車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2

とりあえずミッションは後にして、エンジン回りを進めます。

200617 (26)
ターボのインテークパイプを外すと、エアクリーナーパイプを取り外す時に動かした影響でか?淵に積もっていたダストが少し落ち込んだ物が・・。
こんなゴミがターボに吸い込まれたら・・。怖いです。
パイプを綺麗に洗浄しておこう。

200617 (31)
心配していたインペラーは先端角も摩耗していないで大丈夫そう。良かったです。

200617 (27)
ターボのインテークパイプを外すとフロントカバーとヘッド/ブロックの3点が合わさる部分のオイル滲みの汚れが良く見えます。
ベトベトです。

200617 (34)
エキマニにクラック発見。交換です。

200617 (32)
エキマニを交換するので、今回はターボも一度取り外し。
ターボとブロックの間に位置する冷却水のホースを見ると、ターボのオイルパイプと接触していた跡が。
漏れたオイルがゴムホースに付いているので、大分ホースが劣化気味。

200617 (50)
ホースを交換するのに取り外す時、劣化したホースはつまんでこじったら切れてしまう程。
冷却水がいつ漏れ出してもおかしくない様な状態だったかな?
25年14万キロ。メンテナンスが必要です。

200617 (30)
この車もノックセンサ―のシールが溶けています。一応見積もりに入れておいたので、予定通り交換です。

200617 (41)
フロントカバーを外してシールし直しするのでウォーターポンプを外して・・。
外したので、予防的にウォーターポンプも交換です。
そして、オイル漏れでベトベトに汚れているオイルクーラー周辺を綺麗にしながら、オイルクーラーのシール交換です。

200617 (42)
オイルクーラーを固定しているボルトのOリングは癖が付いてつぶれています。

200617 (46)
オイルクーラー本体の内部も洗浄して、新しシールで戻します。

200617 (44)
以前、エアコンコンプレッサーを交換した際、フロントカバーとブロックの合わせ目のオイル滲みがあったので、外からシール材を塗る付けてごまかしていた跡。
今回はフロントカバ―を取り外して、綺麗にシールし直しです。

200617 (45)
オイルパンを取り外したので、綺麗に洗浄してペイントしておきます。
結構、ヒットしていてつぶれているので新品部品があれば交換しておきたい所だけれど、21Rのオイルパンは生産廃止いなっているので残念です。
この前作業した11Rは部品が生きていて交換出来たのに・・。

画像撮り忘れたけれど、この後フロントカバーを清掃して、新しいシール材を塗布してセットし直し完了。
ヘッドカバーを戻す前に、念の為バルブクリアランスを測定。
全て基準値内で揃っていてOKでした。

200617 (49)
新しいエキマニを取付。
この前に、ヘッド貫通になっている部分のスタットボルトのシールし直しをしておきました。
新しいエキマニは、少し形状が変わっていて、クラックが入りずらい形状に?

200617 (51)
ターボを戻す前に、ターボ奥の冷却水のホースを交換。
このホースはターボのエキゾーストハウジングとすぐ近くに位置するので、ターボ熱から保護のため、断熱材でゴムホースをカバーしておきました。

200617 (57)
ターボ回りの冷却水のホースを交換しながらターボ類を戻し完了。

200617 (55)
ターボのブースト制御のソレノイドバルブにつながるゴムホースも劣化していたので交換しておきました。

久しぶりのF1 

久しぶりのF1は、色々と波乱にとんだレースで凄かった~。
期待していたレッドブル・ホンダは序盤でトラブル。残念。
でも、ノリスの最終ラップで3位ゲットは良かったな~。

全般的にトラブルが多いレースとなったのも、ぶっつけ本番的に開幕となったのが影響しているのかな?
今週末、2週連続同一サーキットでレースとなる変速的なスケジュール。
トラブルの出たチームはホンダも含めて改善出来るのかな~?

各チームは昨日までのデーターで、より詰めて来るのだろうから、どんなレース展開になるのだろう?
ワクワクです。
やっぱりレースは楽しいな~。

タイトなスケジュールだけれども、レッドブル・ホンダもトラブルの原因を解決して、今度こそ実力を発揮して欲しい・・。期待です。


車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき

エンジンルーム&下回りを洗浄して、油汚れや泥/埃を洗い飛ばして。
作業開始です。

200617 (16)
まずはミッションを降ろして、クラッチを確認。
カバーのダイヤフラムのレリーズベアリング接触部分が、約10万キロ使用でかなり摩耗しています。
ダイヤフラムも大分起き上がっているので、ディスクは大分減っているかな?
ダスト汚れも凄いし・・。

200617 (18)
ミッションのクラッチハウジングも当然ダストだらけ。
一部、オイルで湿っているのが気になるな~。

200617 (19)
レリーズベアリングを取り外し確認すると・・。
インプットシャフト自体はオイルで湿っていないけれど、レリーズ取付部分やその周辺、そして下側のカウンター側のキャップ付近が湿っている。
どこからオイルが滲んでいるのだろう?
インプットシャフトのオイルシールが駄目っぽい?

200617 (24)
クラッチカバーを外してディスクを確認。
まだ溝が残っていましたが、大分摩耗が進んで要交換時期でした。

200617 (22)

200617 (23)
フライホイールに溜まったダストが凄い量。
オイルパンを外すので、綺麗に清掃してフライホイールを外します。

200617 (25)
ミッションを立てておいたら、インプットシャフトにもオイルが伝わって湿って来ました。
ケースの合わせ目のシールが駄目なのか、インプットシャフトのオイルシールのケースとの合わせ目のシールが駄目になっていそう。
ケースを割ってシール交換&シールし直しが追加です。




ギャラリー
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2
  • 車検で入庫のカプチーノをメンテナンス つづき2