2018年08月15日

久々の更新です

 暑い毎日が続きますが、皆さまお変わりないでしょうか?

学生のみなさんは、夏休み真っ盛り!ですね。
そして、お仕事をお持ちの方の中には、お盆休み中の方も多いのではないでしょうか?

我々は、ぼすを筆頭にお盆休み返上で、日々制作活動に没頭しています。


さて、先日、久しぶりのお客様がお越しくださいました。
随分昔からのリピーターさんなのですが、実は以前当方で製作させていただきました某キャラクターのアイテムを追加されたいとのことで、お話をお伺いさせていただきました。
(一部、よそ様でオーダーされたようで・・・すぐに壊れてしまったそうです。)

その時のお話の中で、近況のご報告もしてくださり、早々と来年のストフェスのための準備に着手されておられるとのこと、時間が経つのって早いな〜っと実感しました。

準備をされる中で、キャラかぶりの同志の方より、画像をたくさん見せてもらいながらご自身の中でもこれから着手されるであろう製作アイテムを趣味レーションされていたのだと思うのですが、お客様のお話をお伺いしていると、その気持ちの矛先が、どんどん

”自分が一番になりたい。”

とか、

”負けたくない”

ということに集中していることに気づきました。

そして、いつしかせっかくお友達になった方からのご連絡さえも、うっとおしくなってこられた、とかで・・・。
苛立ちを隠せないご様子でした。


ここからは、あくまでも私の個人的な意見ですが・・・・


コスプレってそもそも、競い合うためのものではなく、価値観を共有できる人たちと、時間や空間を分かち合える素晴らしいツールなんじゃなかって思うのです。

もちろんその延長線上に、お友達たちの作品を見て、もっといいものを作り上げたい、とか、ここは妥協できない!なんていう執着心が出てくるのは自然のことだと思いますが、素敵なアイテムを身に纏ったり、身につけている人を見て、羨んだり、恨んだり、邪魔だと感じたりすると、もはや本末転倒となってしまうのではないかな、と強く思います。

”もっとおおらかな気持ちで。”

価値観を共有できたり、素晴らしいものを見て感動できたり。
そんな風に時間を過ごしていただけると嬉しいな、と思いました。

お客様には、私の思いもきちんとお伝えさせていただいたので、今後何らかのきっかけでお客様の視線のその先に見えるものが、今よりもっと健やかなものとなっていただけるといいな、と思います。



既に、コミケやストフェスの準備に取り掛かっていらっしゃる多くの素敵さんたち。

次回も、素敵な作品をたくさん拝見させてくださいね。
楽しみにしています!

coslovelove at 17:45コメント(0) 

2018年02月16日

接着テープを使おう!

 先日、世界コスプレサミット地区予選の審査に出向いたときのことです。

パターンから補正、縫製までしっかりとご自身で作成していらっしゃる方に出会いました。

とっても丁寧に仕上げていらっしゃり、伺えば飾りテープのバイヤステープもご自身で裁断して縫い付けられたとのこと。

愛情がひしと伝わってくるお衣装に出会い、私まで嬉しくなりました。


さて、このバイヤステープの縫い付け、案外難しいのです。

    

      バイヤステープ=バイヤス=伸びる


訳です。

それを布帛の身生地に縫い付けるので、なかなか技術が必要となります。


そこで、COSLOVEオススメのアイテムをご紹介です。


まずは、ダイナックテープ
P1080006


これは、蜘蛛の巣状の接着素材がテープ状になったもので、衣装とテープの仮付けに大活躍します。

P1080007


P1080005


更に、お役立ちアイテムとして、衣装でよく使用するゴールドのバイヤステープに、既にダイナックテープがセットになっている商品があります!

P1080003


P1080004


これは、百人力です。

裏のつるつるしたテープをそっとはがして、衣装にアイロンで抑えると、ゴールドのバイヤスがちゃんと衣装に固定されます。

その後、ミシンで叩きつけると尚よし。

綺麗に仕上がります。

ぜひ、一度お試しください。

coslovelove at 14:42コメント(0) 

2018年02月15日

ピッタリの衣装を

 コスプレイヤーさんにとって、オーダーメイドって敷居が高い!と思われる方も多いと思います。

・・・そうですよ、ね。

http://www.coslove.jp/ordermade.html


でも、だからと言って、自分サイズのコスはあきらめなくちゃならないか?というと、そんなことはりません。

着るものは、リフォームと言って、少し手を加えることによって自分の身体に合ったサイズに変えることもできます。


みなさんにも記憶がありませんか?

子供ころ、お袖が長すぎたり、ウエストが大きすぎたりしたとき、丈をあげてもらったり、ウエストを縫い縮めてもらったりしたこと。


また、デニムの裾をカットしてもらったり、パンツの裾上げをしたり。



あれこそが、身体に見合った衣装へのアレンジの第一歩なのです。

ただ、着るものは、もともと1枚の生地を立体的に作り上げているため、頭の中では単純な理屈であっても、実際に衣装に手を加えるとなると、うまくいかないこともありますよね。


そんな時は、服を作る知識がある人に、聞いてみませんか?

サイズのみならず、キャラクターの着ている衣装のこだわりの特徴的なデザインも、既存の衣装に少し手を加えるだけでグレードアップできることだってあるのです。



COSLOVEでは衣装の”新調”だけではなく、そういったリメイク作戦の際の疑問やコツなども、できる限りお応えさせていただくようにしています。



表現者のみなさんを応援したい。

その気持ちは、創業当初から今も変わらず全員が持ち続けています。


理想の衣装を。

ピッタリの衣装を。


少しでもみなさんのお役に立てるよう私たちも日々勉強所いています。

衣装に関するご相談も、メールで承っていますので、ぜひ、お声がけくださいね。

coslovelove at 18:07コメント(0) 

2018年02月14日

糸の選び方

 こんにちは。

今日は、コスは、手作り派、という方への情報です!

**********************************
突然ですが、先日、フラットロックミシンでトラブルがあり、糸の吟味をレクチャーいただく、という場面がありました。

実は、弊社で使用している糸の99.9%は、螢侫献奪ス社の製品です。

なぜか、と申しますと、ずばり、


      糸色の種類が多いから!

ということと、


     家庭用ミシンと工業用ミシン用、手縫い糸まで糸のバリエーションが豊富だから


なのです。

しか〜し!

例えば、工業用ミシンの#60番手と、家庭用ミシン糸、シャッペスパンの#60番手の糸を比べると、明らかにシャッペスパンのようが、太く感じるのです。

で、それが”なぜか?”ということも、学びました。

(中略)

みなさんがもし、家庭用のミシン(本縫い)を使っていらっしゃるならば、断然シャッペスパンがいいわけです。
シャッペは、いわばそれ用(家庭用ミシン)に、開発された糸だからなのです。

モーターの回転スピードが工業用よりも遅く、摩擦や空気圧に丁度良いスペックになっているシャッペスパン。
使いかってもよい巻ですし、糸切れも、目飛びもしにくいのです。

”糸だったらなんでもいいんでしょ?”
なんて思っていらっしゃる方・・・とんでもない。

やっぱり作業がスムーズにはかどります。

フジックスさんの糸は、手芸専門店以外では、日本橋のウイッグ専門店アシストさんでも購入できるそうです。
https://www.assist-wig.com/page/shop-info/shop-nihonbashi/

日本橋にお出かけの際、ちょっと覗いてみてくださいね。

以上、手作り派のみなさんへの情報でした!

coslovelove at 21:24コメント(0) 

2018年02月05日

姫路sabカルフェスティバルに行ってきました!

 こんにちは。

昨日、姫路で開催されました、姫路sabカルフェスティバルにお邪魔してまいりました。


http://www.himeji-subcal.com/


痛車が100代以上集結!
圧巻〜✨

姫路城前の大手前広場には、神姫バスも解放され、車内でコスプレ撮影もできるという特典もあり、大勢のみなさまで賑わっていました。

私は、このフェスのプログラムの1つである世界コスプレサミット、地区予選の審査員として参加させていただいていたのですが、皆様、力作ぞろいでワクワクしました。

昨年の地区予選突破の方との再会や、
親子(母娘)さんでご参加の方や
兄妹でご参加の素敵さんなどなど、今年はエントリーの方がグッと増え、それはそれは楽しい時間でした。

全般的に、レベル、上がっていますね・・・いや、ホント。
そんな中、昨日の審査で私が個人的に気がついたことを、少し書かせていただきます。

(あくまでも、個人的な感想です!)

まず、

”衣装づくりは素材選びから!”なのです。


くたっとした感じを出すには、ニット素材もいいでしょうし、ボトムの裾のボロボロの感じを出すには、番手の太い、例えばデニムなどのかつらぎを切りっぱなしにして、更に目打ちで横糸を抜いて行くといい感じのボロボロ感が表現できたりもします。

それから、色が薄いワンピースなどを縫製される際は、少々厚手のしっかりした生地を起用するといいです。
例えば、カッターシャツのような生地よりも、バックサテンやアーバンツイル、バーバリーツイルぐらいの厚みのある生地が縫製もしやすいですし、透けないので、次回チャンスがあれば、選択肢の一つに入れてみたください。

コス用の和ものの縫製にも、これぐらい厚手の生地のほうが適していますので、ご参考ください!


それから、両面テープを使用される方は、移動やパフォーマンス中に外れたりしないよう、しっかりと固定するように気を付けてみましょう。
ところどころ、手縫いで縫い留めておくとより安心ですね。

ミシンで縫うとき、待ち針などで固定すると思うのですが、市販の両面接着テープなどで予めアイロンで留めて置いてから縫うと、ズレなくていいですよ。
下記接着テープの情報を載せておきます。
ぜひ、ご参考ください。

http://www.watanabefuhaku.co.jp/hobby_b#pr02


それから、2名一組ですので、お二人の衣装のクオリティーのバランスも気になるところです。
できれば、おおよそ同じぐらいのレベルに、というのが理想かな?と思いました。



さてパフォーマンス中に感じたことです。

今年は、早替わりをされるチームも多く、見ている私たちは舞台に引き込まれましたが、そこで気が付いたことを数点!

できれば、二人とも舞台から見えなくなることがないほうが、見て居る側としてはいいんじゃないかな、と思いました。

せっかくの素敵な姿です。
めいっぱい、舞台でご披露くださ〜い^^



また、例えば武器を使っての大きな立ち回りをされる方は、いつもより大きな立ち居振る舞いを心がけ、のびのびと動かれると舞台で映えます!


・・・と、ごたごた書き並べましたが・・・





実は、もっとも大切なことといえば、





”とにかく、楽しいって感じていただくこと!”





なのです。

昨日も何組かの方が、”楽しかったです〜!”とインタビュー中お答えくださっていましたが、それですよ、それ!
そこが一番大切なんじゃないかな、と思います。

これからも、等身大でコスを楽しんでいただきたいな、と思いました^^


みなさま、本当にお疲れさまでした&ありがとうございました〜!


coslovelove at 11:44コメント(0) 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

ボス

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ