【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

2013年07月

天馬

大顕彰馬にトウショウボーイを推しましたが、テンポイントアンチってわけじゃないですよ。
実績に加え大衆性でもオグリ・ハイセイコーに次ぎますからね。
まあルックスでグリーングラスの息子に負けたのは悔しいですが…
ただトウショウボーイが神戸新聞杯という主要GⅡのレコードを21世紀まで保持していたのはマルゼンスキー以上に評価されて良いと思うんです。
もしディープインパクトが更新しなければ阪神2400に変更されたので、不滅の記録となっていた所です。
マルゼンスキーがダービーに出られなかったのは可哀想ですが、有馬は自己責任…もし普通にダービー勝って引退なら顕彰入りは無かったわけで…
それなら
ヒサトモ(長距離天皇賞&ダービー勝ちの唯一の牝馬)
スターロッチ(牝系が活躍、曾孫サクラスターオーの乳母)
ヒカルイマイ(サラ系最強)
あたりも入れて欲しいな~と思ったり。
というわけでマルゼンアンチでした~

大顕彰馬

最近は顕彰馬入りのハードル上がってるように思います。
エルコンドルパサーについてはよく言われますが、エアグルーヴもサンデー(活躍馬が牡馬寄り)全盛期にチャンピオンになった事はウオッカやブエナ以上に評価出来るし、繁殖としてもGI馬を2頭出す等話題を提供し続けました。
しかし現行のルール上、このままでは顕彰入りできずに埋もれてしまいそうですね。
他に思いつくだけでも、
タマモクロス(オグリに勝ち越し、王道完全連対)
ステイゴールド(テンポイント並の人気、トウショウボーイ級の種牡馬成績)
アグネスデジタル(何気にJRAだけでGI4勝、全盛期は大敗無しレコードも)
カネヒキリ(JRAダートGI全条件制覇、屈腱炎ips移植の先駆け)
ブエナビスタ(牝馬にして完全な古馬チャンピオンとして君臨、GI連対数歴代1位獲得賞金2位)
あたりは並みの顕彰馬以上の評価もできるんじゃないかと思っています。
続きを読む

冷蔵庫

たまに人が冷蔵庫を開けると冷たい風が出るからか、ウチのゾウガメが気に入って冷蔵庫前に待機してる…w


















でもお前がそこにいると冷蔵庫開かないんだわ~(怒

パレオンについて

古生物カードゲーム『パレオン』についてです。
新発想のシステムというだけに、やや未成熟な点があって不満に思ったのは…

①先行有利
②引き分け時のジャンケン
③レア度が撮影難度に繋がらない

といったところですが、これらはちょっとしたオリジナルルールを加える事で解消できそうです。

①については、「現代以外の好きな時代に最初から飛んでゲームスタート」、「他プレイヤーが学会提出したターンのみ、手札が三枚未満でも挑戦できる」とすると、先手がノーリスクでカード獲得→お一人学会を阻止しやすくなります。

②は「同点なら後から提出した方が勝つ」ルールでも、先に提出する方にはあえて☆1を出して相手の☆5を消費させる戦術もあるので良いと思います。

③は少し苦労しましたが、『ビッグファイブタイム』というルールを考案しました。
サーチで☆5を見つけても、移動前に「ビッグファイブタイム」と宣言し手札を一枚捨てないとピクチャーできないというものです。
ビッグファイブタイム中は他のプレイヤーも☆5をピクチャーでき、誰かが☆5をピクチャー成功するまで続きます。
もちろん☆5を見つけてないのにビッグファイブタイム宣言するブラフも可能ですよ。
続きを読む

ディープ産駒

ナスキロ…と言うかプリンスキロをクロスするのはかなり当たり外れの大きい配合なんじゃないかと思います。
プリンスキロの長い脚は最高速度を上げるためですが、自転車の重いギアと同じで長い脚を速く回転するにはある程度のパワーが必要です。
問題は車輪の重さが変わらない自転車と違って、パワーを出すために筋肉を太くすると脚自体が重くなってしまう事なんですよね。
(脚の重さ)=(長さ)×(太さ)ですから、脚が長い程に太さがデメリットになります。
そのためにナスルーラ(と言うかザテトラーク)の速筋で持続力を犠牲にしてでも細い筋肉のままパワーを上げる必要があったのだと思います。
その経緯でナスキロ配合を突き詰めた馬は脚が長くなると共に細くなって行くので、配合を間違えて遅筋を受け継いでしまうと大変な駄馬になります。
おそらくこれがディープ産駒に米血を入れるのが有効な理由で、脚が太くなっても短くなっても適性の差で済みますが、遅筋だけは避けておきたいということでしょう。
結果的に有力なディープ産駒はディープ自身より筋肉が太めにつきますが、速筋とは言えあそこまでディープが筋肉を細くできたのは大跳びの影響も大きいと考えられます。

ディープは心拍数が少ないといわれおそらく心臓が大きいのでしょうが、どれだけ循環効率が良くても肺の中にある以上の酸素は運べません。
ディープの胴体をポンプのように伸縮させる大跳びは肺の換気効率を高める…つまり大きな心臓と大跳びはセットになっているのです。


記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ