当ブログは(何故か)Windows用アクションゲームのガンダムオンラインを応援しておりマス!筆者もジオン軍「余弦-cosP」で参加中!
2020年01月11日

[Weekly]1月11日(土)

このエントリーをはてなブックマークに追加
<先週末時点での週足戦略>
EUR/USD 様子見 -
USD/JPY 半利食い 大成功
EUR/JPY 売り保持 

<現在のポジション>
EUR/USD noposition
USD/JPY 109.4S
EUR/JPY 120.9S

<来週に向けての週足戦略>
・EUR/USD 様子見bull2bear2neutral.
20200111edw
小幅続落だが25MAに支えられるような形と見る事もできる状況で決断が下せない。雇用統計でドルが失速したことも踏まえ、様子見継続とする。25MAを下に割るか、75MAを上突破するかまでは待機する予定。

 スポンサーリンク
・USD/JPY 売り増しbear2bearish.
20200111dyw
アメリカの爆撃下げを全戻し。引っ張った売りポジの含み益は吹き飛んだが、週明けにポジを半分カットしていたのは不幸中の幸いだったか。雇用統計は不発で上のストップ狩りに失敗した格好で引けたのでまあまだ反落の目はあるだろう。今この位置であれば売っても損切りすべき場所が明確なので少し多めに売り直してみようと思う。週明けスプレッドが落ち着いたら売り増し、ストップ位置は75MA超え分散で変更無し。

・EUR/JPY 売り保持bear2little bearish.
20200111eyw
全戻しまでには至らなかったが大きく反発で引け。25MAで利食い待機していたのだが少し欲張りが過ぎたか。120円近辺に置いてある利食い指値はそのままにするが、次にチャンスが来たら手動で利食いも考えている。ストップは122円台後半で変更無し。


<次週の重要イベント>
アメリカ CPI/PPI
消費者物価と卸売物価の変動を指数化したもの。

アメリカ NY連銀製造業景気指数
ニューヨーク連銀管轄内の製造業者に行ったアンケート結果を指数化したもの。0が分岐点。予想値からブレやすく、地銀指標ではあるが影響力は大きい。

アメリカ ベージュブック
FOMCでの討議資料となる、米国各地区連銀がまとめた報告書。

アメリカ 小売売上高
小売業やサービス業の売り上げを集計して数値化したもの。内需の状況や消費動向の参考に。ブラックフライデーの数字が良かったと報道されており期待値は高め。

アメリカ フィラデルフィア連銀景況指数
フィラデルフィア連銀管轄内の製造業者に行ったアンケート結果を指数化したもの。0が分岐点。NY連銀指標と同様。

中国 GDP
2019年10月〜12月期の国内総生産増加率。中国の指標は全般信頼できないものが多いがGDPだけは念のため。


・雑感
年明け早々下げも上げも強烈で大忙し。週前半、イランの報復は無いだろうと高をくくって上げた相場だったがきっちり報復して再度クラッシュ、その後想定外にアメリカが再報復しなかったことを受けて強烈な買戻しが入り株為替共に火柱、といった展開。そんな中発表された雇用統計は当然空気で、発表直後のドル円値幅は20pipsと想定通りの不発。
色々激しく動いたように見えた年末年始だったが、週足で落ち着いてみてみると、ドル円は単にレンジで動いてるにとどまる形になっているのでまだ売りのままで大丈夫だろうという結論に。今ならいくらショートしても損切りすべき場所が明確なので積極的に売って行くべきタイミング。

<余弦> at 08:01コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
週足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

年末レポート公開
私的に作成いたしました来年の相場見通しレポートを公開しています。是非ご覧下さい。
こちらから↓
2020年相場見通しレポート
余弦が紹介されました!
froggy
SMBC日興証券の情報メディア、FROGGY(フロッギー)さんに取り上げていただきました!余弦が投資に目覚めた一部始終が語られています。他にも読み始めると止まらない興味深い記事も満載!
今すぐチェック!
検索などで来て頂いた方へお願いです。記事をご覧頂く前にブログの運営方針をご一読下さい。
また、当ブログは筆者余弦の妄想で出来ています。投資は自己の責任と判断の下で行ってください。
スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
余弦はつぶやいた
FXマーケット情報