当ブログは(何故か)Windows用アクションゲームのガンダムオンラインを応援しておりマス!筆者もジオン軍「余弦-cosP」で参加中!
2019年03月07日

[Daily]3月7日(木)

このエントリーをはてなブックマークに追加
・EUR/USD 様子見bull2bear2neutral.
20190307ed
東京から欧州にかけてはほとんど動かず、NY時間に上と下をやってからほぼ元の位置で引け。ADP含め指標は特に目立ったものは無し。総じて静かな展開だった。様子見継続、スキャなども特にやる予定なし。

 スポンサーリンク
・USD/JPY 売り保持bear2bearish.
20190307dy
1日通して値幅30pips程度で小動き。先週後半に高値を抜けた時はボラティリティが帰って来たかと期待していたが、また動かなくなってしまった。方針変更無し、売り保持、ストップも112円前半〜ミドルで変更無し。

・EUR/JPY 売り保持bear2bearish.
20190307ey
ドル円は欧州に高値を付けて、NYで安値を付けてとお行儀の良い動きだったのに対してユロ円は短時間で上下何度も行ったり来たりで忙しかった。触ってはいなかったが、スキャはやり易かったのではないかと思う。売りで現状維持、ストップ位置も127円前半からミドルにかけて分散設置で変更無し。ECBイベントで75MAの効き具合を試す。

<本日発表予定の指標>
時刻 内容 前回結果 今回予想
08:50 (日) 対外対内証券
売買契約等の状況(対外中長期債)
10149億円 -
08:50 (日) 対外対内証券
売買契約等の状況(対内株式)
-152億円 -
09:30 (豪) 1月 貿易収支 36.81億
AUD
30億
AUD
09:30 (豪) 1月 小売売上高 [前月比] -0.4% 0.3%
14:00 (日) 1月 景気先行指数(CI)
速報値
97.5 96.1
14:00 (日) 1月 景気一致指数(CI)
速報値
101.8 98.9
15:45 (スイス) 2月 失業率 2.8% 2.7%
19:00 (欧) Q4GDP確報 [前期比] 0.2% 0.2%
19:00 (欧) Q4GDP確報 [前年同期比] 1.2% 1.2%
21:30 (米) 2月 チャレンジャー
人員削減数 [前年比]
18.7% -
21:45 (欧) ECB政策金利 0.00% 0.00%
22:30 (欧) ドラギECB総裁定例記者会見 - -
22:30 (米) Q4非農業部門労働生産性
改定値 [前期比]
2.3% 1.6%
22:30 (加) 1月 住宅建設許可件数 [前月比] 6.0% -5.0%
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 22.5万件 22.5万件
22:30 (米) 失業保険継続受給者数 180.5万人 1767.5万人
29:00 (米) 1月 消費者信用残高 [前月比] 165.5億
USD
160億
USD
※注目度が比較的高いとされる指標は赤字で記載しています。また、上記内容は充分調査の上で掲載しておりますが、内容の正確性を保証するものではありませんので、ご了承下さい。


<今週のポイント>
豪州 RBA政策金利発表 発表済み
コンセンサスは据え置き。

アメリカ ISM景況指数 発表済み
全米供給管理協会によって発表される指数で日銀短観と類似する統計。50を中立として高ければ景気良好、低ければ景気後退とされる。

トルコ 政策金利発表 発表済み
インフレ加速の渦中にあるので一時的に監視。

アメリカ ADP全国雇用者数 発表済み
人事関連業務の大手代行会社のAutomatic Data Processing社が発表する雇用調査レポート。政府発表のものが公務職雇用も含めたデータなのに対し、ADPは民間事業者のデータのみのため場合によっては乖離が生じることも。

アメリカ 貿易収支 発表済み
かつては雇用統計を上回る影響力を持った指標だった貿易収支。財政赤字と並べて「双子の赤字」と呼ばれていたこともあり。貿易戦争の行方とともに要監視。

カナダ BOC政策金利発表 発表済み
コンセンサスは据え置き。

アメリカ ベージュブック 発表済み
FOMCでの討議資料となる、米国各地区連銀がまとめた報告書。


欧州 GDP 本日発表予定
第四四半期のGDP確報値。

欧州 ECB金融政策発表 本日発表予定
金利発表と総裁の会見。ユーロ圏のメインイベント。

日本 GDP
第四四半期のGDP改定値。

アメリカ 雇用統計
説明不要の月例イベント。現時点最強の指標とされているが、完全雇用状態となり急激に注目度が低下している。


・雑感
為替はほぼヨコヨコ、株価は下落。先週とは打って変わって弱い展開で、株価主導で下げそうな雰囲気。
ベージュブックは当たり障りのない文言ばかりだったが少し気になるところもあった。まだ全文読んでいないので見落としがあるかもしれないが、「12地区のうち10地区はわずかに成長」という文言に対して、残り2地区がどうだったのかの記載がない様子。敢えて書いていないところを見るに、2地区は減速していたのではないかと勘繰ってしまう。また小売りが悪かったことを悪天候要因としていたが、12月の小売りは天候程度で説明できるレベルの悪さではなかったので、ちょっとこれはどうなのかと思う。内心景気の急減速を認識していていて、言葉遊びで誤魔化している印象を受けた。
ポジショントークではあるが(笑)、そろそろ来るべき時が来るのではないだろうか?


<余弦> at 07:08コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
日足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

余弦が紹介されました!
froggy
SMBC日興証券の情報メディア、FROGGY(フロッギー)さんに取り上げていただきました!余弦が投資に目覚めた一部始終が語られています。他にも読み始めると止まらない興味深い記事も満載!
今すぐチェック!
検索などで来て頂いた方へお願いです。記事をご覧頂く前にブログの運営方針をご一読下さい。
また、当ブログは筆者余弦の妄想で出来ています。投資は自己の責任と判断の下で行ってください。
スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
余弦はつぶやいた
FXマーケット情報




為替レートは