2021年11月27日

[Weekly]11月27日(土)

<先週末時点での週足戦略>
EUR/USD 売り保持 ?
USD/JPY 売り保持 成功
EUR/JPY 買い直し 

<現在のポジション>
EUR/USD 1.224S
USD/JPY 114.2S114.5S113.6S
EUR/JPY 128.6L

<来週に向けての週足戦略>
・EUR/USD 売り保持🐻bearish.
20211127edw
木曜日まで下げ、金曜日で全戻しして下髭陽線。利益1000pips到達で利食いしていれば、というタラレバのお手本のような状況になりつつある。散々悩んだ結果、売り続投とすることに。ここで利食いするのは簡単だが、損小利大を貫くにはここで折れてはいけないと思い直した。当初予定通り、25MAでストップをトレールして売り保持。スイングトレードの最後は損切りで終わってこそ。

・USD/JPY 売り保持🐻🐻🐻bearish.
20211127dyw
新値まであったが、金曜日にナイアガラで逆転。2円下げを見るのはどれだけぶりだろうか。今回の下げ、どうも市場はコロナの変異株騒ぎのせいにしたいらしいが、変異株の出現など以前から散々言われていたことなのに何を今更としか思えない。謙虚にラッキーだったと受け止めておこう。方針変更なし、116円前後分散ストップで売り保持。

・EUR/JPY 買い増し🐄🐄bullish.
20211127eyw
過去何度も跳ね返されているゾーンに入ったことで試しに買ってみたポジ、金曜日の崩落に巻き込まれてマイテンしてしまったが、あの暴落の中底値で踏ん張ってくれたので意外といけるかも?といった印象。もし週明けリバウンドが入るようであれば底ロングになる可能性も十分あるだろう。週明け買い増しを入れてみることにする。ストップは引き続き浅めに、127.5辺りに分散で変更なし。


<次週の重要イベント>
ドイツ/欧州 CPI/HICP
消費者物価指数速報値。

アメリカ ADP全国雇用者数
人事関連業務の大手代行会社のAutomatic Data Processing社が発表する雇用調査レポート。政府発表のものが公務職雇用も含めたデータなのに対し、ADPは民間事業者のデータのみのため場合によっては乖離が生じることも。

アメリカ ISM景況指数
全米供給管理協会によって発表される指数で日銀短観と類似する統計。50が中立。

アメリカ ベージュブック
FOMCでの討議資料となる、米国各地区連銀がまとめた報告書。

アメリカ 雇用統計
説明不要の月例イベント。2017年頃より急激に注目度が低下、2021年度より再度注目度上昇。


・雑感
木曜日まではずっと円安株高基調だったが、金曜日に全部暴落してこの世の終わりのような状況になっていた。ユロドルの反発は残念だが、メインポジのドル円ショートがすべて含み益圏内に戻ったことで気分は上々。加えて株価指数や原油などもかなりの量のショートを積んでいたので非常に心穏やかな土曜日の朝を迎えている。ここまで変異株が持ち上げられると、恐らく変異株対応ワクチンなどの話が早々に出てくるだろうと思う。それらに騙されずに利益をどこまで伸ばせるか、外野は無視して自分の手元に集中してやっていくべし。


<余弦> at 12:10コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
週足戦略 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

コメントは承認制ですが、宣伝や嫌がらせ以外は全て承認していますので質問やご意見はお気軽にどうぞ!

スマホで見る
QRコード
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
余弦はつぶやいた
筆者直通連絡先
FXkuma
FX KUMA. No FX, No Life...
連絡先:yogen@fxkuma.com
参加ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSでの購読はコチラ