当ブログは(何故か)Windows用アクションゲームのガンダムオンラインを応援しておりマス!筆者もジオン軍「余弦-cosP」で参加中!
2018年02月03日

[Weekly]2月3日(土)

このエントリーをはてなブックマークに追加
<先週末時点での週足戦略>
EUR/USD 売り転換 
USD/JPY 買い転換 大成功
EUR/JPY 買い保持 成功

<現在のポジション>
EUR/USD 1.243S1.249S
USD/JPY 108.6L
EUR/JPY 135.4L

<来週に向けての週足戦略>
・EUR/USD 売り保持bear2little bearish.
20180203edw
上昇の勢いは止まったが微妙な陽線で引けた。先週ECBのスタンス変更に倣ってショートにひっくり返したが、チャートで見るとどう考えても売りはおかしいことに気づいた。雇用統計が良くドル買いが続きそうな雰囲気なのでひとまず現状維持、1.26超えに置いてあるストップをつけたらドテン買いとする。

 スポンサーリンク
・USD/JPY 買い保持bull2little bullish.
20180203dyw
前回ショート利食いからのドテン買いを決行、落ちるナイフを華麗につかんで往復取ることに成功。買い下がり予定で入ったのでポジは少ないが、完全に波に乗れておりほぼ完璧なトレードができた。突っ込み売り勢の損切りがまだ出ると想定して買いはホールド。利食い指値は置かないがMAが効いてきそうなら利食いも視野に。

・EUR/JPY 買い保持bull2little bullish.
20180203eyw
天井を付けたような動きになっていたが結局は円安に引っ張られて上抜け。25MAを信じて買いで粘っていて良かった。方針変更無し、25MA割れにストップを置いて買いホールド。買い増しは未定。


<次週のポイント>
アメリカ ISM景況指数
全米供給管理協会によって発表される指数。50を中立として高ければ景気良好、低ければ景気後退とされる。強みは発表が他の指標よりも早いこと。株、為替共に影響力大。

豪州 RBAキャッシュターゲット
暫く監視から外していたが利上げが近いとの見方も強いので一応見ておく。

アメリカ 貿易収支
かつては雇用統計を上回る影響力を持った指標だった貿易収支。財政赤字と並べて「双子の赤字」と呼ばれていたこともあり。赤字額は2006年をピークに現状回復基調。トランプ氏が大統領当選につき影響力増。

NZ RBNZオフィシャルキャッシュレート
豪州金利と並行して。

イギリス BOE政策金利発表
コンセンサスは据え置き。雲行き怪しかったEU離脱案件が楽観視され始めており、また視点が金利に移ってくる可能性も。


・雑感
ADPやISMが良くても今一つ買われなかったドル円がようやく上がり始めた。ユロ円も上げていたので恐らく円買いの損切りが出ているものと推測。加えて雇用統計も相変わらず非常に良好で、NFPは上ブレ、給与も想定通りの伸びで且つ前回分が上方修正と申し分のない結果に。長期的にドル買いが続くとは思っていないが、暫くは需給による買いが入ると想定して戦略を構築。
為替チャートだけを見ると好調なリスクオンの様相だが、昨晩ダウが665ドル下げていることは頭の片隅に入れておきたい。

<余弦> at 08:17コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
週足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

広告
小型家電回収
壊れていてもOK!上場企業のリネットジャパンが9月までPCの無料回収を行っています。捨てるにもおカネがかかるから、と自宅に置きっぱなしになっている不要PCはありませんか?
検索などで来て頂いた方へお願いです。記事をご覧頂く前にブログの運営方針をご一読下さい。
また、当ブログは筆者余弦の妄想で出来ています。投資は自己の責任と判断の下で行ってください。
スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
余弦はつぶやいた
FXマーケット情報




為替レートは