当ブログは(何故か)Windows用アクションゲームのガンダムオンラインを応援しておりマス!筆者もジオン軍「余弦-cosP」で参加中!
2020年09月16日

[Daily]9月16日(水)

このエントリーをはてなブックマークに追加
・EUR/USD 売り保持bearish.
20200916ed
日中強かったが欧州からNYにかけて一気に弱含み陰線引け。25MAとのお戯れに忙しいらしい。先日はレンジ下限で下げ止まって反発したが、レンジ上限まではたどり着けそうな雰囲気でもないのでこのままショートで突っ切ることにする。方針変更無し売り保持、ストップも1.2超え分散設置で変更無し。

 スポンサーリンク
・USD/JPY 買い保持bullish.
20200916dy
一昨日落ちるナイフを拾いに行ったら血まみれになってしまった。105円ジャストのゾーンは直近何度か跳ね返されているポイントなのでここを割ると苦しくなってくる。ただ7月末に付けた底までもう1円半しかないので、買い増しはしないが105円割れではまだ切らないつもり。方針変更なし、104円割れ分散ストップで買い保持。

・EUR/JPY 売り増し?bearish.
20200916ey
大幅続落。徐々にではあるが25MAをしっかり侵食してくる様子がイメージを膨らませてくれる。先週ECBイベントで事故った時にショートを一部損切りしたが、もう一度その分売り直してみようかといったイメージで見ている。今日日中ざっくり様子を見て大丈夫そうなら少し売り増してみる。損切ラインは127円台前半分散で変更無し。

<本日発表予定の指標>
時刻 内容 前回結果 今回予想
07:45 (NZ) Q2 経常収支 15.57億
NZD
5.95億
NZD
08:50 (日) 8月 貿易統計(通関ベース季調済) -348億円 233億円
08:50 (日) 8月 貿易統計(通関ベース季調前) 116億円 -375億円
15:00 (英) 8月 消費者物価指数
(CPI) [前月比]
0.4% -0.6%
15:00 (英) 8月 消費者物価指数
(CPI) [前年同月比]
1.0% 0.0%
15:00 (英) 8月 消費者物価指数
(CPIコア) [前年同月比]
1.8% 0.6%
15:00 (英) 8月 小売物価指数
(RPI) [前月比]
0.5% -0.3%
15:00 (英) 8月 小売物価指数
(RPI) [前年同月比]
1.6% 0.6%
15:00 (英) 8月 卸売物価指数
(PPIコア) [前年同月比]
0.1% 0.0%
18:00 (欧) 7月 貿易収支(季調済) 171億
EUR
193億
EUR
18:00 (欧) 7月 貿易収支(季調前) 212億
EUR
-
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比] 2.9% -
21:30 (加) 7月 対カナダ証券投資額 -135.2億
CAD
-
21:30 (加) 8月 消費者物価指数
(CPI) [前月比]
0.0% 0.1%
21:30 (加) 8月 消費者物価指数
(CPI) [前年同月比]
0.1% 0.4%
21:30 (米) 8月 小売売上高 [前月比] 1.2% 1.0%
21:30 (米) 8月 小売売上高
(除自動車)[前月比]
1.9% 0.9%
23:00 (米) 7月 企業在庫 [前月比] -1.1% 0.1%
23:00 (米) 9月 NAHB住宅市場指数 78 78
27:00 (米) FOMC政策金利発表 0.00-
0.25%
0.00-
0.25%
27:30 (米) パウエルFRB議長定例記者会見 - -
29:00 (米) 7月 対米証券投資 -679億
USD
-
29:00 (米) 7月 対米証券投資(短期債除く) 1130億
USD
-
※注目度が比較的高いとされる指標は赤字で記載しています。また、上記内容は充分調査の上で掲載しておりますが、内容の正確性を保証するものではありませんので、ご了承下さい。


<今週の重要イベント>
アメリカ NY連銀製造業景気指数 発表済み
ニューヨーク連銀管轄内の製造業者に行ったアンケート結果を指数化したもの。0が分岐点。予想値から大きく乖離することが多い。


アメリカ 小売売上高 本日発表予定
小売業やサービス業の売り上げを集計して数値化したもの。内需の状況や消費動向の参考に。

アメリカ FOMC政策金利発表 本日発表予定
金利含む金融政策決定イベント。利下げカードは既に使い切っている。マイナス金利が絶対無いとは言い切れない。

アメリカ フィラデルフィア連銀景況指数
フィラデルフィア連銀管轄内の製造業者に行ったアンケート結果を指数化したもの。0が分岐点。NY連銀指標と同様。

日本 CPI
消費者物価指数の速報値。


・雑感
ユーロが後半ものすごい勢いで崩れていたが、見直しても今一つ切っ掛けが分からなかった。Brexitの雲行きが怪しいのはここまでズンドコ上げていた時も状況は変わらないので、今更これを理由にこじつけても説得力まるで無し。最近こんなのばかりでトレンドフォロー組はなかなか苦しそう。引き続きのんびり、深く考えずにゆとりをもって臨むしかないだろう。


<余弦> at 06:19コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
日足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

検索などで来て頂いた方へお願いです。記事をご覧頂く前にブログの運営方針をご一読下さい。
また、当ブログは筆者余弦の妄想で出来ています。投資は自己の責任と判断の下で行ってください。
余弦が紹介されました!
froggy
SMBC日興証券の情報メディア、FROGGY(フロッギー)さんに取り上げていただきました!余弦が投資に目覚めた一部始終が語られています。他にも読み始めると止まらない興味深い記事も満載!
今すぐチェック!
スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
余弦はつぶやいた
筆者直通連絡先
FXkuma
FX KUMA. No FX, No Life...
連絡先:yogen@fxkuma.com
参加ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSでの購読はコチラ
Twitterから購読はコチラ