2018年02月16日

接着テープを使おう!

 先日、世界コスプレサミット地区予選の審査に出向いたときのことです。

パターンから補正、縫製までしっかりとご自身で作成していらっしゃる方に出会いました。

とっても丁寧に仕上げていらっしゃり、伺えば飾りテープのバイヤステープもご自身で裁断して縫い付けられたとのこと。

愛情がひしと伝わってくるお衣装に出会い、私まで嬉しくなりました。


さて、このバイヤステープの縫い付け、案外難しいのです。

    

      バイヤステープ=バイヤス=伸びる


訳です。

それを布帛の身生地に縫い付けるので、なかなか技術が必要となります。


そこで、COSLOVEオススメのアイテムをご紹介です。


まずは、ダイナックテープ
P1080006


これは、蜘蛛の巣状の接着素材がテープ状になったもので、衣装とテープの仮付けに大活躍します。

P1080007


P1080005


更に、お役立ちアイテムとして、衣装でよく使用するゴールドのバイヤステープに、既にダイナックテープがセットになっている商品があります!

P1080003


P1080004


これは、百人力です。

裏のつるつるしたテープをそっとはがして、衣装にアイロンで抑えると、ゴールドのバイヤスがちゃんと衣装に固定されます。

その後、ミシンで叩きつけると尚よし。

綺麗に仕上がります。

ぜひ、一度お試しください。

coslovelove at 14:42コメント(0) 

2018年02月15日

ピッタリの衣装を

 コスプレイヤーさんにとって、オーダーメイドって敷居が高い!と思われる方も多いと思います。

・・・そうですよ、ね。

http://www.coslove.jp/ordermade.html


でも、だからと言って、自分サイズのコスはあきらめなくちゃならないか?というと、そんなことはりません。

着るものは、リフォームと言って、少し手を加えることによって自分の身体に合ったサイズに変えることもできます。


みなさんにも記憶がありませんか?

子供ころ、お袖が長すぎたり、ウエストが大きすぎたりしたとき、丈をあげてもらったり、ウエストを縫い縮めてもらったりしたこと。


また、デニムの裾をカットしてもらったり、パンツの裾上げをしたり。



あれこそが、身体に見合った衣装へのアレンジの第一歩なのです。

ただ、着るものは、もともと1枚の生地を立体的に作り上げているため、頭の中では単純な理屈であっても、実際に衣装に手を加えるとなると、うまくいかないこともありますよね。


そんな時は、服を作る知識がある人に、聞いてみませんか?

サイズのみならず、キャラクターの着ている衣装のこだわりの特徴的なデザインも、既存の衣装に少し手を加えるだけでグレードアップできることだってあるのです。



COSLOVEでは衣装の”新調”だけではなく、そういったリメイク作戦の際の疑問やコツなども、できる限りお応えさせていただくようにしています。



表現者のみなさんを応援したい。

その気持ちは、創業当初から今も変わらず全員が持ち続けています。


理想の衣装を。

ピッタリの衣装を。


少しでもみなさんのお役に立てるよう私たちも日々勉強所いています。

衣装に関するご相談も、メールで承っていますので、ぜひ、お声がけくださいね。

coslovelove at 18:07コメント(0) 

2018年02月14日

糸の選び方

 こんにちは。

今日は、コスは、手作り派、という方への情報です!

**********************************
突然ですが、先日、フラットロックミシンでトラブルがあり、糸の吟味をレクチャーいただく、という場面がありました。

実は、弊社で使用している糸の99.9%は、螢侫献奪ス社の製品です。

なぜか、と申しますと、ずばり、


      糸色の種類が多いから!

ということと、


     家庭用ミシンと工業用ミシン用、手縫い糸まで糸のバリエーションが豊富だから


なのです。

しか〜し!

例えば、工業用ミシンの#60番手と、家庭用ミシン糸、シャッペスパンの#60番手の糸を比べると、明らかにシャッペスパンのようが、太く感じるのです。

で、それが”なぜか?”ということも、学びました。

(中略)

みなさんがもし、家庭用のミシン(本縫い)を使っていらっしゃるならば、断然シャッペスパンがいいわけです。
シャッペは、いわばそれ用(家庭用ミシン)に、開発された糸だからなのです。

モーターの回転スピードが工業用よりも遅く、摩擦や空気圧に丁度良いスペックになっているシャッペスパン。
使いかってもよい巻ですし、糸切れも、目飛びもしにくいのです。

”糸だったらなんでもいいんでしょ?”
なんて思っていらっしゃる方・・・とんでもない。

やっぱり作業がスムーズにはかどります。

フジックスさんの糸は、手芸専門店以外では、日本橋のウイッグ専門店アシストさんでも購入できるそうです。
https://www.assist-wig.com/page/shop-info/shop-nihonbashi/

日本橋にお出かけの際、ちょっと覗いてみてくださいね。

以上、手作り派のみなさんへの情報でした!

coslovelove at 21:24コメント(0) 

2018年02月05日

姫路sabカルフェスティバルに行ってきました!

 こんにちは。

昨日、姫路で開催されました、姫路sabカルフェスティバルにお邪魔してまいりました。


http://www.himeji-subcal.com/


痛車が100代以上集結!
圧巻〜✨

姫路城前の大手前広場には、神姫バスも解放され、車内でコスプレ撮影もできるという特典もあり、大勢のみなさまで賑わっていました。

私は、このフェスのプログラムの1つである世界コスプレサミット、地区予選の審査員として参加させていただいていたのですが、皆様、力作ぞろいでワクワクしました。

昨年の地区予選突破の方との再会や、
親子(母娘)さんでご参加の方や
兄妹でご参加の素敵さんなどなど、今年はエントリーの方がグッと増え、それはそれは楽しい時間でした。

全般的に、レベル、上がっていますね・・・いや、ホント。
そんな中、昨日の審査で私が個人的に気がついたことを、少し書かせていただきます。

(あくまでも、個人的な感想です!)

まず、

”衣装づくりは素材選びから!”なのです。


くたっとした感じを出すには、ニット素材もいいでしょうし、ボトムの裾のボロボロの感じを出すには、番手の太い、例えばデニムなどのかつらぎを切りっぱなしにして、更に目打ちで横糸を抜いて行くといい感じのボロボロ感が表現できたりもします。

それから、色が薄いワンピースなどを縫製される際は、少々厚手のしっかりした生地を起用するといいです。
例えば、カッターシャツのような生地よりも、バックサテンやアーバンツイル、バーバリーツイルぐらいの厚みのある生地が縫製もしやすいですし、透けないので、次回チャンスがあれば、選択肢の一つに入れてみたください。

コス用の和ものの縫製にも、これぐらい厚手の生地のほうが適していますので、ご参考ください!


それから、両面テープを使用される方は、移動やパフォーマンス中に外れたりしないよう、しっかりと固定するように気を付けてみましょう。
ところどころ、手縫いで縫い留めておくとより安心ですね。

ミシンで縫うとき、待ち針などで固定すると思うのですが、市販の両面接着テープなどで予めアイロンで留めて置いてから縫うと、ズレなくていいですよ。
下記接着テープの情報を載せておきます。
ぜひ、ご参考ください。

http://www.watanabefuhaku.co.jp/hobby_b#pr02


それから、2名一組ですので、お二人の衣装のクオリティーのバランスも気になるところです。
できれば、おおよそ同じぐらいのレベルに、というのが理想かな?と思いました。



さてパフォーマンス中に感じたことです。

今年は、早替わりをされるチームも多く、見ている私たちは舞台に引き込まれましたが、そこで気が付いたことを数点!

できれば、二人とも舞台から見えなくなることがないほうが、見て居る側としてはいいんじゃないかな、と思いました。

せっかくの素敵な姿です。
めいっぱい、舞台でご披露くださ〜い^^



また、例えば武器を使っての大きな立ち回りをされる方は、いつもより大きな立ち居振る舞いを心がけ、のびのびと動かれると舞台で映えます!


・・・と、ごたごた書き並べましたが・・・





実は、もっとも大切なことといえば、





”とにかく、楽しいって感じていただくこと!”





なのです。

昨日も何組かの方が、”楽しかったです〜!”とインタビュー中お答えくださっていましたが、それですよ、それ!
そこが一番大切なんじゃないかな、と思います。

これからも、等身大でコスを楽しんでいただきたいな、と思いました^^


みなさま、本当にお疲れさまでした&ありがとうございました〜!


coslovelove at 11:44コメント(0) 

2018年01月13日

東北からのお便り

 こんにちは!

寒い日が続きますが、皆さまお変わりないでしょうか?

年末年始にかけて、東日本大震災よりご縁をいただいた方と、メッセージのやり取りをさせていただいております。

これからの人生のため、前に、前にと歩いておられる東北の皆さまのエネルギーが、お電話やメッセージからしっかりと伝わってまいります。

COSLOVEの支援活動中は、多くの皆様のご協力をいただきましたこと、心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございました。



今年も1月17日が近づくと、ご縁をいただき、被災地に車を走らせた日々が脳裏をよぎります。

物資の準備や電話応対、出荷準備に明け暮れたあの日々。

東北で被災された方がたと、直接やり取りをしながら、必要なものを必要な場所に!を合言葉に、仕分けに明け暮れました。

お手伝いくださる仲間のおかげで、天井まで積み上げられた物資は、出荷地別に仕分けをされてゆくものの、日々各地から届く物資はあとを絶たず、人を思いやる気持ちの大切さを肌で感じる毎日でした。

正直、いいことばかりでもありませんでした。

人間のネゴや強欲、そんなことも垣間見た1年間でした。

思えば、震災発生から約1年間、弊社はほぼ、物資の集中管理場所と化しておりました。



通常業務もあるなかで、1年間という月日を、23回も被災地に物資を送り届けられたのは、被災地を思い、思いを届けたいと思ってくださる皆様の温かいお気持ちが、私や仲間たちを突き動かしてくれたのだと思いま。

本当に、ありがとうございました。


なかなか終止符を見いだせない支援活動の日々でしたが、

”お疲れさま”
”ありがとう!”

とお声がけいただく度、大きな勇気をいただきました。

微力ではありましたが、私どもの思いを行動に換えられたのは、温かいお気持ちが支えてくださったからなのです。
感謝しかありません。

*************

先日、東北の方からメッセージをいただきました。

伺えば、今でも連絡を取り合うのは、私を含め3人しかいない、と。

私は、といえば、年末になるとお餅を箱でお送りすることや、たまに必要なものをお手配し、お送りさせていただくことしかできませんが、それでも、言葉を掛け合い、心の交流をさせていただいていること、とても幸せだと感じます。

あの震災でつながったご縁です。

お姉さん、妹、と呼びあうたび、ちょっとくすぐったいような、でも温かい気持ちに包まれます。


あと2年でオリンピック。

日本って、スゴイな、とも思います。


今年も1月17日には、全国各地から鎮魂の祈りが届けられると思います。
私たちも心からの平和と安全、そして被害を受けられた皆さまの心の平和を祈ります。



coslovelove at 12:35コメント(0) 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

ボス

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ