カプチーノのクラッチワイヤ―切れ

日頃、色々とご利用頂くお客様から連絡が。

「今朝、通勤中にクラッチペダルを踏んだら変な音と感触のあと、ペダルの操作感が変になってしまった」と。
とりあえず、仕事場まではたどり着けたという事。

クラッチワイヤーが切れかかったかな?と思いながら、それ程遠い場所で無いのでトラックで引き上げに伺う事に。

210302 (1)
引き上げて来ると、予想通りクラッチワイヤーが切れかかっていました。
完全に切れずに済んだので、何とか仕事場までたどり着けて良かったな~。
このクラッチワイヤ―は、6年位前にも切れかかって一度交換していたけれど、約3万キロ使用で、また切れかかってしまいました。
強化クラッチを使っているので、負担がかかるからかな?
消耗品として、注意が必要かな。

210302 (2)
クラッチペダルの取付ブラケットが、グリスに埃が付いて凄いことになっていたので、取り外したついでに簡単に清掃しておきました。

210302 (4)
クラッチワイヤーを交換している際、キャニスターに付くゴムホースが劣化して裂けだしてるのが目に入ったので、ついでにホースを交換しておきました。


初めて車検依頼のカプチーノをメンテナンス つづき

ラックブーツの交換が済んだので、次は切れているデフマウント交換です。

210302 (31)

210302 (29)
ケースのリヤ側も、フロントのアーム部も切れてしまていました。
強化品で打ち替えです。

210302 (33)
まずは、いつもの様に、ケースの永年の埃のこびり付きを綺麗に清掃です。
このケースはブリーザーホースからオイルが結構噴いていたのか?オイルに埃が混ざって、汚れが酷いです。

210302 (35)
新しいマウントへ打ち替え完了。
ブリーザーホースも、いつもの様に新しいホースに交換しておきました。

210302 (38)
綺麗になったデフケースを車体の戻します。

210302 (39)
そーだ、左のドライブシャフトの裏ふた部分が動いている様で、グリスが滲み出ていたのでシール材を塗っておこう。
これでデフケースを戻してデフマウント交換は完了です。

210302 (40)
デフマウント交換をしていて気が付いたのですが・・。
この燃料タンク、潰れてない???21Rにありがちのタンクつぶれだ~。
今回は、予算もあるので、とりあえずこのままで。お客様に伝えておこう。

210302 (41)
クーラント交換で、リザーバータンク内のクーラントを抜くと・・。
結構な量の錆びが混ざったカスが沈殿していました。
定期的に交換し続けている様だけれど、グリアンチンでない一般的なクーラントだとしょうがないかな?
今回は、グリサンチンを入れるので、リザーバータンクの底を綺麗に洗浄しておきます。

210223 (6)
タイヤを固定するクリップボルトも腐食気味。

210302 (28)
4輪綺麗に清掃しておきました。

210302 (27)
今回、ブレーキキャリパーのオーバーホールはしなかったけれど、フロントキャリパーはブーツをめくると・・。
いつもの様に錆だらけ・・。オーバーホール歴が無いとしょうがないけれど・・。
早めにオーバーホールしてあげたい状況です。
お客様にお伝えしておこう。

とりあえず、車検継続完了で、点検での内容をお伝えしてと・・。
気を付けていて下さいね。


初めて車検依頼のカプチーノをメンテナンス

3年前にノックスドール、フルコースでの防錆処理の作業をさせて頂いたお客様が、初めて車検の依頼でご来店。

今までは、他のお店で車検を継続していたという事。
今回は、車検ごとに行っているというルーティーンの油脂類交換と車両の状態を把握したいという事で、愛車点検の内容での点検依頼です。

早速リフトアップして各部を点検です。


210223 (5)
あれ?サスペンションフレームのフロア部固定ボルトが左右緩んで飛び出している・・。
何か、バーを付けていて、車検だからと取り外して来て、締め忘れたのかな?
締めておこう。

210223 (7)

210223 (8)
タイロッドエンドブーツとラックブーツが左右共切れそう。
交換しておく事に。

210302 (10)
まずはタイロッドエンドブーツから。
ヒビだらけで今にも切れそう。

210302 (12)
ブーツを取り外し。まだ切れてはいないので、グリスは黒く劣化しているけれど、泥などは入り込んでいないのでガタは無し。

210302 (13)
古いグリスを綺麗に取り除き、ジョイント球面を点検。
傷や錆は無く問題無し。シャフト部分に少し錆びが出ているので綺麗に取り除いておきます。

210302 (14)
綺麗になったので、新しいグリスを入れてブーツを被せます。

210302 (15)
新しいグリスをセット。ブーツを被せます。
これでまたしばらく安心です。

210302 (16)
続いてラックブーツ交換。古いブーツを取り外して、タイロッドのジョイント部やラック部を点検。
ガタ、錆など問題無し。ここも綺麗に清掃して、新しいグリスを塗っておきます。

210302 (18)
新しいグリスを塗って、新品ブーツを被せます。

210302 (22)
ラックブーツとタイロッドエンドブーツを交換完了。
最後に降ろしたらトー調整して終了です。
最近は、ラックブーツ切れている車両が続きます。
年数的に、交換歴が無いにと駄目になっている時期かな?切れて穴が開いたままだと中に雨水などが入って、ジョイント部にガタが出てしまったりとダメージが出る事に。注意です。


ギャラリー
  • カプチーノのクラッチワイヤ―切れ
  • カプチーノのクラッチワイヤ―切れ
  • カプチーノのクラッチワイヤ―切れ
  • 初めて車検依頼のカプチーノをメンテナンス つづき
  • 初めて車検依頼のカプチーノをメンテナンス つづき
  • 初めて車検依頼のカプチーノをメンテナンス つづき
  • 初めて車検依頼のカプチーノをメンテナンス つづき
  • 初めて車検依頼のカプチーノをメンテナンス つづき
  • 初めて車検依頼のカプチーノをメンテナンス つづき