当ブログは(何故か)Windows用アクションゲームのガンダムオンラインを応援しておりマス!筆者もジオン軍「余弦-cosP」で参加中!
2019年11月09日

[Weekly]11月9日(土)

このエントリーをはてなブックマークに追加
<先週末時点での週足戦略>
EUR/USD 売り保持 成功
USD/JPY 売り保持 
EUR/JPY 売り保持 

<現在のポジション>
EUR/USD 1.126S
USD/JPY 107.8S108.1S
EUR/JPY 120.1S120.5S120.9S

<来週に向けての週足戦略>
・EUR/USD 売り保持bear2little bearish.
20191109edw
大幅反落で利益が伸びてホクホク。今更だが25MAで少し売り増ししてもよかったかもしれない。ここから下は普通に考えると1.09辺りでの利食いがセオリーだが、あえて指値は置かない。細かい利食いは日足の方でやって、週足ではラガルド砲に備える。方針変更無し、建値ストップで売り保持。

 スポンサーリンク
・USD/JPY 売り保持bear2bearish.
20191109dyw
25MAでいやらしい感じの反発。高値も109.47109円後半に突っ込みそうなところまであった。米中の応酬に煽られながらも謎の堅調推移、もはや頭で考えても意味なしと判断。方針変更無し、109.5110にストップを分散設置して売り保持。なるようにしかならない。

・EUR/JPY 売り保持bear2bearish.
20191109eyw
反落したがまだ25MAに支えられる形になっているので微妙。日足で見たときはレンジ下抜けで売り増したくなってくる形になっていたが、週足で改めて見直すとあまりいい印象は受けなかった。方針変更無し現状維持、122円台に薄く広くストップを並べて売り保持。


<次週の重要イベント>
NZ RBNZ政策金利
25bp利下げコンセンサス、利下げが実施されたら豪ドルと並ぶ。キャリートレードの調達通貨の仲間入りも視野。

アメリカ CPI/PPI
物価の変動を指数化したもの。金利政策に直結する指標。

日本 GDP
第三四半期のGDP速報値。コンセンサスは更に減速。

ドイツ GDP
第三四半期のGDP速報値。

欧州 GDP
第三四半期のGDP改定値。

アメリカ NY連銀製造業景気指数
ニューヨーク連銀管轄内の製造業者に行ったアンケート結果を指数化したもの。0が分岐点。地銀指標ではあるが予想値からブレやすく影響力は大きい。

アメリカ 小売売上高
小売業やサービス業の売り上げを集計して数値化したもの。内需の状況や消費動向の参考に。


・雑感
リスクオン継続であることに変わりはないのだがいつもと空気が妙に違う気がする。上昇速度に陰りが出ていることとは別に、一番気になるのは米中問題への仕掛けが今回に限っては中国側から行われたこと。通常アメリカが楽観コメントを出してそれを中国だ窘めるという展開だが、今回は中国側が楽観コメントを出してそれをトランプ大統領が否定する形に。トランプ大統領は任期があるので、時間的優位性のある中国の方が有利だと思っていたのだが、今回の一件で中国に何か急がなければならない事象が発生したのかと勘ぐっている。これが相場の下落につながるかどうかは分からないが、双方の微妙な変化は気にしながら見ていた方がいいように思う。


<余弦> at 09:41コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
週足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

余弦が紹介されました!
froggy
SMBC日興証券の情報メディア、FROGGY(フロッギー)さんに取り上げていただきました!余弦が投資に目覚めた一部始終が語られています。他にも読み始めると止まらない興味深い記事も満載!
今すぐチェック!
検索などで来て頂いた方へお願いです。記事をご覧頂く前にブログの運営方針をご一読下さい。
また、当ブログは筆者余弦の妄想で出来ています。投資は自己の責任と判断の下で行ってください。
スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
余弦はつぶやいた
FXマーケット情報