カプチーノのクラッチ交換 つづき


220711 (24)
クラッチディスクを外したフライホイール側は、ディスクが摩耗したダストがフライホイールの耳に沢山こびり付いています。

220711 (27)
今回は、クランクリヤのオイルシールも交換しておく事に。
フライホイールを外してオイルシールを確認すると、黒い表皮なので新車時の物。
オイルで少し湿り気味?良いタイミングだったかな?

220711 (28)
バックプレートも含めてエンジンブロック後端はエンジンオイルで湿ってクラッチダストがこびりついて汚れています。

220712 (1)
オイルシールを外す前に、ブロック後端をパーツクリーナーで綺麗に清掃。

220712 (4)
オイルシールを交換して、洗浄したバックプレートを戻してフライホイールを戻します。

220711 (25)
取り外す前のフライホイール。

220712 (5)
外す前はダストまみれのフライホイールも綺麗に清掃して、パイロットベアリングも交換。
エンジンに戻し完了。

220712 (6)
新品ディスクをセットして、新品カバーを取り付けます。

220712 (7)
クラッチも取付完了。ミッションを戻します。

220712 (10)
ミッションを車体に戻す前に、シフトロッドのカラーをセット。
ボルトも磨いておきました。

220712 (8)
プロペラシャフトが入り込むエンドのオイルシールも交換しておきました。

220712 (11)
カウンター側のキャップも怪しげなので交換です。
キャップのシールが劣化して、ここからオイル滲みを起こした車両が何台か出た事が。
30年近くとなるとしょうがないかな。

220712 (13)
キャップ交換完了。画像撮り忘れたけれど、バックスイッチ部のОリングも交換してっと。

220712 (15)
レリーズフォークの摺動部をグリスアップして、新しいレリーズベアリングをセット。
ミッションを車体に戻してクラッチ交換完了です。

エンジンブロック後端やクラッチハウジングを綺麗に清掃してあるので、今回はそのままにしてあるエンジンオイルの滲みを早く修正してあげたいかな。
オイル滲みをそのままにしておくと、またベトベトに汚れちゃうので・・。

次は、足回りの交換です。






 

カプチーノのクラッチ交換

初めてご来店のお客様。
シフトレバーがシフトした後もニュートラル時の様にグラグラ動いてしまっているのを、このブログで以前紹介した記事を見て頂いて、同じ症状という事で修理依頼です。
その他、クラッチ交換や足回りの交換、そしてマフラー交換など合わせて作業依頼となりました。

早速、クラッチ交換から。

220711 (6)

220711 (7)
初めてご来店で作業する車両。
リフトアップしてミッション降ろし作業開始前に、サッと各部の状態確認。
何だかオイルパンの底全体がオイルで湿っています。
ミッションケースの先端下に、オイルの滴が・・。
どこからエンジンオイルが滲み出しているのかな?
まずはミッション降ろし作業を進めます。

220711 (8)
ミッションオイルを抜いてドレンボルトを確認。
磁石に金属粉が結構付いているな~。


220711 (10)
シフトレバーのロッドのジョイント部に入るカラーが無くなってしまっています。
ここが原因で、シフトレバーがグラグラに遊びが大きくなってしまっています。
本来は付いているはずのカラーがまったく無くなってしまっているので、いつからなのかな?

220711 (12)
ジョイント部のボルトを取り外して確認。
カラーが完全に無くなってしまっていると、ボルトがロッドのカラー部の金属同士で接触して、しかもガタガタに遊んだ状態での接触となるので、変に摩耗したりしてしまう事も。
このボルトは、取りあえず大丈夫そうかな?錆を綺麗に落として再使用という事で。

220711 (14)
ミッションケースフロント下部のプレートを外すとオイルが・・。
エンジンオイルがどこからか結構滲み出ているな~。

220711 (15)
ミッション降ろして各部確認。
クラッチハウジングの下部にオイルが湿って、ダストが混ざってグチュグチュ状態に。

220711 (17)
カラーが無くなってガタガタな遊びになっていたロッドエンド内部を確認。
変な摩耗も無いのでOKかな。

220711 (18)
クラッチはダイヤフラムが小さな新車時からの物。
走行が約63000キロなので普通で納得かな。

220711 (22)
クラッチディスクを取り外して確認。
溝が大分消えかかっている状態で、もう使用限度は終わっています。
距離からすると早いかな?
クラッチハウジング内が大分オイルで湿っているので、油分が付いて微妙に滑って摩耗を早めたかな?

220711 (20)
ミッションが無くなったスペースで、下からエンジンオイルの漏れ出し箇所を確認。
エキマニを固定するスタッドボルトがオイルで湿っているのを確認。
ここが原因かな?
カムホルダーとヘッドの合わせ部も指でこすると油が付くな~。

220711 (19)
ヒーターホースの下側にオイルが乾いてこびり付いた様な跡が・・。
デスビ部からもオイルが滲んでいる?

220711 (21)
EGRバルブの下部もオイルで湿って汚れているな~。
ダイヤフラムが切れちゃっているかな?
とりあえず、今回は状態を後でお伝えするという事で、保留という事で。

つづきます。





ダイハツ キャストをノックスドールで防錆処理 つづき


220703 (18)
フロア下のボディパネルやメンバーにノックスドールを噴霧

220703 (20)
フロントフェンダー内部やリヤタイヤハウス内部のパネルにノックドールを噴霧
スペアタイヤ下のボディパネルやバックエンドのパネル等、全てにノックドールを噴霧して行きます。

220703 (21)
ドアパネル内部にノックドールを噴霧

220703 (23)
サイドシルパネル内部にノックドールを噴霧
Aピラー、Bピラー内部にもノックドールを噴霧します。

220703 (26)
リヤフェンダー内部にもノックドールを噴霧

220703 (27)

220703 (28)
フロント部のパネル類。少し赤くなり始めていた部分には、たっぷりノックドールを噴霧しておきました。

外した部品を戻して完了です。
これでしばらくは、錆びの進行に不安なく、安心かな?

ギャラリー
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき
  • カプチーノのクラッチ交換 つづき