点を記事にまとめています。個人でのトレードは12月末が締め日となります。今年大きく利益を上げて、来年大きく損をすると税金破産もあり得ますのでご注意ください!
余弦が掲載されました!
検索などで来て頂いた方へお願いです。記事をご覧頂く前にブログの運営方針をご一読下さい。
また、当ブログは筆者余弦の妄想で出来ています。投資は自己の責任と判断の下で行ってください。
スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
余弦はつぶやいた
FXマーケット情報




為替レートは