当ブログは(何故か)Windows用アクションゲームのガンダムオンラインを応援しておりマス!筆者もジオン軍「余弦-cosP」で参加中!
2019年02月01日

[Daily]2月1日(金)

このエントリーをはてなブックマークに追加
・EUR/USD お試し売り保持bear2little bearish.
20190201ed
1.15に乗せてストップをかすめて反落、ストップをタイトに置いていたら天井損切りになるところだった。やはり今までのセオリー通りやっていたら損切りだらけになる相場であることは間違いない。方針変更無し、1.15乗せ分散ストップで売り保持。

 スポンサーリンク
・USD/JPY 売り保持bear2bearish.
20190201dy
東京から欧州序盤にかけてはきれいな右肩下がりだったがNY時間に下げ止まり反発。下では買い戻しも入るが、徐々に落ちていくイメージに変わりは無し。方針変更無し、111円乗せと75MA乗せの2分割ストップで売りホールド。雇用統計待ち。

・EUR/JPY 売り保持bear2bearish.
20190201ey
ドル円はNY後半で買い戻しが入っていたがユロ円は戻っていなかった。ユロ単体として弱い様子だが、指標はコンセンサス通りにクリアできていたし、理由は相変わらず不明。方針変更無し売り保持、ストップ位置も126円乗せと75MA乗せの2分割で変更無し。

<本日発表予定の指標>
時刻 内容 前回結果 今回予想
08:30 (日) 12月 失業率 2.5% 2.4%
08:30 (日) 12月 有効求人倍率 1.63 1.63
09:30 (豪) Q4卸売物価指数(PPI)
[前期比]
0.8% -
09:30 (豪) Q4卸売物価指数(PPI)
[前年同期比]
2.1% -
10:45 (中) 1月財新製造業
購買担当者景気指数(PMI)
49.7 49.7
15:45 (スイス) 1月 スイス
SECO消費者信頼感指数
-6 -5
16:00 (トルコ) 1月 製造業
購買担当者景気指数(PMI)
44.2 -
16:30 (スイス) 12月 実質小売売上高
[前年同月比]
-0.5% -
17:30 (スイス) 1月 SVME購買部協会景気指数 57.8 55.8
17:55 (独) 1月 製造業購買担当者景気指数
(PMI改定値)
49.9 49.9
18:00 (欧) 1月 製造業購買担当者景気指数
(PMI改定値)
50.5 50.5
18:30 (英) 1月 製造業購買担当者景気指数
(PMI)
54.2 53.5
19:00 (欧) 1月 消費者物価指数
(HICP速報値)[前年同月比]
1.6% 1.4%
19:00 (欧) 1月 消費者物価指数
(HICPコア速報値)[前年同月比]
1.0% 1.0%
22:30 (米) 1月 非農業部門雇用者数変化[前月比] 31.2万人 16.5万人
22:30 (米) 1月 失業率 3.9% 3.9%
22:30 (米) 1月 平均時給 [前月比] 0.4% 0.3%
22:30 (米) 1月 平均時給 [前年同月比] 3.2% 3.2%
23:45 (米) 1月 製造業購買担当者景気指数
(PMI改定値)
54.9 54.9
24:00 (米) 12月 建設支出 [前月比] -0.1% 0.2%
24:00 (米) 1月 ISM製造業景況指数 54.1 54.2
24:00 (米) 1月 ミシガン大学
消費者態度指数・確報値
90.7 90.8
24:00 (米) 11月 卸売在庫 [前月比] 0.8% 0.5%
24:00 (米) 11月 卸売売上高 [前月比] -0.2% -0.1%
※注目度が比較的高いとされる指標は赤字で記載しています。また、上記内容は充分調査の上で掲載しておりますが、内容の正確性を保証するものではありませんので、ご了承下さい。


<今週のポイント>
日本 日銀金融政策決定会合議事要旨 発表済み
金融政策決定会合での議論内容をまとめたもの。

ドイツ/欧州 CPI/HICP 本日発表予定
消費者物価指数速報値。金利や資産買い入れの今後の状況予測のため。

アメリカ ADP全国雇用者数 発表済み
人事関連業務の大手代行会社のAutomatic Data Processing社が発表する雇用調査レポート。政府発表のものが公務職雇用も含めたデータなのに対し、ADPは民間事業者のデータのみのため場合によっては乖離が生じることも。

アメリカ GDP 発表延期
第四四半期のGDP速報値。


アメリカ FOMC政策金利発表 発表済み
コンセンサスは据え置き。

ドイツ/欧州 雇用統計 発表済み
最近あまり注目されなくなっている。大きな値動きにはならないと思うがCPIなどと平行して一応。

欧州 GDP 発表済み
第四四半期分のGDP速報値。


アメリカ 雇用統計 本日発表予定
説明不要の月例イベント。現時点最強の指標とされているが、完全雇用状態となり急激に注目度が低下している。

アメリカ ISM景況指数 本日発表予定
全米供給管理協会によって発表される指数で日銀短観と類似する統計。50を中立として高ければ景気良好、低ければ景気後退とされる。


・雑感
中国事情が若干緩んだ様子。中国側からの会談の時期提案があったと報道されて、この辺りからドル買いに転換していったように見える。ユロドルショートがストップつけたらドル円と相殺させてポジを減らして雇用統計へ、昨日はこんなイメージで見ていたが結局前述の中国ネタでドル売りが止んで、ユロドルはストップに達することなく盛大に反落していきポジション構成は変わらなかった。
ここ暫くずっとC級指標並みにしか動かなくなってきている雇用統計、そろそろ本気を出してくれても良いのではないか?


<余弦> at 07:02コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
日足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

余弦が紹介されました!
froggy
SMBC日興証券の情報メディア、FROGGY(フロッギー)さんに取り上げていただきました!余弦が投資に目覚めた一部始終が語られています。他にも読み始めると止まらない興味深い記事も満載!
今すぐチェック!
検索などで来て頂いた方へお願いです。記事をご覧頂く前にブログの運営方針をご一読下さい。
また、当ブログは筆者余弦の妄想で出来ています。投資は自己の責任と判断の下で行ってください。
スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
余弦はつぶやいた
FXマーケット情報




為替レートは